理想の就活/転職のための
自己分析サイト

きものアドバイザーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今きものアドバイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいきものアドバイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのきものアドバイザー適性診断結果

あなたの適性度は68%で、きものアドバイザーの仕事に向いているようです。きものアドバイザーの仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

きものアドバイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.着付けの知識がある
2.スキルアップに積極的
3.色彩に関する知識がある
4.人と接することが好き
5.礼儀正しい振る舞いができる
6.わかりやすく丁寧に教える事が得意
7.コミュニケーション能力がある
8.忍耐力がある
9.様々な勤務時間に柔軟に対応できる
10.とにかく着物が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 着付けの知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

きものアドバイザーとして働くためには、着付けができなければなりません。「着物を持っていないし、着付けなんてできない…」という人は、未経験者にも着付け等の研修を行って人材育成をしてくれるような着物販売店などに就職するのが良いでしょう。「絶対に着付けができるようになる!」という気概のある人であれば、きものアドバイザーの素養があると言えます。

『 スキルアップに積極的 』

だいぶ兼ね備えている

きものアドバイザーになるには着物に関する知識が必要です。きものアドバイザーになるために必ず必要な資格というものはありませんが、「きものコンサルタント」や、「着付け技能検定」、「きもの文化検定」などの資格取得をすれば、仕事に活かすことができます。きものアドバイザーを目指すのであれば、着物に関する知識を積極的に学び、身につけていくことが大切です。

『 色彩に関する知識がある 』

十分に兼ね備えている

お客様に着物を選ぶ際、色彩に関する知識があれば、お客様の肌の色に似合う着物選びができるなど業務上役に立ちます。そのため色彩に関する知識が豊富な人は、きものアドバイザーの素養があると言えます。色彩に関する知識は、「色彩技能パーソナルカラー検定」や「ファッションコーディネート色彩能力検定(AFT色彩検定)」、「カラーコーディネーター検定試験」、「色彩士検定」等の資格の勉強をすることで、身につけることが可能です。もちろん独学で知識を身につけるのも良いですが、資格を取得しておけば就職や転職の際に履歴書に記載することができますから、「色彩に関する知識を活かしてきものアドバイザーとして働きたい」という自己アピールにも繋がります。

『 人と接することが好き 』

あまり兼ね備えていない

きものアドバイザーは、着物販売店や結婚式場でお客様が着物を選ぶ際のアドバイスをします。接客業ですから、「人と接することが苦手…」という人には不向きです。きものアドバイザーはどのようなお客さまにも笑顔で接することが大切です。

『 礼儀正しい振る舞いができる 』

そこそこ兼ね備えている

きものアドバイザーは日ごろから着物を着用して仕事をするケースもあります。着物を着用しているときには、ふだん以上に礼儀正しいふるまいを心がけたほうが良いでしょう。着物を着ている人がだらしない姿勢をしていたり、髪の毛などが乱れていると悪目立ちしてしまいます。日本の大切な伝統文化を後世に残していく大切な仕事をしているんだという気持ちで、着物を着る人としてふさわしい楚々とした礼儀正しいふるまいができる人であれば、きものアドバイザーに向いています。

スポンサーリンク

『 わかりやすく丁寧に教える事が得意 』

十分に兼ね備えている

着付け教室等で着付けを教える仕事をすることもあるため、人にわかりやすい説明ができる人であれば、きものアドバイザーの素養があると言えます。現代の日常生活では着物に触れる機会が限られるため、着付けを難しいと感じるお客様もいるでしょう。なかには「目の前で実演してもなかなか覚えてもらえない」、「何度か繰り返してもすぐに忘れてしまう」といったお客様もいるかもしれませんが、どのようなお客様であっても根気よく丁寧に教えることが大切です。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

お客様に似合う着物選びをするために、コミュニケーション能力は欠かせません。会話の中でお客様の好みなどをくみ取り、それぞれのお客様に最適な着物を提案することができる人であれば、きものアドバイザーに向いています。きものアドバイザーは着物だけでなく、履物や小物をコーディネートしたり、髪型の相談にのることもあります。きものアドバイザーは、着物を美しく着こなすためのトータルコーディネートをサポートするわけですから、たくさんコミュニケーションをとってお客様としっかり向き合うことができる人に向いていると言えます。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

卒業式や成人式、結婚式など着物を着る機会というのは人生の節目となる大切な日である場合が多いです。そのような晴れの日に着る着物を選ぶお客様は、迷いに迷って長時間決められないということもあります。コロコロと意見が変わったり、なかなか決められなくても、納得いく一着を選べるまで真摯に付き合うことができる忍耐力が、きものアドバイザーには必要です。

『 様々な勤務時間に柔軟に対応できる 』

十分に兼ね備えている

きものアドバイザーは、日中にお店で接客を行うだけでなく、朝早くから着付けを行うこともあります。また、会社帰りの人向けのカルチャーセンター等の仕事は夕方から夜間の時間帯にかけての勤務時間帯となることもあります。様々な勤務時間帯でも柔軟に働ける人であれば、多くの仕事をこなして活躍の場を広げることが期待できるでしょう。

『 とにかく着物が好き 』

十分に兼ね備えている

きものアドバイザーは、着物が好きな人に向いています。きものアドバイザーは、カルチャーセンターなどで着付けを教えたり、着物の選び方の講義をすることもあります。着物への愛情がある人であれば、「着物の魅力をより多くの人に伝えたい」という気持ちでより良い仕事をすることができるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのきものアドバイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る