理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

IR担当に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今IR担当の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいIR担当に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

IR担当に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのIR担当適性診断結果

あなたの適性度は53%で、IR担当の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。IR担当を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

IR担当に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.社会人経験が豊富
2.ビジネスに必要なITスキルに長けている
3.財務や経理に関する資格を取得している
4.プレゼンテーションスキルが優れている
5.キャリア志向が強い
6.ビジネスレベルの外国語力がある
7.セキュリティ保護に関する知識がある
8.自己分析が得意
9.社会情勢への関心が強い
10.転職に対する抵抗が無い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
IR担当適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 社会人経験が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

IR担当は、投資家に対して自社の経営や財務などの状況を広報する役割を担っており、企業の顔として不可欠な人材と言えます。IT担当になるために必要な特定の資格はありませんが、新卒で入社してすぐにこの職種に就けることは滅多に無く、民間企業で長く社会経験を積んでから中途採用で入社するケースが目立ちます。また、業種に関わらず大手の上場企業で数年にわたるIR担当のキャリアがある人は、転職時に高く評価される傾向があります。

『 ビジネスに必要なITスキルに長けている 』

十分に兼ね備えている

IR担当は、売り上げや株価などの情報を可能な限り分かりやすく投資家に伝えるため、コーポレートサイト上に掲載する表やグラフなどの資料を作成することもあります。そのため、パソコン用の表計算や文書作成などのソフトを使いこなせる人や、短期間のうちに様々なデータを把握できる人は、広報部などで即戦力として活躍できます。

『 財務や経理に関する資格を取得している 』

そこそこ兼ね備えている

IR担当として正しく経営状況を把握するうえで、スキルアップの一環として働きながら財務や経理に関する資格を取得するのも有効です。特に、IR担当の資質向上に力を入れている企業の中には、日々の業務に役立つ簿記やファイナンシャルプランナーの資格取得の支援をしたり、資格試験に向けた勉強会を開いたりしているところも少なくありません。また、資格の保有状況に応じて特別な手当を支給したり、ボーナスや昇格の査定をプラスにしたりする企業もあります。

『 プレゼンテーションスキルが優れている 』

十分に兼ね備えている

IR担当は、株主総会などの重要なイベントの際に、幹部社員に同席して株主からの質問に対応したり、株主に配布する資料の作成を任されたりすることもあります。そのため、IR担当として社内で頼りにされるには、最低限のプレゼンテーションスキルを身につけておく必要があります。また、プレゼンテーション用のソフトの使い方をマスターしたり、大きな株主向けのイベントに向けてより効果的に説明ができるようシミュレーションをしたりすることも大切です。

『 キャリア志向が強い 』

あまり兼ね備えていない

IR担当は、入社後の経験や成果次第で幹部への出世の可能性があるため、キャリア志向が強く何事も積極的に取り組める人が向いています。国内に進出している外資系企業の中には、年齢や性別、過去のキャリアなどによらず、自社内での成果のみで配置や役職を決めているところもあります。そこで、IR担当を目指すうえで、将来に繋がる仕事ができる企業を就職先に選ぶことも重要です。

スポンサーリンク

『 ビジネスレベルの外国語力がある 』

十分に兼ね備えている

海外進出をしている企業でIR担当をする場合は、外国人の投資家に対して自社の魅力を伝えるため、ビジネスレベルの語学スキルが要求されることもあります。たとえば、製薬やIT、メーカーなど国内外に多数の拠点がある企業では、IR担当に対して英語をはじめとした資格取得を義務付けているところや、海外経験が豊富な人材を積極採用しているところもあります。そこで、将来的に幅広く活躍したい人は、若いうちからコミュニケーションスキルを磨いたり、自社と繋がりの強い国の言語を学んだりすることが大切です。

『 セキュリティ保護に関する知識がある 』

兼ね備えていない

IR担当は、自社の重要なデータを扱う機会も多く、株主だけでなく取引先や顧客など多くの関係者からの信頼を失わないよう、日ごろからセキュリティ保護に関する知識を身につけておかなければなりません。また、必要に応じてセキュリティについて詳しく学ぶため、配属先で研修を受けるのはもちろんのこと、セミナーに参加をしたり通信教材を活用したりするのも有効です。

『 自己分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

IR担当は、仕事上で直接株主や顧客からの問い合わせ対応をする機会は少ないものの、いざという時のために自社の強みである商品やサービスの特徴を正しく理解する必要があります。また、企業によっては過去に営業や事務などの職種に長く関わっていた人をIR担当に登用するところもあります。

『 社会情勢への関心が強い 』

兼ね備えていない

IR担当は、投資家にとって有益な情報を与えられるよう、自社の現状や将来性を考えるだけでなく、時には社会情勢を冷静に捉えたり、様々なデータや資料を分析したりする必要があります。また、新聞やネットニュースに普段から触れている人や、経済やビジネスに関する書籍を好む人は、仕事上の様々な場面で力を発揮することが可能です。

『 転職に対する抵抗が無い 』

そこそこ兼ね備えている

IR担当は、働きながらプレゼンや広報といったスキルを習得できることもあり、定年まで同じ企業で働き続ける人ばかりでなく、一定の経験を積んだ後に良い待遇を目指して他社へ転職をする人も少なくありません。そのため、転職に対する抵抗が無い人や、様々な業界や企業で自分の力を試したい人にとって魅力のある職種と言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのIR担当適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
IR担当適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • IR担当に向いているか向いていないか
  • IR担当の職業適性度
  • IR担当に必要な10の資質
  • 解説でIR担当に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

IR担当とは?

IR担当の仕事は、務める企業の投資判断に必要な情報を株主や投資家に提供することです。

企業の経営状況や財務状況、経営方針、見通しなどを正確に株主らに伝え、投資の判断として活用してもらいます。

IRは「Investor Relations(インベスター・リレーションズ)」の略語です。

企業説明会や決算説明会などを担当し、会で使う報告書やレポートを作成します。

また、オンラインで配信するIR関連の情報の運営や管理、更新なども請け負います。

企業説明会や決算説明会で挙がった意見を経営陣に報告し、株主や投資家と企業の経営陣の橋渡し役を担うのがIR担当です。

IR担当になるには?

IR担当になるために、資格は必須ではありません。

しかし、取得しておくと就職の際に有利になる資格はあります。

その1つが、日本IRプランナーズ協会が発行する「日本IRプランナーズ協会検定会員(CIRP)」です。

上級資格には「CIRP-S」があり、IR活動を行う上で必要な知識を修めていることを証明する資格となっています。

また、一般社団法人日本IPO実務検定協会が発行する資格「財務報告実務検定」も、IR担当を目指す際に有用です。

この資格は、財務報告に関する知識や、各データをまとめて報告書を作成するのに必要な能力が備わっていることを証明します。

IR担当の給料・年収

複数の調査から、IR担当の平均年収は450~600万円となっています。

日本のサラリーマンの平均年収が約400万円であることを踏まえると、IR担当の平均年収は高めに設定されています。

IR担当の業務が株主や投資家への財務報告であり、その役職が上場企業に限られることが平均年収が高くなっている要因と考えられるでしょう。

また、務める企業の財務状況を知り尽くし、株主や投資家に対するビジネスマナーも身につけなければならないため、ある程度キャリアを積んだビジネスパーソンがIR担当に就きます。

企業によってIR担当の業務に偏りがあり、広報の一員として宣伝活動に従事するケースや、経営陣と運営に携わる場合があります。

IR担当の就職・転職先(求人)

IR担当に就くには、財務報告が必要な上場企業に就職する必要があります。

しかし。

IR担当として採用するケースは多くありません。

企業の中枢業務を担う総合職として採用し、さまざまな部署やプロジェクトで経験や実績を積んでIR担当に就くケースが多いでしょう。

IR担当を育てるまでには時間がかかります。

企業が提供する商品やサービスの知識、経営状況、経営方針、株主の対応に必要な教養やマナーなど、身につけなければならないことが多いです。

企業の内情を知るための時間が必要なので、IR担当を中途で採用するケースは少なくなっています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0