理想の就活/転職のための
自己分析サイト

インテリアプランナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今インテリアプランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいインテリアプランナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのインテリアプランナー適性診断結果

あなたの適性度は29%で、今の時点ではインテリアプランナーの仕事に向いているとは言えないようです。インテリアプランナーを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

インテリアプランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.インテリアや建築に興味がある
2.絵を描くのが好き
3.コミュニケーション能力が高い
4.プレゼンテーションが得意
5.常に勉強し続けることができる
6.聞き上手で相手の話を引き出せる
7.物事を客観的に分析できる
8.物事の課題を発見するのが得意
9.リーダーシップをとれる
10.柔軟な発想ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 インテリアや建築に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

インテリアプランナーは、インテリア空間を設計する仕事です。住宅だけでなく、商業施設や公共施設、オフィスなど、手掛けるものは多岐にわたります。当然、インテリアに関して幅広い興味を持っていることが欠かせません。また、インテリア空間を設計する上で、切っても切れない関係なのが、ベースとなっている建築物です。インテリアはもちろん、建築に対する興味を持っていることも重要なポイントとなってくるでしょう。

『 絵を描くのが好き 』

兼ね備えていない

インテリアプランナーの仕事では、CADを使って図面を描いたり、パースを作ったりすることが多いです。とはいえ、クライアントや職人との打ち合わせでは、ササっとスケッチしてイメージを伝えるケースも少なくありません。その場で手早く描ける方が、スムーズに、そしてより正確に話を進めていきやすくなるでしょう。絵を描くことが好きな人の方が、インテリアプランナーの仕事に向いていると言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

インテリアプランナーの仕事は、クライアントからの依頼がないと成り立ちません。クライアントの要望や目的などに合わせ、ベストな空間をつくりあげていくのです。そのためには、円滑なコミュニケーションがとれるよう、努力する必要があります。また、インテリア空間をつくりあげるまでには、営業や現場監督、職人など数多くの人が関わっています。スムーズに現場を進めるためにも、コミュニケーション能力は欠かせないでしょう。

『 プレゼンテーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアプランナーは、クライアントに対して自分のプランを説明する機会が多いです。どれだけ優れたデザインを行っていたとしても、プレゼンテーション能力が低ければ、クライアントにその魅力を伝えることができません。打ち合わせをスムーズに進め、成約につなげるためには、プレゼンテーション能力の高さも求められるでしょう。

『 常に勉強し続けることができる 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアや建築の世界は、常に新しい技術や商品が誕生しています。また、トレンドの変化も激しく、その時々に合わせて最適な提案が求められます。まわりとの差別化を図り、活躍し続けるためには、常に勉強し、最新のスキルを身につけておく必要があるでしょう。アンテナを張り巡らし、情報やトレンドに敏感であることも重要です。

スポンサーリンク

『 聞き上手で相手の話を引き出せる 』

兼ね備えていない

インテリアプランナーの仕事では、基本的にクライアントへのヒアリングを行い、それをいかに具現化するか、ニーズに合った提案を行うか、という姿勢が重要です。インテリアプランナーが自由気ままにデザインできるわけではありません。その中で、自分の持っているスキルをどれだけ発揮できるかは、クライアントからどれだけ話を聞き出せるかにかかっているでしょう。ヒアリング能力の高い人は、インテリアプランナーに求められる重要な素質だと言えます。

『 物事を客観的に分析できる 』

あまり兼ね備えていない

インテリア空間を設計するためには、建築や法律との兼ね合いをしっかり検討する必要があります。また、クライアントのニーズを踏まえ、実際に使う人の立場にも立たなければなりません。ひとつの空間を設計するためには、あらゆる角度から物事を考えることが大切なのです。インテリアプランナーになるためには、物事を多角的に捉えられる能力も求められるでしょう。

『 物事の課題を発見するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

インテリア空間を設計するためには、課題を発見する力を持っていることも大切です。その空間を過ごす人が快適に過ごせるよう、様々なことに配慮しながら設計する必要があるからです。問題点に気づけなければ、「実際に使ってみたら使いにくかった」「導線が不便だった」などということにもなってしまいかねません。確かな課題発見力を持っておくことで、クライアントへの説明にも説得力を持てるようになるでしょう。

『 リーダーシップをとれる 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアプランナーは、実際に建築現場に出向き、仕事をすることも少なくありません。図面通り、イメージ通りに進められているか、チェックする必要があるからです。時には、職人や現場監督に指示を出して、交渉や説明をしたりするケースもあるでしょう。インテリア空間を完成させるまでの間には、数多くの人が関わります。円滑に進めていくためには、リーダーシップ能力も欠かせません。

『 柔軟な発想ができる 』

だいぶ兼ね備えている

インテリア空間を設計する中では、あまり固定概念にとらわれていると、クライアントのニーズをうまく形にできないケースもあります。そのような場合は、柔軟な発想や、斬新な発想を求められることもあるでしょう。様々な制約がある中で、ベストな提案をするためには、インテリアプランナーにとって大切なスキルとなるかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのインテリアプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る