理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ジャーナリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ジャーナリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいジャーナリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ジャーナリストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのジャーナリスト適性診断結果

あなたの適性度は47%で、ジャーナリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ジャーナリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ジャーナリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.特定分野の専門知識がある
2.知的好奇心や探究心がある
3.文章を書くことが好き
4.体力と精神力がある
5.強い正義感がある
6.情熱を持って仕事に取り組める
7.度胸がある
8.映像や音声の編集ができる
9.分析力がある
10.粘り強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 特定分野の専門知識がある 』

十分に兼ね備えている

ジャーナリストは、ニュースなどで取り上げられている話題に対して、自分の考えや主張を伝える事が主な仕事です。そのため、自分が取り扱う話題に関して専門的な知識が必要不可欠となります。もし専門的な知識が無く、間違った情報などを伝えてしまうと大問題に発展してしまう事がある他、多くの人から批判を浴びてしまう危険もあります。ネット上などに流れている情報も全てが真実とは限らず、中には嘘の情報も混ざっているため、ジャーナリストは膨大な情報の中からどれが嘘でどれが本当の情報かを見極められる専門的な知識が必要になります。

『 知的好奇心や探究心がある 』

兼ね備えていない

特定の話題に対して、もっと深く知りたいと思い、自分で色々と調べたりする事が好きな人はジャーナリストに向いています。ジャーナリストは自分の考えや情報を分かりやすく伝える事が重要であるため、より細かく情報を集めなければいけません。探究心や好奇心が強い人は自分が気になった情報を徹底的に調べ、どうしてそうなったのか、ではどうするべきなのか、などを自然に調べられるため、ジャーナリストに向いています。

『 文章を書くことが好き 』

あまり兼ね備えていない

ジャーナリストはメディアなどに出て自分の意見を主張する事だけが仕事ではありません。自身が集めた情報や取材した内容などを文章に置き換え、分かりやすく明確に読者へと伝える事も主な仕事の一つです。時には自分の情報をまとめた本を執筆する他、自身が集めた情報をニュース番組などで伝えるために原稿を作成する事もあります。その際に、文章を書く事が苦手であれば、その作業が苦になってしまい、ストレスの原因にもなります。もし、文章を書く事が好きな人ならば自然に相手に伝わりやすい文章を書けるよう常に向上心を持って取り組めます。

『 体力と精神力がある 』

兼ね備えていない

常に最新の情報を集めておく必要があるため、労働時間などが不規則になってしまうのがジャーナリストの特徴の一つです。いつ、どこで、どんな情報が出てくるのか分からず、夜中に突然新しい情報が入ってくる事もあります。その様な場合であってもすぐに情報を集め、早朝までに情報を分かりやすくまとめ、自分の意見や主張などを発信しなければいけません。そのため、睡眠時間が不規則になりやすいので体力や精神力などが必要になります。

『 強い正義感がある 』

だいぶ兼ね備えている

ジャーナリストは、時には不正や犯罪に対して自分の考えを述べる事があります。その際に反対勢力から誹謗中傷や批判などを受けてしまう事もありますが、その様な時においても自分の考えや主張を通して、正しい情報を発信していく事が重要です。ジャーナリストは信念と強い正義感を持ち、どの様な相手に対しても信念を曲げず正義を貫く必要があります。

スポンサーリンク

『 情熱を持って仕事に取り組める 』

兼ね備えていない

ジャーナリストは基本的に一人で情報を集めます。社会全体に関する情報や政治に関する情報など様々です。自分の意見や主張に賛同してくれる人もいれば、当然反対する人もいます。しかし、ジャーナリストは自分が集めた情報や主張に信念と情熱を持って立ち向かい、多くの人にそれらの情報を伝える事が仕事です。一つの事に情熱をかけ続ける事ができる人はジャーナリストに向いていると言えるでしょう。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

ジャーナリストの活動の中には演説などを依頼される事があります。多くの人を前にして自分の意見や主張を言える度胸が必要です。もし、人前に立ち自分の意見を言う事が苦手な場合、自信の無い声になってしまう事もあります。そうすると、聞いている人達も不安になります。自分の意見に対して自信を持ち、ハッキリと大勢の人の前で発言できる度胸も時には重要です。

『 映像や音声の編集ができる 』

だいぶ兼ね備えている

メディアに出演する際には、視聴者に内容が伝わりやすいよう、取材したデータや音声・映像を編集して、情報が一目で伝わるような工夫をすることがあります。編集能力があれば、より分かりやすく情報を伝える事ができ、様々な場面で自分の主張を発言できる場面が増えるでしょう。

『 分析力がある 』

そこそこ兼ね備えている

一つの情報に関して、徹底的に分析する事が大切です。中途半端な情報を伝えてしまうと世間からの信用を失ってしまう他、説得力に欠ける、根拠が無い、など自分の考えや情報を上手く伝える事ができません。そのため、自分が納得いくまでその情報に対する自分の見解などを分析し、多くの人に納得してもらえるための根拠を求める情報分析力が必要になります。

『 粘り強い 』

そこそこ兼ね備えている

取材を通して情報を集める際、全ての人が取材に応じてくれるとは限りません。しかし、その様な時でも何度も取材相手と交渉を繰り返す必要があります。また、取材相手に横暴な態度を取られる事もありますが、食らいついていかなければなりません。ジャーナリストには、様々な問題に対して自分の正義を信じ、情報を集める粘り強さが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのジャーナリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ジャーナリストに向いているか向いていないか
  • ジャーナリストの職業適性度
  • ジャーナリストに必要な10の資質
  • 解説でジャーナリストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る