理想の就活/転職のための
自己分析サイト

内部監査に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今内部監査の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい内部監査に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの内部監査適性診断結果

あなたの適性度は59%で、内部監査の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。内部監査を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

内部監査に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.客観的な判断ができる
2.経営に関する専門知識がある
3.人の役に立つのが好き
4.コミュニケーション能力が高い
5.観察力がある
6.精神的に強い
7.スケジュール管理が得意
8.ITの知識がある
9.コツコツ地道な作業が好き
10.会計に関する資格がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 客観的な判断ができる 』

十分に兼ね備えている

内部監査に向いているのは、客観的な判断が出来る人です。各部署で適切に業務は進められているのか、ルール違反をしている人は居ないかなど客観的な視点が必要となります。また法律に違反していないか、社内の規定に従って仕事が行われているのかもチェックします。細かなところまでチェックをするためには客観的な判断が出来ることが大切で、自分の感情に流されずに判断出来る人が向いています。親しい同僚や上司が居るからといってその人たちを贔屓することなく、内部監査として役目を全うすることが大事です。

『 経営に関する専門知識がある 』

十分に兼ね備えている

内部監査の担当者は、専門的な経営の知識があることも条件となります。内部監査は会社全体の目標達成のために内部の調査をしています。どのようにすれば売り上げがアップし、目標を達成することが出来るのか調査をしながら経営のことも考えなければいけません。必要に応じて改善点を見つけ出し、経営者に指摘しなければなりません。専門的な知識を駆使して経営陣にアドバイスをすることが出来るためにも、ある程度経営に関心がなければいけないのです。適切なアドバイスや提案が出来るようになるためにも、経営に関する専門知識がある人は内部監査にピッタリなのです。

『 人の役に立つのが好き 』

あまり兼ね備えていない

内部監査の仕事内容のほとんどは地味なものが多く、社内で目立つことは少ないです。しかし経営陣がスムーズに仕事をするためにも欠かせない存在で、重要ポストに就いている人たちの大切なサポート役になります。影で誰かを支える仕事に誇りを持ち、少しでも誰かの役に立ちたいと思う人は内部監査が天職になるかもしれません。また経営陣に近い存在だからとその立場を利用せずに、純粋にその人たちを支えたいという気持ちも重要になります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

内部監査を実施するときには各部署に足を運んで、様々な社員に話しを聞くことがあります。年上から年下、さらに同世代の社員と色々な年代の人から話しを聞く立場にあるのです。その人の立場に関係なく対等に話し合いが出来ることが大切なので、コミュニケーション能力が高い人は現場で重宝されます。何気ない会話から調査の手掛かりを見つけて、そこから真相に辿り着くように密にコミュニケーションを取って調査していきます。相手を不快にせずにスムーズに真相を聞き出すためにも、コミュニケーション能力が必要不可欠となるのです。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

内部監査の担当者は社員の動きだけでなく、細かい物やお金の流れまで把握していきます。どんな些細な変化も見逃さないような観察力を持っている人は、内部監査の適性が高いです。観察力があると経費を私的流用していないか、誰かがヘッドハンティングされていないか早い段階から気付けます。少しでもおかしいと思ったことに敏感に反応することができ、すぐに上司に報告出来るのです。

スポンサーリンク

『 精神的に強い 』

だいぶ兼ね備えている

精神的な強さがある人も、内部監査に向いている可能性があります。内部監査をして不正を見つければルール違反をした人を見つけ出し、その人を指導します。場合によっては解雇などの重い処分を言い渡さなければならないこともあり、仕事とは言っても強い言葉を投げかけなければならないときもあるのです。精神的に強い人なら強い言葉を投げかけることもでき、企業側も内部監査としての仕事を安心して任せられます。

『 スケジュール管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

内部監査を行うときに、まずスケジュール管理が行われます。監査の対象となる人や部署、何を調査するのかを決めながらスケジュールを立てていくのです。経営陣に報告しなければならない期限があるときには、締め切りに間に合うように計画を立てていくこともあります。きちんとスケジュール管理が出来る人なら効率的に調査が出来る計画を作ることができ、期限に間に合うようにスケジュールを組み立てられるのです。

『 ITの知識がある 』

十分に兼ね備えている

内部監査では情報システムが適切に管理されているのか、経営に役立っているのか確かめる業務もあります。調査を行う上で情報システムの知識が必要で、適切に運用されているか判断するためにも情報システムに精通している必要があるのです。情報システムの知識があれば客観的な判断が素早くでき、問題点や改善点を見つけられます。情報漏えいやシステムトラブルなども未然に防げるようになり、経営陣からも信頼される人物になるかもしれません。

『 コツコツ地道な作業が好き 』

兼ね備えていない

コツコツした作業が好き、長期間の業務でも苦にならない人は内部監査に向いている人だと考えられます。内部監査は何年も掛けて調査を行い、問題点を見つけ出したらさらに改善点を考え、また調査を行うの繰り返しです。コツコツした作業を繰り返すことで少しずつ企業として成長し、何年も掛けて成果を出していくのです。このような長期間の業務でも苦にならずに、コツコツと作業が出来る人は内部監査向きかもしれません。

『 会計に関する資格がある 』

十分に兼ね備えている

会計に関する資格の持ち主も内部監査に向いている人の条件に当てはまります。内部監査では会計に関する調査も行われることがあり、会計士や簿記などの資格があると調査のときに役立ちます。帳簿などを見て不自然なところを見つけられ、横領などの不正もすぐに分かるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの内部監査適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る