理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ITコンサルタントに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ITコンサルタントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいITコンサルタントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのITコンサルタント適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ITコンサルタントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ITコンサルタントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ITコンサルタントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の視点で物事を考えられる
2.ITに関する幅広い知識がある
3.ITの最新の動向に興味がある
4.話を聞いて要望を引き出すのが上手い
5.物事を客観的に捉えられる
6.わかりやすい説明が得意
7.物事の長所短所を上手く分析できる
8.プレゼンテーションスキルが高い
9.情報調査能力が高い
10.体力、メンタルがタフ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 相手の視点で物事を考えられる 』

あまり兼ね備えていない

ITコンサルタントはITのユーザー視点で物事を考えてコミュニケーションを取れる人に向いています。ITコンサルタントはコンサルティングを通してクライアントに提案やアドバイスをすることが求められます。ユーザー視点で何が必要とされているのかを理解し、相手の立場でベストなソリューションを提案するのが重要です。相手の視点に立てる人はクライアントから信頼を獲得できます。

『 ITに関する幅広い知識がある 』

あまり兼ね備えていない

ITコンサルタントは広い分野のITの知識がある人に向いています。ネットワーク、サーバー、データベースなどの個々の専門分野に長けているだけでもITコンサルタントになることは可能です。しかし、さまざまな課題に対して的確なソリューションを提案するにはIT全体を見てベストな方法を考える力が必要です。有能なITコンサルタントとして活躍するにはIT全般の知識やスキルが求められます。

『 ITの最新の動向に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

ITコンサルタントは新しいITの動向に興味を持っていて、常に最新情報を手に入れている人に向いています。ITは時々刻々と発展していて、新しい技術が生み出されています。その動向を把握して今後の発展性のあるソリューションの提案をするのがITコンサルタントにとって欠かせないことです。ITが好きで最新の動向に興味がある人にとってITコンサルタントは適しています。

『 話を聞いて要望を引き出すのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

ITコンサルタントはヒアリングスキルがある人に向いています。まずはクライアントが何を求めているかを理解しなければコンサルティングはできないからです。必ずしもクライアントは説明が得意だとは限りません。目的や希望がわからなかったときに、相手の気分を害することなく聞き出せるスキルがある人は活躍できます。聞き上手と言われている人はITコンサルタントに適性があるでしょう。

『 物事を客観的に捉えられる 』

十分に兼ね備えている

ITコンサルタントには物事を客観的に捉える力が求められます。クライアントの要求をそのまま受け入れて対応策を提案しただけではITコンサルタントとして十分ではありません。クライアントの意向を尊重しつつ、客観的に見てより良いソリューションがあるなら提案するのが重要な役割だからです。客観的に考える力があるとITコンサルタントとして重宝されるようになります。

スポンサーリンク

『 わかりやすい説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ITコンサルタントはIT業界で使われている専門用語や各種技術についてかみ砕いて素人にもわかりやすく説明できる人が適しています。ITコンサルタントに相談するクライアントはITにはあまり詳しくないことが多いからです。わかりやすい説明をしてくれるITコンサルタントの方が内容を理解した上で施策を進められるので安心です。相手のレベルに合わせてITの言語をかみ砕ける人は大切にしてもらえます。

『 物事の長所短所を上手く分析できる 』

そこそこ兼ね備えている

ITコンサルタントはITの長所と短所を技術ごとに分けて説明できる力があると活躍できます。クライアントは複数のツールがあったときにどれを選ぶべきかという悩みを持っていることが多いからです。長所と短所を明確にして、クライアントの抱えている課題のソリューションになるのはどれかを選び出せることが必要になります。長所と短所を分けて説明できるとクライアントは選択しやすくなるので重要なスキルです。

『 プレゼンテーションスキルが高い 』

だいぶ兼ね備えている

ITコンサルタントはプレゼンテーションスキルがあることが大切です。ヒアリングをして提案を考えたら、わかりやすくクライアントにプレゼンテーションする必要があります。視覚的にも言語的にもわかりやすくプレゼンテーションが仕上げられているとすぐに提案を受け入れてくれるでしょう。どんなに良い提案でもプレゼンテーションが下手だと断られることも多いので、欠かせないスキルの一つです。

『 情報調査能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ITコンサルタントは情報調査能力がある人に向いています。データに基づいて「この方法が良い」という論理的な説明をしなければクライアントには納得してもらえないからです。良いという主観だけでは十分ではないので、調査をして客観的な証拠を見つける必要があります。さまざまなツールや人脈を使って情報調査をおこなえる人はITコンサルタントとして重宝されています。

『 体力、メンタルがタフ 』

あまり兼ね備えていない

ITコンサルタントは体力も気力もある人に適性があります。基本的にはクライアントファーストで考えて働く必要があるのがITコンサルタントだからです。夜に対応を求められたり、金曜日に相談を受けて月曜日には回答を依頼されたりすることもあります。昼夜を問わず働かなければならないこともありますが、柔軟に対応してこそクライアントから認められるITコンサルタントになれます。体力と気力があるのはITコンサルタントにとって重要なポイントです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのITコンサルタント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る