理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

着付け師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今着付け師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい着付け師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

着付け師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの着付け師適性診断結果

あなたの適性度は60%で、着付け師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。着付け師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

着付け師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.和装が好きで知識がある
2.作業が細かくて丁寧
3.コミュニケーション能力が高い
4.人に対して親切で優しい
5.体力がある
6.臨機応変に対応できる
7.指先が器用
8.美的センスがある
9.意志が強くて頑張り屋
10.細かい気遣いができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
着付け師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 和装が好きで知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

着付け師の基本は、やはり和装の着物が好きであることです。自分自身も着物を着ることを日常的に楽しんでいることが大切です。そして和装の魅力を人にも伝えたいという気持ちが、指導熱意につながります。着物に関する常識や知識も持っていなければなりません。着せてもらった人が満足できるためには、着付け師自身が着物を愛してやまないことが何より重要です。

『 作業が細かくて丁寧 』

だいぶ兼ね備えている

着付け師は着物を人に着せていく仕事であり、ひとつひとつ丁寧な作業が求められます。疲れてきたからといって手を抜いて着せてしまうと、時間が経つと帯が動くなどの着崩れが起きてしまいます。完璧な着付けをお客様は望んでおり、そのためにはじっくりと丁寧にしなければいけません。また着物はデリケートな衣装なので、着せるときに引っかけるなどのトラブルがあっても大変です。とにかく作業が丁寧であることが、着付け師には必要です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

着物を着せてもらうお客さんは、着付け師ととても近い位置にいますし体を触られるので緊張しています。そんなときに少しでもお客さんにリラックスしてもらうためには、適度な会話が必要です。またいろいろな性格のお客さんがいるので、誰とでも上手にやり取りすることも大事です。コミュニケーション能力が高いことは、着付け師の適性になります。

『 人に対して親切で優しい 』

そこそこ兼ね備えている

着付けは冠婚葬祭や卒業式などの記念日に行うことが多いです。お客さんにとって大切な日であり、そのための衣装です。着付け師はそんなお客さんに対して、できる限りのおもてなしをする気持ちで親切に接することが大事です。またその人に似合うようにアレンジを考えるなど、お客さんに寄り添って仕事をします。人に対して優しくて親切な人が着付け師には向いています。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

着物を人に着せるというのは、意外と体力仕事です。着物の生地は大きくて重いですし、それを広げてお客さんに自分ひとりの力で着せていきます。帯をギュッと締めるのも力が要ります。膝を付いて行う作業も多く、この姿勢も疲れます。立っている時間も少なくありません。お正月などはたくさんの人の着付けを次々にしなければならないですし、朝も早いです。体力があることは着付け師として働く上で必須です。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

兼ね備えていない

着物を着せるお客さんはスタイルも性格もさまざまです。痩せ型の人の場合など、思うように着付けが進まないこともあります。何かしら工夫しなければ着崩れが起きてしまったり胸元に隙間ができたりします。どんなケースでも、臨機応変に対応する力が必要です。また中には着付けに時間がかかることなどにクレームを言うお客さんもいるかもしれません。いろいろな人がいる中で、その人に合った接し方をすることがうまくいくコツです。場面にあった対応をする力が求められる仕事です。

『 指先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

着付けを美しくするためには、指先の感覚がものを言います。指先をとても使う仕事であり、細かい作業も多いです。帯や着物の生地を扱うにあたっても、指先を繊細に動かさなければなりません。おおざっぱで雑な扱いをするわけにはいかないのです。あらゆるシーンにおいて、手先指先の器用さが求められます。

『 美的センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんの中には、帯や着物をいくつか持って来て素敵なコーディネートをして欲しいと言う人も見られます。また帯の結び方などもいろいろとあり、その人の雰囲気やシーン、着物の柄などによってベストな結びがあります。そうした際にお客さんが満足するような着付けをするためには、美的センスが必須です。普段からセンスのある人であれば、着付け師としても人気が出て成功することでしょう。

『 意志が強くて頑張り屋 』

十分に兼ね備えている

着付け師になるためには、専門学校や着付け教室に通って学ぶと共に長い修業期間が要ります。たくさんの人の着付けをこなさなければ、そう簡単には一人前にはなれません。人に着せるということは思いのほか難しいです。また安定した収入を得るためには、実績や技術がなければお客さんが付かないのです。それゆえに、着付け師になりたいのであれば意志の強さが求められます。挫折しても諦めずに頑張る強さがある人が、着付け師として長くやっていけます。

『 細かい気遣いができる 』

十分に兼ね備えている

着付けをしている間、お客さんは多かれ少なかれ疲れるものです。けれども「疲れた」とは言えない人も多いです。そんなときに気配りをするのが着付け師の役目でもあります。また帯をきつく締めすぎて苦しくないかなども、お客さんの表情から読み取らなければなりません。七五三では子供の着付けを担当することもあります。相手が子供なら尚更、いろいろと気遣いが必要になってくるでしょう。いろいろと細やかな気配りができる人は着付け師に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの着付け師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
着付け師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 着付け師に向いているか向いていないか
  • 着付け師の職業適性度
  • 着付け師に必要な10の資質
  • 解説で着付け師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

着付け師とは?

着付け師とは振袖などの和装の着付けを専門としている職業です。

初詣や七五三、成人式や結婚式などのさまざまなシーンで着物を着たいと思う人がいます。

着付け師は着物を着たい人の依頼を受けて、速やかに美しく着付けをすることを仕事にしています。

着付け師は着付けだけを担当することもありますが、着物教室では着付けの仕方を教えるスタッフとしても活躍しているのが一般的です。

また、特別なシーンで和服を借りて着たいと思っている人の相談を受けて、着物の提案や手配をするのも仕事です。

男性の羽織袴についてもプロとして取り扱う人が多くなっています。

着付け師になるには?

着付け師として働くには資格を取る必要はないですが、一般的にはスキルアップをしたり、自分の実力を証明できるようにしたりする目的で資格の取得が目指されています。

着付け技能検定は厚生労働省による認可の国家資格で難関資格とも言われています。

他にも民間団体やスクールが認定している資格がたくさんあり、資格を取ってから働いている人も少なくありません。

他人の着付けをするには技術も配慮も必要なので、一般的には着付けの専門スクールで学んでから着付け師になるという道が選ばれています。

そして、働きながら国家資格の取得を目指すのが通常の流れです。

着付け師の給料・年収

着付け師の平均年収はさまざまな求人サイトや資格情報サイトによる調査データに基づくと、およそ250万円~300万円になっています。

着付け師として着付けをすることだけに特化して働いている人は数が少なく、フルタイムで働いていない場合も多いのが年収があまり高くない原因です。

着付け教室を営んだり、着物の仕立て方を学んだりして、関連する仕事をしている人も大勢います。

また、着付け師はフリーランスで働くことも可能で、他の仕事をしながら年始の忙しい時期に着付けの仕事を請け負っている人もいます。

働き方にはいろいろあるので、ワークライフバランスと収入を考えて選ぶと良いでしょう。

着付け師の就職・転職先(求人)

着付け師の就職先・転職先として多いのは着付け教室やフォトスタジオ、美容院やレンタル着物店です。

また、結婚式場などのブライダル業界でも着付け師を雇用しています。

着物の販売店でも着付け師が常駐して販売活動のサポートをしていることがよくあります。

成人式会場などとして用いられるイベントスペースも着付け師が就職・転職できるところです。

和服を着たいと思う人がいる場所なら着付け師は活躍できるチャンスがあります。

和装は日本の文化で、慶事では着物を着る機会があります。

着付け師はいつまでもニーズが絶えない仕事です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0