理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ITアーキテクトに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ITアーキテクトの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいITアーキテクトに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのITアーキテクト適性診断結果

あなたの適性度は28%で、今の時点ではITアーキテクトの仕事に向いているとは言えないようです。ITアーキテクトを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

ITアーキテクトに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.好奇心旺盛で興味の幅が広い
2.課題解決能力が高い
3.効率よく仕事ができる
4.全体を見渡せる視野を持つ
5.勤勉家で学ぶことが好き
6.相手の立場になって説明できる
7.リーダーシップがある
8.コミュニケーション能力が高い
9.冷静な判断・対処ができる
10.体力・精神力に自信がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 好奇心旺盛で興味の幅が広い 』

兼ね備えていない

ITアーキテクトの業務内容は非常に幅広く、ビジネス戦略からシステム設計まで広範囲に及ぶ知識が必要になります。エンジニアとしての知識だけでなく、プログラマーやビジネスマンとしての技術なども求められるので、IT技術以外への興味が持てないとITアーキテクトの仕事は難しいでしょう。逆に好奇心旺盛で興味の幅が広く、学んだことを吸収できる能力の持ち主であれば、ITアーキテクト向きの人材と言えます。

『 課題解決能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ITアーキテクトはシステム設計全体に関わる職業です。ビジネス戦略の鍵となるITシステム化の企画から、それを実現するためのシステム設計までの一連の業務を担います。ITシステム化の企画段階では、クライアントのニーズを導き出す分析力と、課題解決に向けたシステムの設計ができる構想力、構築したシステムを推進する経営力が求められます。ITアーキテクトにはIT技術だけでなく、これらのマーケティング能力も備わっている必要があるのです。

『 効率よく仕事ができる 』

あまり兼ね備えていない

ITアーキテクトは多くの業務をこなす必要があるため、効率よくタスクを消化できる人でなくてはなりません。また、システムのアーキテクト(構造)を設計するという業務において、効率的なシステムを編み出せる思考が必要になります。このように、ITアーキテクトは全てにおいて効率性が求められる職業のため、要領の良い人ほど適性が高いと言えるでしょう。

『 全体を見渡せる視野を持つ 』

兼ね備えていない

他のエンジニア職とは異なり、ITアーキテクトはシステムの企画から推進までの全業務をトータルにこなす職業です。また、所属チームの要としてメンバーを支えるポジションでもあるため、チーム全体を見ながら仕事しなくてはなりません。物事の全体を見渡せる視野を持っており、かつ注意深く見通せる観察力がある人ならITアーキテクトは正に適職です。

『 勤勉家で学ぶことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ITアーキテクトは多種多様なスキルが求められる職業です。それに加えて、システム設計の要となるIT技術は進化が早く、常に新しい知識・技術を学び続けることが要求されます。幅広い職業スキルだけでなく、最新のIT技術を取り入れ続けなければならないため、勉強嫌いの人には苦痛ともいえる職業です。しかし、勉強が好きな勤勉家の人であれば、新しいことを学び続ける楽しみを見出せるでしょう。

スポンサーリンク

『 相手の立場になって説明できる 』

あまり兼ね備えていない

ITシステムの企画や推進では、「どういうシステム構造なのか」「どのようなメリットをもたらすのか」といった説明を、他人に正しく伝える能力が求められます。内容がまとまっていない説明や、抽象的で分かりづらい説明は伝わりません。ITアーキテクトを目指すなら、相手の立場になって分かりやすい説明ができるプレゼン力を身に着けましょう。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

ITアーキテクトは、一個人としてではなくチームメンバーとして組織を支えるポジションに就きます。そのため、各々が別の役割を担うチーム全体を一つにまとめ、牽引できるリーダーシップが求められます。また、リーダーとして責任感のある言動が取れる事も、メンバーやクライアントの信頼を得る上で大事なポイントです。逆に、個人行動の方が得意という人や、責任などのプレッシャーに弱い人はITアーキテクトは不向きです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

ITアーキテクトが関わる相手は、所属チームのメンバーだけではありません。時には共同開発や情報共有のため、他部門のメンバーとやり取りすることもあるでしょう。チームや組織全体で連携を取るためには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。また、クライアントのヒアリングを行う際も、要望を上手く引き出すためのコミュニケーション能力が求められます。ITアーキテクトは特に沢山の人と関わり合いになる職業なので、コミュニケーション能力が特に大事なのです。

『 冷静な判断・対処ができる 』

兼ね備えていない

ITアーキテクトは、チーム全体を牽引する大事なポジションに立っています。IT業界では、急な予定変更でスケジュールが詰まったり、想定外のトラブル対応に迫られることが頻繁に起こります。このような状況に対応できず、焦ったり慌てたりしているようではチーム全体を混乱させてしまいます。そのため、ITアーキテクトには何が起きても落ち着いて判断・対処ができる冷静さが必要です。

『 体力・精神力に自信がある 』

兼ね備えていない

沢山の業務を抱えるITアーキテクトは、正に体力勝負の職業です。経営から設計まで幅広いタスクをこなすので、並の体力ではITアーキテクトの仕事は務まりません。また、初めて対話する人とのコミュニケーションや、頻発する業務トラブルの対処、チームの人間関係など精神を磨り減らす要素も多いです。心身ともに強靭な人でないと、ITアーキテクトの仕事を続けるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのITアーキテクト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る