理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

インテリアコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今インテリアコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいインテリアコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

インテリアコーディネーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのインテリアコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は55%で、インテリアコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。インテリアコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

インテリアコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話をすることが好き
2.最新の流行をチェックする意欲がある
3.家具や照明、住宅設備の知識がある
4.新しいことを学ぶのが好き
5.体力に自信がある
6.顧客の要望に添う努力が得意
7.デザインすることが好き
8.数字や計算が得意
9.パソコン作業が得意
10.お金の計算が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と話をすることが好き 』

十分に兼ね備えている

インテリアコーディネーターは、お客様の要望を聞き適したインテリアをアドバイスする仕事です。インテリアの提案だけに留まらず、お客様の話にじっくりと耳を傾けるなどコミュニケーションを多く取る仕事なので、人と接することが好きな人でなければ苦痛を感じてしまうこともあるでしょう。また、施工業者やホームメーカーの担当者と関わる機会も多いため、コミュケーションスキルを磨いておく必要があります。

『 最新の流行をチェックする意欲がある 』

そこそこ兼ね備えている

おしゃれなインテリアは、その都度流行が変わります。数ヶ月単位でお客様が理想とするおしゃれなインテリアのイメージは大きく変わるため、常に流行にアンテナを張り最新の情報を手に入れる努力をしなければいけません。トレンドを常にチェックするだけでなく、インテリア雑誌を読み込んで今話題のインテリアグッズなどに目を向けることができる人は、最新の流行を取り入れたいお客様から信頼されます。

『 家具や照明、住宅設備の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアコーディネーターは、ただ住まいのインテリアを提案するだけでなく、家具や照明のほか、住宅設備に関する説明をお客様にしなければいけません。そのため、住宅に取り入れられる設備関係の知識を多数持ち合わせている必要があります。照明や家具、住宅設備は、日々変化しており最新のものが販売されています。機能性も大きく変わるため、どのような機能があるのか、またメリットやデメリットも知っておくと安心です。

『 新しいことを学ぶのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアコーディネーターは、多数の知識を持ち合わせているうえでお客様にサービスを提供します。新しい知識を取り入れていかなければ、マンネリ化したアドバイスしかできません。他者と被らないオリジナリティ溢れる住まいを手に入れたい方には、古いインテリアのアドバイスでは納得させることはできないでしょう。すべてのお客様を納得させられるように学ぶことを怠らず、お客様の好みに合わせて情報を発信できる力があることが必要です。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

インテリアコーディネーターは、デスクに座って仕事をこなすだけではありません。展示会に足を運ぶことや新しい情報を得るために勉強会に参加します。また、お客様の都合に合わせて打ち合わせをしなければいけないこともあるでしょう。仕事が忙しく夜間しか時間を作れないお客様の場合、遅い時間に打ち合わせをすることもあるので、体力をつけておくことも必要不可欠です。

スポンサーリンク

『 顧客の要望に添う努力が得意 』

十分に兼ね備えている

住宅は、高額な買い物でもあるため、納得いくまでインテリアコーディネーターと打ち合わせしたいという方も少なくありません。お客様の中には、インテリアコーディネーターの提案に納得できず、何度も繰り返し打ち合わせを希望する方もいます。このような時もめげることなく、お客様の要望に添う努力ができる人は、インテリアコーディネーターとして活躍できます。

『 デザインすることが好き 』

あまり兼ね備えていない

インテリアコーディネーターは、絵を描きイメージをお客様に伝えることやお客様の希望に合わせてデザイン案を提出することもあります。絵を描くことやデザインすることが好きという方であれば、ストレスを感じることなく仕事の一つとしてこなすことができますが、描くことが苦手な方は苦痛になってしまうかもしれません。図面や製図のスキルを身につけておくと、活躍の場を広げることができます。

『 数字や計算が得意 』

十分に兼ね備えている

数字を並べることや計算をしてインテリア案を打ち出すことがあります。特に製図する時には、こまかな単位を記入しなければならないため、数字を目にすることが多くなるでしょう。計算をしたうえで間取りに合わせて家具や住宅設備の配置を決めることもあるため、計算に強くなっておくと安心です。さらに、パズルのように家具や住宅設備を当てはめていくので、細かな作業が苦にならない人も適していると言えるでしょう。

『 パソコン作業が得意 』

兼ね備えていない

インテリアコーディネーターは、パソコンのソフトを使って図面や製図をすることがあります。高度なパソコンスキルを身につけることはありませんが、デジタルソフトを使うことに抵抗がある方は苦痛さを感じてしまうでしょう。現在、紙に図面や製図を描くだけでなくソフトを使うケースが増えています。使い方を覚えてしまえば簡単に図面や製図を描けるので、とても便利です。仕事の効率化を図ることもできるため、積極的に最新のソフトを取り入れる努力をする人は無駄を省いて仕事をこなせます。

『 お金の計算が得意 』

あまり兼ね備えていない

お客様の予算に合わせて適切な提案をしなければいけないため、お金の計算が得意な人はインテリアコーディネーターに向いていると言えます。特にインテリア関係の予算は高額となるため、お客様は予算を超えない提案を求めています。おすすめのインテリアを提案した時に予算がオーバーしてしまうと、お客様を納得させることはできません。しっかりと予算に合わせてお金を計算し、お客様を納得させる提案力を身につけることが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのインテリアコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

この適正診断テストでわかること

  • インテリアコーディネーターに向いているか向いていないか
  • インテリアコーディネーターの職業適性度
  • インテリアコーディネーターに必要な10の資質
  • 解説でインテリアコーディネーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターとは、インテリアに関する豊富な知識をもとに、インテリアの計画を提案したり、インテリア商品を選択する上での助言を与えたりする専門職です。

依頼主から住居や暮らし方に対する要望をアバウトにヒアリングした上で、どんな商品を選び、どんなインテリア計画を立てればよいかについて具体的なアドバイスをすることが求められます。

そのため、インテリア関連の専門知識のみならず、優れた傾聴力が求められる職業でもあります。

住まい手のライフスタイルを把握した上で、暮らしやすい住まいにする提案からセッティングまで責任感を持って行う仕事です。

インテリアコーディネーターになるには?

インテリアコーディネーターを職業にするには、必ずしも資格が必要なわけではありません。

必須ではないものの、公益社団法人インテリア産業協会が認定するインテリアコーディネーターの資格を取得しておくのが好ましいとされています。

試験は、筆記式の一次試験と、設計製図試験の二次試験があり、その両方に合格することで資格が取得できます。

インテリアコーディネーターを目指す場合、デザイン系専門学校やビジネス系専門学校が開講するインテリア関連の講座を受講する、通信講座を受講するといった方法で、専門的な知識の幅を増やすとよいでしょう。

独学でも習得できますが、サポート体制の整った専門学校や通信講座で勉強をすれば、設計製図の課題の添削や細かなアドバイスを受けられるというメリットがあります。

インテリアコーディネーターの給料・年収

インテリアコーディネーターの平均年収に関して複数の調査から結果をまとめると、平均年収は約380万円、平均月収は25万円~30万円ぐらいです。

初任給の平均は月収20万円前後、初年度の年収の平均は250万円~300万円程度ですが、インテリア関連の有資格者に対しては、資格手当が支給される企業もあります。

キャリアを積んで、顧客トラブルへの対応を任されるといった責任感のあるポジションになれば、大体500万~600万円ぐらいの年収が得られます。

フリーランスの場合は、実力や評価によっても収入が異なりますが、平均的には400万円以上の年収を得ている人が多く、なかには年に1000万円以上の高収入を得る人もいます。

インテリアコーディネーターの就職・転職先(求人)

インテリアコーディネーターの就業先は幅広く、インテリア関連の商品を取り扱うメーカーやショールームのほか、住宅メーカー、設計事務所などで勤務している人がいます。

有名な上場企業もあれば、個人経営のデザイン事務所やリフォーム店もあり、就業先によって企業規模や福利厚生が大きく異なります。

企業でインテリアコーディネーターとしての経験を積んだ後、独立してフリーで活躍している人も多い職業です。

フリーランスになる場合は、企業で働いている間に築いたクライアントとのコネクションを生かして仕事を獲得するといった努力が求められます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0