理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

中学校教師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今中学校教師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい中学校教師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

中学校教師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの中学校教師適性診断結果

あなたの適性度は48%で、中学校教師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。中学校教師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

中学校教師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人に教えるのが好き
2.ストレスの発散が上手い
3.人の成長にやりがいを感じる
4.協調性がある
5.適切に人を叱ることができる
6.デスクワークが得意
7.子供が好き
8.コミュニケーションが得意
9.体力がある
10.責任感がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
中学校教師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人に教えるのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

中学校教師に向いている人の特徴というと、人に教えるのが好きなことが挙げられます。中学校教師は生徒たちに、勉強で分からなかった点が理解できる喜び、もっと学びたいという意欲を味わせなければいけません。そのためには、生徒が分かりやすいような指導方法を身に付ける努力をしなければいけません。教えるのが好きであれば常に努力できるので、中学校教師の仕事は適任だと言えます。

『 ストレスの発散が上手い 』

そこそこ兼ね備えている

上手くストレスを発散できることも中学校教師に必要なスキルと言えるでしょう。中学校教師として働いていると生徒を適切に指導できなかったり、生徒やその保護者、同僚の先生との人間関係に悩んだりすることが多いです。特に情熱を持って中学校教師になった人ほど、理想と現実との違いにショックを受けるものです。したがって、中学校教師として息切れせずに働くためにはストレスを上手く発散するスキルが必須です。

『 人の成長にやりがいを感じる 』

十分に兼ね備えている

生徒の成長を見ることにやりがいを感じる人も中学校教師に向いています。思春期真っ盛りの中学生の時期は、授業、部活動などの周囲の人間との関わりによって日々成長していくものです。例えば、人前に出るのが苦手だった子が積極的にチャレンジするようになったり、勉強が苦手な子がテストで順位を上げたりなどです。とりわけ自分が受け持っているクラスの生徒が成長していく姿を見られるのは、中学校教師の醍醐味と言えるでしょう。大きな喜びを得られるので、成長する姿にやりがいを見出せる人に中学校教師は向いています。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

中学校教師として働くためには協調性も求められます。中学校教師は、生徒の保護者、地域の人、他の教員など様々な人間関係の中で働くことになります。したがって、マイペースで仕事を進めてしまうと周囲に迷惑をかけたり、上手くいかなかったりする可能性が高いです。複雑な人間関係の中で上手くやっていかないといけないので、協調性は大切なスキルです。

『 適切に人を叱ることができる 』

あまり兼ね備えていない

生徒を適切に叱るスキルも中学校教師として働くためには大切です。中学生はまだ子供なので、間違ったことをしてしまうケースは少なくありません。その際、適切に叱ってあげることで生徒をより良い方向に導くことができます。生徒が何か悪いことをした際に、感情のままに思いをぶつけたり、手を上げたりすると信用を失いかねません。適切に叱れば、生徒と強い信頼関係を結ぶことができます。

スポンサーリンク

『 デスクワークが得意 』

兼ね備えていない

中学校教師に向いている人の特徴というと、パソコン作業などのデスクワークが得意な点も挙げられます。中学校教師というと授業を行うのが一般的なイメージですが、デスクワークも数多くこなさなければいけません。例えば、テストやプリントの作成、保護者向けや職員会議で使う資料作りなどです。デスクワークが得意でないと、忙しい中で効率的に業務を進められません。したがって、中学校教師として働くためにはデスクワークのスキルも不可欠です。

『 子供が好き 』

あまり兼ね備えていない

子供が好きなことも中学校教師に向いている人の特徴です。中学校教師は毎日のように生徒と接するため、子供が好きでないとやってられません。また、中学生の時期は多感な年ごろなので、人間関係や学校生活、将来に関する相談を受ける機会も少なくありません。子供が好きならば親身に対応できるので、中学校教師として上手くやっていけると言えます。

『 コミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーション能力も中学校教師として働くためには必要です。中学校教師として働いていると、生徒はもちろん保護者との面談、同僚の教員同士の連絡などコミュニケーションを取る機会は多々あります。相手に自分の意見をきちんと伝える能力がないと、仕事に支障を来してしまいます。したがって、コミュニケーションが得意でないと中学校教師としてやっていくのは大変です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

中学校教師は、体力があることも求められます。とりわけ体育祭や文化祭などの行事が重なる時期は、一日中仕事をしなければいけません。とりわけ部活動を受け持っている場合、体力がなければ乗り切れません。体力がなくて中学校教師が休みを多く取ってしまうと、生徒からの信頼もなくなってしまいます。そのため、中学校教師を目指すならば体力を身につける努力が大切です。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

責任感がある人も中学校教師に向いていると言えるでしょう。そもそも中学校は保護者から大切な子供を預かる場所なので、中学校教師は常に生徒の安全を考える必要があります。また、中学生は多感な年ごろなので、指導が上手くいかなければ間違った方向へ行く可能性も否定できません。したがって、責任感を持って仕事ができる人に中学校教師は向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの中学校教師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
中学校教師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 中学校教師に向いているか向いていないか
  • 中学校教師の職業適性度
  • 中学校教師に必要な10の資質
  • 解説で中学校教師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

中学校教師とは?

中学校教師とは公立や私立の中学校で生徒の教育を担っている職種です。

中学校教師は教科別に専門を持っていて、国語や数学、英語や保健体育などの教科指導をおこなっています。

また、クラス担任として生徒に団体行動の教育をしたり、生徒間のコミュニケーションを促進したりする役割も果たしています。

中学校教師は林間学校や修学旅行などの課外活動の企画や運営や、部活動の顧問も担当します。

生徒の保護者に面談をして学習や生活などの状況を報告したり、生徒本人または保護者から進路相談を受けたりするのも中学校教師の重要な役割です。

中学校教師になるには?

中学校教師になるには中学校教諭の免許状を取得する必要があります。

大学や短大などの教職課程を修了すれば中学校教師の免許状を手に入れることが可能です。

教職科目には教育実習も含まれているため、教育学や教科ごとの専門学問だけでなく実践的な教育スキルも磨かなければ中学校教師にはなれません。

現場経験をしてから中学校教師になれるので、就職してからスムーズに仕事に取り掛かれるのは魅力的なポイントでしょう。

また、中学校教師として就職するには教員採用試験を受けて合格しなければなりません。

公立を希望する場合には勤務したい地域の試験を受けることが必要です。

中学校教師の給料・年収

中学校教師の平均年収は総務省や厚生労働省が発表している統計データを見ると、およそ550万円~650万円になっています。

中学校には国立、公立、私立がありますが、どの中学校で働いている場合でもほとんど同じ平均年収です。

ただ、国立中学校では国家公務員、公立中学校では地方公務員、私立では公務員ではないという違いがあります。

国立や公立の場合には公務員の給与規程に従い、俸給表から給与が計算される仕組みになっています。

私立の場合には学校ごとに給与規程を作っているので、就職するときには給与規程を確認しておくと良いでしょう。

中学校教師の就職・転職先(求人)

中学校教師として働くことができるのは全国各地にある中等教育を担っている学校です。

大きく分けると国立中学校、公立中学校、私立中学校に分類できますが、他にも聾学校や盲学校などの障がい者教育をしている中学校もあります。

公立中学校では教員採用試験を受けた地域の中で、数年に一度は異動になるのが一般的です。

さまざまな職場で働いてみたいと思っている人にとっては公立がうってつけでしょう。

国立中学校や私立中学校では異動がない場合がほとんどです。

同じ場所で腰を据えて働き、必要に応じて転職を考えたい人には国立か私立が適しています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0