理想の就活/転職のための
自己分析サイト

投資家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今投資家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい投資家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

投資家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの投資家適性診断結果

あなたの適性度は54%で、投資家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。投資家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

投資家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.お金に対する欲が強い
2.金銭的にある程度の余裕がある
3.明確なルールを決めて冷静に取引ができる
4.長期的な視点を持っている
5.分析力がある
6.コツコツと勉強を続けられる
7.ギャンブルが好きではない
8.メンタルが安定している
9.情報収集が得意
10.若いうちから多額の資産を持ちたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 お金に対する欲が強い 』

そこそこ兼ね備えている

投資家はお金が大好きで、お金が増えていく状況を見るのがたまらないという人が多いです。そもそも投資とは資産を増やすために行われる行為です。昔の日本では銀行や郵便局にお金を預けておくだけで、相当な利子が付きました。しかし、現在はほとんど利子が付かない時代のため、預貯金をするくらいなら投資に回そうと考える人が増えてきたのです。お金を増やすことに興味があり、まとまった資産を構築したい人が投資家に向いています。

『 金銭的にある程度の余裕がある 』

そこそこ兼ね備えている

投資は投入する金額に比例し、リターンが大きくなる性質があります。そのため、大きな利益を得る意味でも、資金的な余裕があったほうが良いです。金銭的に余裕があり、投資に資金投入をしても生活になんら影響が出ないくらいの経済力があれば最高です。金欠の人が投資を始めてしまうと、相場の変動に敏感になりすぎてしまい、誤った行動に出てしまう可能性が高くなります。資金的な余裕があれば相場が変動しても、冷静な判断力を持って状況を見守ることができるでしょう。

『 明確なルールを決めて冷静に取引ができる 』

だいぶ兼ね備えている

相場の動向を見ながら臨機応変に対応できるのがプロの投資家だと思うかもしれませんが、投資のプロほど明確なルール設定をしています。ルールを設けることで自分の投資手法を確立できるからです。少なくとも利確・損切りのタイミングは明確に定めておきましょう。ルールを定めないと投資手法にブレが生じてしまいます。嘘の投資情報に惑わされ、踊らされてしまうリスクを避けるためにもルール設定をしてください。

『 長期的な視点を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

投資で一夜にして大金を得るのは現実的に困難です。まとまった利益を出すためには、数年を要することが少なくありません。だからこそ、長期的な視野を確立できる人が投資家に向いています。そのためには、計画性を持って、また自分を律するスキルが必要になります。一攫千金を狙おうとする人は、ハイリターンを求めた行動に出てしまうことが多いので注意が必要です。投資をギャンブルと考えず、資産形成の手段と捉えられる人が投資家に向いています。

『 分析力がある 』

だいぶ兼ね備えている

投資家は常に冷静沈着でいる必要があります。お金を動かしているからこそ、感情的になってはいけないのです。感情的になると人は思わぬ行動に出てしまうことがあります。冷静なときであれば、絶対にしないような無謀な行動に出てしまうことになりかねません。自己分析ができる人は投資家向きだと言われますが、これは自分の現在の状況を客観視できるからです。逆にいえば感情的になることがあっても、そうした自分に気づいて軌道修正できるのであれば大丈夫です。

スポンサーリンク

『 コツコツと勉強を続けられる 』

だいぶ兼ね備えている

投資は運で決まると考えている人は多いでしょう。確かに、運の要素は影響しますが、それ以上に自身の投資手法が勝敗を分けます。だからこそ、投資に関する勉強をコツコツを続けられる人が好ましいのです。どんなに運の強い人であっても、その運が永遠に続くことはありません。一方で、身につけた投資スキルや経験は一生ものです。実際に大きな利益を出している投資家ほど、人の見ていないところで地道な努力を重ねています。勉強が苦にならない人ほど、投資の勝率は高くなるのが現実です。

『 ギャンブルが好きではない 』

兼ね備えていない

投資とギャンブルは同じようなものと考えられがちですが、投資は運よりも自身の行動原理が大きく影響してきます。そのため、ギャンブル好きよりも、ギャンブル嫌いのほうが投資家に向いている現実があります。ギャンブル好きは運で勝敗が決まることに対してスリルを覚える傾向があるのです。こうした人はときに危ない賭けに出てしまうこともあるでしょう。投資家はこうしたスリルに負けたり、感情に流されたりしてはいけません。いつ何度も冷静でいられる人が最後に勝つのです。

『 メンタルが安定している 』

兼ね備えていない

世界的な投資家であっても、100%の確率で勝つことはできません。勝つこともあれば、負けることもあるのが投資です。投資家は前向きな人が向いていると言われていますが、これは落ち込まずに再スタートができるからです。すぐに落ち込んでしまう人だと、大きな負けがきっかけで投資をやめてしまうことが少なくありません。しかし、負けを経験しなければ、勝つための手法が見えてこないので、負けてもめげないメンタルが必要になります。

『 情報収集が得意 』

そこそこ兼ね備えている

投資で勝つための方法というのは、実は誰も教えてはくれません。本当に勝てる情報を他人に教えると、教えた人が損をしてしまうからです。だからこそ、投資家を目指す人は、自分自身で情報収集を行っていく必要があります。あとは実際に投資をしながら、その理論・手法が正しいのか判断していきましょう。投資の専門家や評論家の話を鵜呑みにしてしまう人は、最終的に大きな損失を被ることになる可能性が大きいです。自己判断・自己責任で取り組める人が投資家向きです。

『 若いうちから多額の資産を持ちたい 』

だいぶ兼ね備えている

投資家になった目的として、セミリタイアを挙げる人は少なくありません。日本は物価がどんどん上がっていますが、給料はほとんど上がっていない現実があります。それゆえ、給与所得だけを得ながら、セミリタイアを実現するのは極めて困難です。セミリタイアをするには相応の資産を構築する必要があり、そのためには若いうちから投資家になるのが得策です。投資は早い時期から始めるほど、将来的に資産の増加率が上がる性質があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの投資家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 投資家に向いているか向いていないか
  • 投資家の職業適性度
  • 投資家に必要な10の資質
  • 解説で投資家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

投資家とは?

投資家とは、証券会社や銀行などの金融商品に投資をして、利益を得る人のことをいいます。

投資の収益には、配当金や売却益があります。

企業の株を購入して、企業側が利益を得た一部をもらうことが配当金。

金融商品を購入して値が上がった時を狙って売却し、売値と買値の差で利益をあげることを売却益といいます。

株式にはFXや仮想通貨、債券や不動産などがありますが収益を得る方法はさまざまで、投資家は適切な商品を選んで運用していくことが大事です。

目先の利益にとらわれないようにして、コツコツ増やしていく必要があるので、努力が欠かせない仕事です。

投資家になるには?

投資家になるには、資格や免許はいりません。

学歴も関係ありませんが、大学で経済学や経営学を学んでおくと、投資に役立ちます。

将来的に成長していく企業を見極めることや、経営状況を判断していくことが、株式投資には必要です。

1度投資をして利益を上げられると投資家と言えますが、繰り返して利益を出せることが本当の投資家です。

継続的に利益を得ていくには、ある程度の知識と経験が必要。

初めから大金を入れるのではなく、無理のない金額で買うことのできる投資信託や株式から初めていきましょう。

短期間ではなく、長い目でゆっくり増やしていくことが重要です。

投資家の給料・年収

投資家には、個人で投資をして利益で生計を立てている個人投資家の人がいます。

個人投資家は2つに別れていて、投資だけで生計を立てている専業投資家や会社員をしながら投資をしている兼業投資家がいます。

個人投資家の年収は、複数の調査で300万円未満であることが分かりました。

回答した人は、主婦やアルバイト、会社員や自由業が70%を占めています。

主な収入源は投資ではないと答えた方が半分以上でしたので、兼業投資家が多いといえるでしょう。

投資は失敗すると大きな損失となってしまうので、投資初心者の人は他で生活費を確保しておくことのできる兼業投資家が向いています。

投資家の就職・転職先(求人)

個人投資家の他に、機関投資家と呼ばれている大金を投資する法人の企業や団体があります。

一般的な機関投資家は生命保険会社や損害保険会社、投資信託会社や投資顧問会社などがあり、沢山の人からお金を集めて運用しています。

保険会社では、保険を運用資産の元手にして投資をし、投資信託では個人投資家から集めた資金をまとめて投資をしています。

この団体への就職には、運用係や営業係などがありますが、どちらも経験と知識が必要不可欠です。

投資家として就職を考えるのでしたら、最初に兼業投資家として経験を積んで利益をあげていくことが無難です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る