理想の就活/転職のための
自己分析サイト

柔道整復師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今柔道整復師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい柔道整復師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

柔道整復師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの柔道整復師適性診断結果

あなたの適性度は25%で、今の時点では柔道整復師の仕事に向いているとは言えないようです。柔道整復師を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

柔道整復師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.健康や身体のことに関心がある
2.他人をサポートしたい気持ちが強い
3.コミュニケーション能力に長けている
4.手先が器用
5.体力がある
6.説明能力に長けている
7.臨機応変な対応ができる
8.穏やかで人が良い
9.スケジュール管理が得意
10.勉強熱心で探求心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 健康や身体のことに関心がある 』

兼ね備えていない

柔道整復師は筋肉や関節など痛めている部分を改善するために施術を行う仕事です。それゆえに、人間の体や健康について知識や興味がなければ務まりません。自分自身が健康に留意し、体と向き合う姿勢があることが基本です。体の構造や筋肉の仕組みなどにも詳しく、そうした知識を学ぼうとする人が向いています。

『 他人をサポートしたい気持ちが強い 』

兼ね備えていない

柔道整復師はサービス業の一種でもあります。体のことで悩んでいる人に対して、回復するための方法を考えて提案していきます。他人のために何とか力になりたいという気持ちがなければできない仕事です。世話好きでサポートするのが好きなタイプであれば、信頼される柔道整復師として成功するでしょう。

『 コミュニケーション能力に長けている 』

あまり兼ね備えていない

柔道整復師はマンツーマンで患者と向き合い、直接体に触れてマッサージなどを行います。そのときに黙っていては患者さんも緊張してしまいます。相手の性格も読みながら、適度に話したり笑いを取ったりすると患者さんもリラックスできるでしょう。子供からシニアまで幅広い年齢層の患者さんに接する仕事でもあり、コミュニケーション能力が必要とされます。

『 手先が器用 』

兼ね備えていない

指圧することが多い仕事なので、手先が器用であることも重要な要素です。患部や症状に合わせて、指の力の入れ具合やツボの押し方などを変えていきます。触診やテーピングといった治療を行うこともあり、手先指先をよく使います。握力があるだけでなく指先が器用であれば、いろいろなシーンがスムーズにいくでしょう。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

柔道整復師は患者さんの体をしっかりと指圧していきます。ずっと立ちっぱなしですし、力も遣います。また自分自身が不健康では説得力がありません。元気な姿で施術をするからこそ、患者さんも信用して身を任すのです。院内の仕事を1人ですべて行っている人も多く、テキパキと用事を済ませていかなくてはなりません。夜遅くまで働く日もあるでしょう。柔道整復師を目指すのであれば、体力に自信があることが大切になってきます。元気で体も丈夫であることは適性と言えます。

スポンサーリンク

『 説明能力に長けている 』

兼ね備えていない

柔道整復師はマッサージをしながら、痛みの原因や予防対策、回復するための治療方針などを説明しなければなりません。患者さんは不安を抱いており、分かりやすい説明を求めています。きちんと話さずにどんどん治療を進めていっても、患者さんは余計に心配になるはずです。理論的に説明できる能力が求められる職業です。ときには図を描いたり模型を使ったりしてプレゼンできる人は、患者さんから頼りにされるでしょう。

『 臨機応変な対応ができる 』

兼ね備えていない

柔道整復師の元へ訪れる患者さんは実にいろんな人がいます。症状や性格、年齢もさまざまでありその人に合わせた治療をしなければなりません。どんな施術がベストなのかをその都度考える必要があります。また患者さんによっては、痛みのためにメンタルが不安定になっていることもあるでしょう。急に怒りだすような人もいるかもしれません。何か起こったときも常に冷静に対処することが大切です。臨機応変な対応力のある人が向いていると言えます。

『 穏やかで人が良い 』

兼ね備えていない

患者は治療中、体に触れられることになります。それゆえに、どこか安心感を感じることができる柔道整復師でなければ、患者は緊張します。あまりにも威厳のある人などは、女性の場合は怖いかもしれません。患者さんが安心して身を預けるためには、穏やかで笑顔の優しい感じの人が向いているでしょう。人が良い人間性であれば、初めて来院したときもリラックスして治療を受けることができます。

『 スケジュール管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

柔道整復師の多くは、店を1人で切り盛りしている人が多いです。マンツーマンで施術をするので、患者さん1人にかける時間が長くなります。だからと言って予約人数を少なくしてしまうと、収入が減ります。上手に時間を組んでスケジュール管理していくことが成功のポイントです。スケジュール管理ができて時間の使い方が上手な人は、柔道整復師に適しています。

『 勉強熱心で探求心がある 』

だいぶ兼ね備えている

今よりももっと人体や健康に関する知識を増やしていこうとする姿勢は、柔道整復師にとって不可欠です。勿論、技術面においてもよりいっそう探求してより良い治療をしなくてはなりません。そのためには勉強意欲や探求心が欠かせません。成長していこうとする気持ちがあってこそ、経営も伸びるはずです。また筋肉や関節のトラブルは、時代によっても変わっていきます。そうしたトレンドも見据え、需要の高い施術を考えていく必要もあります。学んで習得しようと日々精進できる性格であることは、柔道整復師の適性です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの柔道整復師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

2位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

この適正診断テストでわかること

  • 柔道整復師に向いているか向いていないか
  • 柔道整復師の職業適性度
  • 柔道整復師に必要な10の資質
  • 解説で柔道整復師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

柔道整復師とは?

柔道整復師は骨や関節といった人体の様々な怪我の治療を行う職業です。

ほねつぎ、接骨師と表現されることもある柔道整復師は、医療分野はもちろん、競技や練習中に怪我をすることも多いスポーツ界でも重宝されます。

投薬や外科手術ではなく、包帯やテーピングなどを使って整復治療を行うのが特徴です。

医師免許を持たなくても単独で骨折、脱臼の治療が許可されている唯一の職業に位置付けられています。

患者から具体的な症状を聞いて状態を見極めた上で、体に負担が掛からない適切な治療を施さなくてはいけません。

冷静な判断と迅速な対応が必要な職業です。

柔道整復師になるには?

職業に就くには、柔道整復師国家試験に合格して資格を取得することが最低条件となります。

ただし、柔道整復師国家試験は希望をすれば誰でも受けられるわけではありません。

厚生労働大臣から認可を受けている専門学校、柔道整復師学科がある文部科学大臣認定の大学などで、既定の課程を修了する必要があります。

課程修了後、柔道と整復2つの実技認定試験に合格して、初めて柔道整復師国家試験を受ける資格を得ることができるのです。

資格を取得した後、学校卒業後に求人に応募をして就職という流れになります。

職業柄直接人と接するため、整復師の技術だけでなく対人スキルも身につけなくてはいけません。

柔道整復師の給料・年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、柔道整復師の平均年収は550万円前後となっています。

技術力やキャリアはもちろんのこと、業界での知名度も収入に影響しやすい職業なので、20代新人の柔道整復師の平均年収は300万円から400万円程です。

実践を通してスキルを身につけた30代、40代の整復師になると、600万円を超えるケースも珍しくありません。

柔道整復師は、会社に雇われる身から独立をして個人開業という選択もしやすい世界です。

個人経営は売り上げがそのまま収入に反映されるので、努力次第で800万円以上の年収を稼ぐこともできます。

柔道整復師の就職・転職先(求人)

柔道整復師が活躍できる業界は数多くあります。

代表的な就職先として、スポーツ業界が挙げられます。

自社でスポーツチームを持っている企業に雇用されるのが一般的です。

経験を積んで業界で知名度を高めれば、世界で活躍しているトップアスリートとトレーナーの専属契約を結べるケースも少なくありません。

スポーツ業界以外では医療、介護の世界でも働くことができます。

柔道整復師の人数はそれほど多くないので、新卒未経験の人でも就職しやすいのが特徴です。

キャリアの長さで待遇が変わりやすい職業なので、実務経験を積んでからの転職の場合、年収も含めて好条件でスタートすることもできます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る