理想の就活/転職のための
自己分析サイト

海外営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今海外営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい海外営業に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの海外営業適性診断結果

あなたの適性度は35%で、海外営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。海外営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

海外営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ビジネス英会話ができる
2.英語での読み書きに抵抗感がない
3.国語が得意
4.外国文化に興味がある
5.海外旅行が好き
6.コミュニケーション力がある
7.提案力がある
8.オンライン会議が得意
9.海外での人気商品の流行を把握している
10.体力と根気がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ビジネス英会話ができる 』

だいぶ兼ね備えている

ビジネスレベルの英会話ができる人は海外営業に向いています。世界での公用語とも言われるくらいに英語はビジネスでよく用いられているからです。海外営業をするときには現地の言葉を使うか、英語を使うことが必要になります。海外営業をするときには相手企業の担当者との交渉が多いので、ビジネス英会話ができることは欠かせません。英会話に自信があってビジネスレベルまですぐに引き上げられるという自負がある人も海外営業に合っているでしょう。

『 英語での読み書きに抵抗感がない 』

あまり兼ね備えていない

英語での読み書きをしながら仕事をするのに抵抗感がない人は海外営業に適しています。海外営業の仕事では海外の顧客や顧客候補に対して英語の資料を提供したり、メールで連絡を取ったりすることがよくあります。契約してくれるという話になったら、英語の契約書を用意して送付することも必要です。英語での読み書きに慣れているとスムーズに仕事を進められます。特にビジネス英語を一通り理解していると海外営業として活躍できるでしょう。

『 国語が得意 』

そこそこ兼ね備えている

海外営業は日本語をよく理解できる人にも向いています。最初から海外展開を考えている企業の場合には商品やサービスの説明書などもすべて英語で制作するでしょう。しかし、日本から海外へという展開を考えているケースで海外営業がよく採用されています。日本語を正しく理解して英語で伝える翻訳のスキルが求められるのが海外営業です。海外の顧客からのフィードバックを日本人に正しく伝えることも必要なので、海外営業は日本語のスキルも求められます。

『 外国文化に興味がある 』

兼ね備えていない

海外営業は外国文化に興味がある人にとってうってつけの職種です。海外営業は外国の企業や消費者をターゲットとして営業活動をします。相手国の文化がわかっているとビジネスマナーを考えて行動できるだけでなく、相手国の文化を称えることで好印象を持ってもらえる可能性が高いでしょう。どのようなアプローチで営業すると受け入れてもらえるかも考えやすいので、外国文化に興味がある人は海外営業として有利です。

『 海外旅行が好き 』

兼ね備えていない

海外旅行が好きな人にも海外営業は魅力的な仕事です。海外営業になると現地に行って営業活動をすることが頻繁にあります。就職先の企業によってどの国に行くことが多いかは異なりますが、出張を通して海外に行けるチャンスがたくさんあるのはメリットです。週末をはさむスケジュールの場合には観光できるチャンスもあるので、海外旅行が好きならメリットが大きい職種です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション力がある 』

あまり兼ね備えていない

海外営業にはコミュニケーション力が求められます。顧客と密なコミュニケーションを取って、最終的には売上を出すのが海外営業の仕事だからです。ただ会話ができれば良いというわけではなく、相手から話をしたいと思われることが重要です。相手の立場を理解してコミュニケーションを取るのが習慣になっている人は海外営業として活躍できるでしょう。

『 提案力がある 』

兼ね備えていない

海外営業には提案力がある人が向いています。海外営業では海外の顧客に自社の商品やサービスに興味を持ってもらうことが大切です。相手の文化を理解した上で、魅力がはっきりとわかるアピールをすると売上につながります。海外営業では日本での成功事例にこだわらずに、新しい発想を取り入れて営業する提案力があると有利になるでしょう。

『 オンライン会議が得意 』

だいぶ兼ね備えている

海外営業はオンライン会議が得意な人に向いている仕事です。海外の企業への営業活動ではオンライン会議をすることが多くなっているからです。オンライン会議で伝えたいことをはっきりとアピールできるスキルがある人は海外営業として成功できるでしょう。オンライン会議が苦手でもリアルのビジネス交渉ができれば活躍できる可能性がありますが、オンラインで営業ができる人は有利です。

『 海外での人気商品の流行を把握している 』

そこそこ兼ね備えている

海外マーケットに詳しい人は海外営業に適しています。どの国に商品やサービスを売るかを海外営業の担当者が検討することも多いからです。マーケティングの部署がない会社では、マーケットを調査することから海外営業の仕事になります。海外マーケットに興味を持っている人は自社製品を売れる可能性が高い国を選定しやすいので、海外営業として活躍できるでしょう。

『 体力と根気がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力と根気に自信がある人は海外営業として活躍できるポテンシャルがあります。海外営業は時差の影響を乗り越えて仕事をしなければならないからです。アジアにもヨーロッパにも顧客がいる場合には朝から夜中まで働かなければならない場合もあります。根気強くて体力もある人は勤務スケジュールが乱れても乗り越えられるので海外営業として活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの海外営業適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る