理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ジュエリーデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ジュエリーデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいジュエリーデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのジュエリーデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は47%で、ジュエリーデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ジュエリーデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ジュエリーデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と違うことが好き
2.デザインが得意
3.宝石に関する知識が豊富
4.機械全般の操作が苦手でない
5.プレゼンテーション能力が高い
6.CADソフトの使用経験がある
7.職場の人と良い人間関係を作れる
8.コミュニケーション能力がある
9.高いホスピタリティ精神がある
10.最新の流行に敏感
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と違うことが好き 』

だいぶ兼ね備えている

ジュエリーデザイナーになるためには、常にオリジナルのものを生み出そうとする意識を持ち、様々な素材やデザインを用いて試作を繰り返すことが不可欠となります。特に、若手で経験不足のジュエリーデザイナーは、作品が評価されるまで長い時間を要したり、なかなか自分の実力を認めてもらえなかったりすることもありますが、根気よく作業を続けることが重要です。また、多くの人に評価されるアイテムを作り上げるうえで、日ごろからジュエリーを好む人にアンケートを取ったり、お気に入りのデザインについて教えてもらったりするのも有効です。

『 デザインが得意 』

あまり兼ね備えていない

ジュエリーデザイナーとして就職をしたり自分でオフィスを立ち上げたりする際に特別な資格や免許は無いものの、確かなデザインの知識を身につけるには、専門学校や大学でデザインの基礎を学ぶことが大切です。また、デザインに関する知識が全くない人や、センスに自信がない人は、個別指導がしっかりと行われている専門学校や大学に入学をするなど、早めに対策を立てる必要があります。

『 宝石に関する知識が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

ジュエリーデザイナーは、ダイヤモンドやルビー、サファイアといった宝石類を扱うことが多く、デザインの過程でそれぞれの宝石の特徴を正しく理解しておく必要があります。特に、高価な宝石を扱う際は、デザインを失敗してしまうと多額の経済的な損失が発生したり、取引先や顧客からの信用を失ってしまうこともあり、時間を掛けて宝石のサイズやカット、色合いなど大事な点を学ばなくてはなりません。

『 機械全般の操作が苦手でない 』

あまり兼ね備えていない

ジュエリーデザイナーは、試作品を製作する際に自分で工具や機械類を使用することもあり、安全かつ丁寧に作業を進めるうえで、日ごろから色々な工具や機械の操作方法や特性を知ることが重要となります。また、ジュエリーデザイナーの経験が無い人は、正しく工具や機械の操作ができるよう、一定期間プロのデザイナーが運営しているアトリエで修業をしたり、ジュエリー業界のセミナーや勉強会などを利用したりする方法もあります。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ジュエリーデザイナーは、大きな法人に属さず個人で出店をする際に、自分で個々のアイテムの魅力を顧客に対して説明するのが一般的です。そのため、一人でも多くの人にジュエリーの特徴を理解してもらえるよう、プレゼンテーションの技術を身につけたり、同業者からアピールの方法を学んだりするのも有効です。なお、ジュエリーデザイナーが集まるイベントなどに参加をする際は、前もって強く伝えたいポイントについてまとめておくことが大事です。

スポンサーリンク

『 CADソフトの使用経験がある 』

十分に兼ね備えている

ジュエリーデザイナーの中には、立体的なジュエリーを効率よくデザインするために、パソコンのCADソフトを活用する人も珍しくありません。こうしたソフトはデザイナーにとって必須ではないものの、デザインの精度を高めたり、より魅力的な作品を生み出したりするうえで大いに役立ちます。また、CADソフトの種類には様々なものがありますが、時間を掛けてジュエリーのデザインに適したソフトを見極めることも重要です。

『 職場の人と良い人間関係を作れる 』

兼ね備えていない

ジュエリーデザイナーが法人化をしたりアトリエを構えたりする場合には、アシスタントを雇って複数人で協力しながら作業を行うことがあります。そこで、アシスタントに気持ち良く作業に取り組んでもらえるよう、こまめにコミュニケーションを取ったり、時には仕事上のアドバイスをしたりと良い関係を築くことが大切です。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

ジュエリーデザイナーは、個展を開いたりジュエリー業界の大規模イベントに参加をしたりすることもあり、その都度イベントの主催者や関係者と丁寧に対応をすることが求められます。また、イベントによっては作品作りをするうえでプラスになったり、新しい人脈を築けたりすることもあり、積極的にいろいろな場所に出向くことが大事です。

『 高いホスピタリティ精神がある 』

あまり兼ね備えていない

ジュエリーデザイナーが多くの顧客に支持されるには、単にジュエリーを製作して販売するだけでなく、購入後のアフターサポートまで広く対応することが大切です。また、長くお気に入りのジュエリーを使ってもらえるよう、それぞれの顧客の希望に応じてクリーニングや修理などのメンテナンスの方法を教えることも必要です。

『 最新の流行に敏感 』

十分に兼ね備えている

ジュエリーデザイナーが流行に敏感な人にアピールするには、トレンドのカラーや模様、素材など重要なポイントを押さえておく必要があります。ジュエリー業界で日々変化していくニーズを敏感に察知する能力がある人は、ジュエリーデザイナーとして活躍できるでしょう。SNSやセミナーを通じて情報交換をし、最新のトレンドを学んでおきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのジュエリーデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る