理想の就活/転職のための
自己分析サイト

インテリアデザイナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今インテリアデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいインテリアデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのインテリアデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、インテリアデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。インテリアデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

インテリアデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.美的センスがある
2.話を聞いて人の要望を引き出すのが得意
3.好奇心旺盛
4.チームワークが得意
5.デザインが得意
6.緻密で細かい作業が得意
7.集中力がある
8.プレゼンスキルに長けている
9.インテリアへの情熱を持っている
10.体力と気力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 美的センスがある 』

あまり兼ね備えていない

インテリアデザイナーを職業にする人には、美的センスが求められます。広い室内空間を立体的にデザインするにあたっては、美的感覚を余すことなく生かして空間を整えることが不可欠です。与えられた空間にどのように何を配置するか、という作業を上手にこなすために、美的センスを磨き続ける努力をし続けられる人こそが、インテリアデザイナーに向いていると言えるでしょう。

『 話を聞いて人の要望を引き出すのが得意 』

あまり兼ね備えていない

インテリアデザイナーの仕事では、まず、クライアントがどのような空間づくりを希望しているかについて聞く作業が必要です。相手の話をよく聞いて内容を理解する傾聴力、ヒアリング力によって、インテリアに対するクライアントの意向をしっかり汲み取るようにしましょう。ただ受動的に話を聞くだけでなく、積極的にヒアリングをすることで、相手の話への理解を深められるのが理想です。

『 好奇心旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

好奇心が旺盛であることも、インテリアデザイナーに求められる資質のひとつです。常日頃からアンテナを張って、周囲の状況や情報に対して敏感に反応できるようにし、視野を広く持つとよいでしょう。例えば、食事に訪れたレストランでの空間の在り方や色づかいについて気になるポイントを覚えておくなど、普段の生活からインテリアへの好奇心を高める心掛けをすることが大切です。

『 チームワークが得意 』

だいぶ兼ね備えている

インテリアデザインの仕事は、一人で完結するものではありません。設計士、建築士、プランナーといった様々な人と関わり合い、支え合いながら進める仕事です。インテリアデザイナーとして円滑に仕事をこなすためには、チームワークを大切にすることが求められます。周囲の人々とコミュニケーションを取ってチームでの業務を行うのが得意な人は、インテリアデザイナーとして活躍しやすいでしょう。

『 デザインが得意 』

十分に兼ね備えている

空間デザインを手掛けるインテリアデザイナーにとって、卓越したデザイン力は不可欠な資質です。平面だけでなく、立体的にデザインをして、快適でおしゃれな空間をつくるためには、優れたアイディアと併せてアイディアを具体化する力も求められます。インテリアデザイナーとして活躍するために、クライアントの意向に副った空間デザインを実現できる力をつけて仕事に臨めるようにして下さい。

スポンサーリンク

『 緻密で細かい作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアデザインをする際には、アイディアを具体化して設計図を描いたり、模型を作ったりします。設計図の細かな数値の指示ひとつにも注意を払って作業を続けられる人は、インテリアデザイナーに向いていると言えるでしょう。プレゼンテーションに使われる機会もある模型は、極めて精緻に作製することが大切です。緻密な作業の積み重ねが、インテリアデザインの成功の要となることを忘れずにいて下さい。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

緻密な作業の連続であるインテリアデザインを手掛けるにあたっては、人並みならぬ集中力が求められます。デザインの納期によっては、長時間に渡って仕事をしなければならないこともあります。インテリアデザイナーは、忙しい時期でも疲労を残さず、集中力を途切れさせることなく円滑に作業ができる能力が求められる職業とも言えるでしょう。

『 プレゼンスキルに長けている 』

だいぶ兼ね備えている

インテリアデザイナーは、企画案や設計図、模型が完成したら、クライアントに対して分かりやすく説明する必要があります。どれほど優れたデザイン力があっても、それを伝える力が不足していると、相手に正しく理解してもらうのが難しくなってしまいます。自身が手掛けたインテリアデザインの特性や魅力をうまくプレゼンテーションできるスキルを身に付けていることが、インテリアデザイナーとして成功する鍵となるのです。

『 インテリアへの情熱を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

職業としてインテリアに関わるにあたっては、純粋にインテリアが好きだという気持ちを持っていることも大事です。狭い枠内に止まることなく、多様なジャンルのインテリアに興味を持ち、新しいデザインに関心を示して探求していく姿勢は、インテリアデザイナーとして成長していく上で大いにプラスになります。インテリアへの情熱を絶やさず、吸収した知識や経験を自身のデザインにも巧みに反映させてゆくとよいでしょう。

『 体力と気力がある 』

あまり兼ね備えていない

インテリアデザイナーの仕事には、設計をはじめとするデスクワークだけでなく、現場で重たい物を運んだりする作業も含まれています。作業工程によっては、長時間作業を続ける必要が生じることもあるので、大変な時期でも乗り切れる十分な体力が求められます。クライアントの都合や納期に合わせて、柔軟に仕事をこなせる体力と気力を身に付けておくことが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのインテリアデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る