理想の就活/転職のための
自己分析サイト

インダストリアルデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今インダストリアルデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいインダストリアルデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのインダストリアルデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は38%で、インダストリアルデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。インダストリアルデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

インダストリアルデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と違う発想ができる
2.好奇心旺盛で興味の幅が広い
3.多角的な視点で物を見られる
4.高いプレゼン能力を備えている
5.誰とでも上手く話せる自信がある
6.芸術的センスが備わっている
7.工学的な知識を持っている
8.協調性がある
9.高い共感力を持っている
10.情報収集を積極的に行っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と違う発想ができる 』

あまり兼ね備えていない

インダストリアルデザイナーは、自動車や航空機などの工業製品のデザインを主な仕事とする職業になります。製品のデザインを考える場合に、意識しなくてはいけないのが肖像権です。市場に出回っているデザインには肖像権が存在するため、消費者が誤認してしまうような似通ったデザインは使用できません。インダストリアルデザイナーは、何もない状態から生み出す発想力が必要になります。

『 好奇心旺盛で興味の幅が広い 』

兼ね備えていない

魅力的なデザインを考える上で基本となるのが製品への興味です。インダストリアルデザイナーは、キャリアを積むことで特定のジャンルのデザインだけを引き受ける専任という働き方ができるようになります。経験の浅い駆け出しの時期は、仕事の選り好みができないため、様々な製品のデザインを引き受けなくてはいけません。魅力的なデザインを考えるには、家電品や自動車など自分の趣味嗜好に関係なく興味を持つことが必要です。

『 多角的な視点で物を見られる 』

そこそこ兼ね備えている

デザイナーを仕事とする人にとって、欠かすことのできないスキルの一つが柔軟性です。ここで挙げる柔軟性とは様々な方向から物を見る、いわゆる多角的視点のことを指します。同じ製品でも視点を変えることで見え方は様々です。一方向からの視点だけでデザインを考えると、全体のバランスが崩れて製品の魅力が半減してしまいます。固定観念に捕らわれずに柔軟性を磨いていくことが一流デザイナーになる秘訣です。

『 高いプレゼン能力を備えている 』

だいぶ兼ね備えている

デザイン関連の仕事は、企業に雇われる以外にフリーランスという働き方もあります。フリーランスのインダストリアルデザイナーとして活動していく場合、クライアントとの契約交渉も自分で行わなくてはいけません。デザイナーとして持っている能力や過去の実績をしっかりとクライアントに伝えることが、契約交渉をスムーズ進めるコツです。自分を売り込むプレゼン能力を身に着けているインダストリアルデザイナーは、効率良く仕事を受注できて長く業界で活躍できます。

『 誰とでも上手く話せる自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

フリーランスのインダストリアルデザイナーとして活躍していくには、同業者と密な関係を築いていくことも大事なポイントです。同業者は仕事を取り合うライバル関係でもあり、切磋琢磨する仲間でもあります。どんなに高いスキルを持ったインダストリアルデザイナーでも、完全なフリーとして活動していくことは難しいのが実情です。年齢や性別を問わず、誰とでも円滑なコミュニケーションができる能力も求められます。

スポンサーリンク

『 芸術的センスが備わっている 』

十分に兼ね備えている

製品のデザインは消費者に魅力を伝えるための大事な情報源の一つです。パッと見で特徴が理解できるわかりやすさ、購入してみたいと思わせるインパクトのあるデザインは、その人が持つ芸術的センスで生み出されます。芸術的センスというと持って生まれた才能と思われがちですが、イン、アウトプットの繰り返しで磨くことは可能です。一流のインダストリアルデザイナーは、慢心せずに常に芸術的センスを磨き続けています。

『 工学的な知識を持っている 』

兼ね備えていない

インダストリアルデザイナーは、家電を始めとした日用品だけでなく、時には航空機や船舶のデザインを依頼されることも少なくありません。燃料を動力にする製品は停止状態はもちろん、実際に動いているシーンをイメージする必要があります。製品ごとに使用される場所や動きが異なるため、工学関連の専門知識も持ち合わせていなければいけません。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

市場で販売されている製品は、様々な分野の人達が関わっています。インダストリアルデザイナーは、依頼を基に0からデザインを考える仕事ですが、製品を作った技術者や販売者の意図も汲み取らなくてはいけません。周りの声に耳を傾けずに自分よがりの仕事をしていると、意見の相違でトラブルが起こることもあります。チームとして一つの目標に向かって進んでいく協調性を持つことも、デザイナーの大事な資質です。

『 高い共感力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

自分が考えたデザインで作られた製品が市場で販売されて、実際に使った人に喜んでもらえることはデザイナーにとってのやりがいの一つです。他人の喜びを自分のことのように考えられる、共感力を持つこともインダストリアルデザイナーに必要な能力と言えます。

『 情報収集を積極的に行っている 』

兼ね備えていない

市場のニーズは時代の移り変わりで目まぐるしく変化していきます。どんなに魅力的なデザインでも、ニーズに一致していなければ消費者に受け入れてもらえません。ただ与えられた仕事を漫然とこなしているだけだと、世の中から取り残されてしまいます。ニュースや新聞など、様々な媒体を利用した情報のアップデートも、インダストリアルデザイナーに必要な作業の一つです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのインダストリアルデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る