理想の就活/転職のための
自己分析サイト

日本語教師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今日本語教師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい日本語教師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

日本語教師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの日本語教師適性診断結果

あなたの適性度は50%で、日本語教師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。日本語教師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

日本語教師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人に教えることが好き
2.日本文化が好き
3.異なる言語や文化に興味がある
4.コミュニケーション能力が高い
5.面倒見がいい
6.根気強い
7.相手の意見を尊重できる
8.聞き上手
9.ポジティブで前向き
10.表現力豊か
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人に教えることが好き 』

十分に兼ね備えている

日本語教師の仕事は、人に日本語を教え、習得をサポートすることです。分かりやすく教えたり、アドバイスしたりすることが好きな方に適性があります。また、人の成長に対して自分のことのように喜びを感じられるような方にも、日本語教師の仕事は向いていると言えるでしょう。常に生徒を第一に考え、少しでも分かりやすく日本語を教えられるよう研究し続けることが大切になります。

『 日本文化が好き 』

兼ね備えていない

日本語教師として働く場合、まずは教師自身が日本語や日本文化について熟知しておくことが必須です。日本語の正しい知識を身につけるとともに、日本の文化や歴史などにも通じていることが求められます。日本語を教える相手によっては特定の分野に関する専門的な知識が必要になる場合もあるため、事前に確認しておくようにしましょう。さらに、日本のアニメや漫画、歌などを通じて、日本語に対して興味を持つ生徒も多いです。生徒とコミュニケーションをとるための話題にもつながるので、日頃から情報収集を怠らないようにしましょう。

『 異なる言語や文化に興味がある 』

十分に兼ね備えている

日本語を学ぶ生徒は、外国人ばかり。様々な国の言語や文化を学ぶことは、日本語教師の仕事にも役立つでしょう。日本語以外の言語を学ぶと、母国語以外の言語を学ぶ大変さや難しさを理解できるようになります。「ここが難しい、理解しにくい」と生徒の立場で考えられるため、授業内容の改善にも効果的です。また、日本語教師だからといって、かたくなに日本語だけを用いる必要はありません。英語など、日本語以外の言語で話すことで生徒とのコミュニケーションが円滑になる可能性もあります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

そもそも日本語は、言語の1つ。言語は、コミュニケーションをとる上で重要なポイントになります。しかし、日本語教師が日本語を教える相手は、日本語をほとんど理解していない外国人であることが多いです。言語が異なる相手との信頼関係を築くためにも、生徒一人一人と向き合い、理解を深めていく必要があります。よって、コミュニケーション能力は日本語教師にとって欠かせない能力だと言えるでしょう。

『 面倒見がいい 』

あまり兼ね備えていない

日本語教師として、日本国内で働くこともあるでしょう。母国から日本に来たばかりで、不安を抱えている生徒もいるかもしれません。新しい環境になじめず困っている時、必要となるのは支えてくれる存在です。日本での生活に対して不安があると、日本語の勉強に集中することは難しくなります。生徒一人一人に目を配り、さりげなく声をかけるなどのフォローが求められるでしょう。「近くに困っている人がいたら、出来る限り助けたい」という方は、日本語教師に適性があると言えます。

スポンサーリンク

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

同じ説明で生徒全員が理解し、納得してくれるとは限りません。生徒が何を疑問に思っているのか、どう説明すれば理解してもらえるのか考える必要があります。地道な作業が苦にならない、困難にもめげずに挑み続けられるような方は、日本語教師に向いていると言えるでしょう。

『 相手の意見を尊重できる 』

そこそこ兼ね備えている

日本と外国では、考え方が異なる場合もあるでしょう。ギャップを感じることがあっても否定するのではなく、まずは「そういった考え方もある」と受け止めてみてください。人によって様々な意見や考え方があると理解することが大切。日本語教師は、必然的に文化や習慣が異なる外国人と接する機会が多くなります。多様な価値観を受け入れられるような柔軟な考えを持つ方は、日本語教師に向いていると言えるでしょう。

『 聞き上手 』

そこそこ兼ね備えている

言語を学ぶ際、最初から現地の住民のようにスムーズに話すことは難しいでしょう。どうしても話すスピードは遅くなるほか、どの単語を用いれば良いのか、試行錯誤しながら話すことになります。よって、日本人同士の会話のようなスピードでは、日本語を学ぶ外国人との会話は成り立ちません。生徒が何を伝えようとしているのか予測しながら、あせることなく正確に聞き取っていくようにしましょう。

『 ポジティブで前向き 』

だいぶ兼ね備えている

日本語教師として働いていく上で、外国人との意思疎通が上手くできないこともあるでしょう。ストレートに「あなたの説明では理解できない」などと言われてしまう可能性も否めません。失敗して傷つくことがあっても、貴重な経験として次へと活かしていけるような前向きさが求められます。

『 表現力豊か 』

あまり兼ね備えていない

日本人であれば当たり前のように使っている表現でも、日本語を学ぶ外国人は疑問を抱くかもしれません。日常生活の中で無意識に使い分けていた日本語を、生徒に対して分かりやすく説明できるような表現力が必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの日本語教師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 日本語教師に向いているか向いていないか
  • 日本語教師の職業適性度
  • 日本語教師に必要な10の資質
  • 解説で日本語教師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る