理想の就活/転職のための
自己分析サイト

産業カウンセラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今産業カウンセラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい産業カウンセラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの産業カウンセラー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、産業カウンセラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。産業カウンセラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

産業カウンセラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人への興味が強い
2.コミュニケーション能力がある
3.人の話を聞くことのが得意
4.穏やかな会話ができる
5.自己主張が強すぎない
6.忍耐力がある
7.人の秘密を守れる
8.仕事とプライベートの線引きができる
9.学習意欲が高い
10.語彙力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人への興味が強い 』

あまり兼ね備えていない

産業カウンセラーの仕事は、人の話を聞くことが基本です。仕事だけでなく、プライベートも含めた様々な悩み事を、聞き出していかなければなりません。そのため、人に興味を持てることが必要となります。もし、人に興味がなければ、悩み事を聞き出す意力も生まれないでしょう。また、興味がない様子は、態度や表情に出やすいです。そうすると、産業カウンセラーとして信用されなくなって、相手は悩み事を打ち明けてくれなくなるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

産業カウンセラーは、大勢の人と会話をする必要があります。そのため、コミュニケーション能力がなければ務まりません。そして、必要であれば、医療関係者と連携しながら、相談者の問題解決をしていきます。したがって、医療関係者とのコミュニケーションも欠かせません。人見知りで人と話すことが苦手という人や、仕事で接する人を選びたいという人は、産業カウンセラーには向いていません。

『 人の話を聞くことのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

産業カウンセラーは、相談者と会話のやり取りをしますが、原則として聞くことが中心となります。相手の悩みを聞き出し、一緒に解決策を見つけていきます。したがって、人の話を聞くことが得意な人が、産業カウンセラーに向いていると言えるでしょう。普段から人の相談に乗ることが多い、人の話を聞くのが好きという人は、産業カウンセラーとして働くことを考えてみると良いです。

『 穏やかな会話ができる 』

だいぶ兼ね備えている

産業カウンセラーは、落ち着いた会話ができる人が向いています。優しい雰囲気で接することができる人は、大勢の人が心を開きやすいです。そうして、悩み事を早めに打ち明けてもらって、スムーズな解決ができる可能性があります。もし、攻撃的な言葉を積極的に使用して、なおかつ大きな声で話すような人が相手だと、相談者は抵抗感を抱いてしまうでしょう。そうすると、悩み事を打ち明けてもらうことが難しくなります。

『 自己主張が強すぎない 』

十分に兼ね備えている

産業カウンセラーの仕事はあくまでも、相手の話を聞くのが基本です。産業カウンセラーが話すのは、相手の話を引き出したり、アドバイスをしたりすることが目的です。自分が話したいことを話すのは、産業カウンセラーの仕事ではありません。そのため、相談者が話している途中で口を挟んだり、相手のことを考えずに自分の意見を押し付けてしまったりする人は、産業カウンセラーには向いていないです。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

産業カウンセラーに相談する人の中には、悩みを抱えているけれども、その悩みを簡単に打ち明けられないという人が多いです。そういった人が相手だと、まずは心理的な距離感を縮めるところから始めなければなりません。そして、少しずつ歩み寄ることで、相手は次第に心を開いてくれるようになります。つまり、問題解決にはとても長い時間がかかります。したがって、長い時間かけて相手と距離を縮められる、忍耐力のある人が、産業カウンセラーに向いています。すぐに問題を解決しようとして、相手と一気に距離を近付けたり、無理に悩み事を聞き出したりする人は向いていません。

『 人の秘密を守れる 』

そこそこ兼ね備えている

産業カウンセラーは、相談してくる人のプライバシーに関わることを聞かされることも珍しくありません。そういったことは、決して誰にも話してはいけません。産業カウンセラーには、守秘義務があるからです。もし、相談者の秘密を周囲に漏らしてしまったら、相談者の信頼を失うだけではなく、産業カウンセラーとして働くことが不可能になる恐れもあります。したがって、人の秘密は、何があっても守れるという人が、産業カウンセラーに向いています。

『 仕事とプライベートの線引きができる 』

だいぶ兼ね備えている

産業カウンセラーでは、相手に親身になることが大切です。しかし、親身になりすぎるのは良くありません。相談内容の中には、非常に重い悩み事もあります。それを聞かされて、自らもひどく落ち込んでしまうような人では、産業カウンセラーは務まりません。あくまでも仕事として、プライベートとの線引きができる人が、産業カウンセラーに向いています。

『 学習意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

産業カウンセラーは、資格を取得することで名乗ることができます。その資格を取得するためには、試験に合格しなければならず、勉強が必要となります。そして、資格を取得したら、勉強はしなくて済むというわけではありません。カウンセリングには正解はなく、より大勢の人の悩み事を解決するためには、相談者の仕事に関する知識や、カウンセリングの技術など、色々なものを身に付けなければなりません。そのため、産業カウンセラーとして向上心を持ち、常に勉強をし続けられる意欲がある人でなければ、産業カウンセラーは務まらないでしょう。

『 語彙力がある 』

あまり兼ね備えていない

産業カウンセラーは、相談者に的確なアドバイスを出さなければなりません。また、場合によっては、自身の考えを相談者に伝えなければならないこともあります。そのためには、豊富な語彙力が必要となります。もし、語彙力がなければ、アドバイス自体が困難となります。また、自身の考えを明確にできず、相談者を不安にさせてしまうでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの産業カウンセラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る