理想の就活/転職のための
自己分析サイト

国際弁護士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国際弁護士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国際弁護士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの国際弁護士適性診断結果

あなたの適性度は50%で、国際弁護士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。国際弁護士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国際弁護士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.語学が堪能
2.論理的思考が得意
3.寝不足にも負けない体力がある
4.法律の勉強が苦でない
5.高いコミュニケーション能力がある
6.事務処理能力が高い
7.優れた交渉力を備えている
8.ビジネス感覚に優れている
9.精神的にタフ
10.正義感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 語学が堪能 』

あまり兼ね備えていない

国際弁護士は、海外との法律上の問題を解決するのが仕事であるため、当然ながら語学が堪能でなければなりません。グローバルな共通言語として用いられることが多い英語については最低限ビジネスレベルでなければ話になりませんが、それに加えてできればフランス語やスペイン語、中国語などもできるに越したことはないでしょう。複数の語学を操ることができれば、その分だけ国際弁護士として活躍できる可能性が広がるのです。

『 論理的思考が得意 』

兼ね備えていない

国際弁護士として活躍するには、論理的な思考力が重要になってきます。物事の考え方やカルチャーが異なる海外の人々との論争に打ち勝つためには、論理的に自分の主張がいかに正しいかを理解してもらわなければなりません。感情に任せて発言したり、相手も分かっているはずだと思って話をしていると、思わぬ落とし穴にはまりかねない。そうならないようにするためにも、国際弁護士には常に論理的思考力が求められるというわけです。

『 寝不足にも負けない体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

国際弁護士は、時差のある海外の相手方とやり取りする機会が多いため、場合によっては深夜の会議に参加しなければならないようなケースは少なくありません。そのようなタフな仕事に従事するためには、少々の寝不足には負けない体力を備えている必要があるのです。従って、十分な体力を持った人こそが国際弁護士に向いていると言えるでしょう。

『 法律の勉強が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

一般人からすると、法律を見ると何やら呪文のように感じるかもしれませんが、国際弁護士としてやっていくためには、日本はもとより海外の法律にも精通している必要があります。そのため、法律を苦にしないというのが、国際弁護士に向いている人の特徴の一つなのです。もっとも、だからといって各国の法律をすべて頭に入れていることは必須ではありません。ある程度の知識があれば、後は必要に応じて調査をするなり、現地の弁護士と協力して仕事をすればよいからです。

『 高いコミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

国際弁護士は、クライアントはもとより海外の弁護士などの関係者と密にコミュニケーションをする必要があります。相手が何を考えているかを正確に把握し、それに対して自身の意見を的確に伝えるようにしなければ、信用して仕事を任せてもらえるようにはならないのです。そのため、高いコミュニケーション能力を有しているというのも、国際弁護士に向いている人の特徴であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 事務処理能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

国際弁護士は仕事をするうえで大量の書類やメールに対処しなければなりません。作成した書類の内容に不備があると、クライアントに不利な結果につながりかねないので、そうならないようにするためにも国際弁護士として活躍するためには細かな事務作業もミスなくこなせる程度の高い処理能力が求められるのです。

『 優れた交渉力を備えている 』

兼ね備えていない

国際弁護士にとって、相手方との交渉を通じてクライアントに有利な結論を導き出すことは非常に重要な仕事の一つです。いくらそれ以外の能力が秀でていたとしても、肝心の交渉に弱くては国際弁護士としてやっていくことは難しいでしょう。優れた交渉力を備えている人こそが、国際弁護士に向いていると言えるのです。

『 ビジネス感覚に優れている 』

だいぶ兼ね備えている

国際弁護士としてクライアントに認められるためには、単に法律に詳しかったり、交渉に強いというだけでは十分ではありません。クライアントにとってビジネス上何が重要であるのかを瞬時に把握し、それを実現するために法律を駆使することが国際弁護士には求められるのです。そのため、国際弁護士に向いていると言われるためには、ビジネス感覚に優れていることも必要不可欠となってきます。

『 精神的にタフ 』

そこそこ兼ね備えている

国際弁護士は、時としてクライアントからの強いプレッシャーに晒される場合があります。また、思うように交渉が進展せずにストレスを抱え込むケースも少なくありません。もっとも、そのような場合にいちいち参ってしまっていては、国際弁護士として活躍することは困難です。多少のストレスには負けずに淡々と仕事をこなしていけるような精神的なタフな人でなければ、国際弁護士には向かないのです。

『 正義感が強い 』

十分に兼ね備えている

国際弁護士は、時としてクライアントのために身を粉にして働かなければなりません。場合によっては、生半可な覚悟では、対処できないような困難なケースにぶち当たるケースもあり得るのです。そのような場合であっても、臆さずに仕事に打ち込むためには、いかなる場合でもクライアントのために働くという強い正義感を備えていなければなりません。そのような正義感を持った人だけが、国際弁護士に向いていると言えるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国際弁護士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る