理想の就活/転職のための
自己分析サイト

皇宮護衛官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今皇宮護衛官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい皇宮護衛官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの皇宮護衛官適性診断結果

あなたの適性度は49%で、皇宮護衛官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。皇宮護衛官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

皇宮護衛官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.使命感が強い
2.礼儀正しい
3.忍耐強く集中力がある
4.危機に際して素早く行動できる
5.健康で体力に自信がある
6.柔軟な思考ができる
7.勤務地にこだわらない
8.職務上の格闘に抵抗がない
9.どのような職務でも全力で遂行できる
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 使命感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

皇宮護衛官には皇室を守る確固たる使命感が求められます。皇宮護衛官は警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属し、天皇皇后両陛下と皇族方の護衛、皇居や御所などの警備を主な仕事とする国家公務員です。そして、皇室を守る任務を専門で行う組織は皇宮警察本部しかありません。日本国と日本国民統合の象徴である天皇陛下、皇室は日本文化の象徴ともいえる存在であり、日本文化への深い愛着があることも使命感につながり、皇宮護衛官に向いているといえるでしょう。

『 礼儀正しい 』

あまり兼ね備えていない

皇宮護衛官はその職務上、より礼儀正しさが求められる職業です。天皇皇后両陛下の護衛のみならず、外国から招いた賓客などが皇宮護衛官の姿を見る機会も少なくないため、皇宮護衛官の立ち居振る舞いが日本の評価につながるといっても過言ではありません。また、皇居を訪れる一般国民が見て、礼儀正しい皇宮護衛官の姿は安心感につながるものです。したがって、礼儀正しく教養のある振る舞いができる人は皇宮護衛官に向いているといえます。

『 忍耐強く集中力がある 』

十分に兼ね備えている

皇宮護衛官の仕事はかなりハードなものだといってよく、激務に耐える忍耐力と集中力が必要です。たとえば、天皇皇后両陛下や皇族方の側衛の任務は緊張の連続で、神経をすり減らすほどの激務だといわれています。また、皇居正門前での警備で知られる儀仗の任務は、直立不動の姿勢を長時間保つなど、見た目のかっこよさだけでは語れない厳しいものです。このような任務を遂行可能な忍耐力と集中力がある人は皇宮護衛官に向いています。

『 危機に際して素早く行動できる 』

だいぶ兼ね備えている

皇宮護衛官はいざというときに素早く行動する必要があります。天皇皇后両陛下や皇族方、皇居や御所などに何らかの危機が生じたり、生じる可能性を感じとった時には、自らの危険を顧みることなく、それでいて無謀ではなく冷静沈着に立ち向かう行動力が必要です。現実の危機に際して行動力を発揮するには、普段の厳しい訓練が必要であり、行動力があり訓練に耐えられる人は皇宮護衛官向きといえます。

『 健康で体力に自信がある 』

兼ね備えていない

皇宮護衛官の仕事は基本的に体力勝負です。しかし、体力に自信があると同時に、健康でなければ勤まらない職種だといえます。体力はあるものの持病を抱えているといった場合は、重要な任務の最中に持病の具合が悪くなる恐れがあるため、皇宮護衛官を目指しており、持病があるという人は早めに治療したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

『 柔軟な思考ができる 』

兼ね備えていない

柔軟な思考ができることも皇宮護衛官には重要な要素です。想定外の事態が生じ、瞬時の判断が求められることが無いとはいえません。その際に、適切な判断ができるかどうかは思考の柔軟性によるところが大きいといえるでしょう。また、ちょっとした変化にも敏感であればあるほど、任務を成功させやすいといえる繊細な仕事です。

『 勤務地にこだわらない 』

そこそこ兼ね備えている

限られた勤務地に対応できる点は、皇宮護衛官に必要な条件といえます。皇宮護衛官は都道府県警察の警察官とは異なり、自分の好きな都道府県を選ぶというわけにはいきません。皇宮警察本部が管轄する勤務場所があるのは、皇居や御用地などがある東京都に加え、栃木県、神奈川県、静岡県、京都府、そして奈良県の6都府県のみです。他の41道府県で勤務したい人には合っておらず、採用時に行われる皇居内の皇宮警察学校での訓練が可能で、その後は6都府県のどこに配属されても対応できる人が向いています。

『 職務上の格闘に抵抗がない 』

そこそこ兼ね備えている

職務上の格闘に抵抗がないことも皇宮護衛官に向いている要素です。皇宮護衛官は警察官とは異なり、普段は事件現場に遭遇することがほとんどないといえます。しかし、その滅多にない事態に即応できるのが皇宮護衛官です。天皇皇后両陛下や皇族方を襲ってくる犯人や、皇居や御用邸などに侵入してくる犯人と格闘することがないとはいえません。そのために、皇宮警察学校では逮捕術や武道の訓練を行っており、配属後も訓練を欠かせません。

『 どのような職務でも全力で遂行できる 』

そこそこ兼ね備えている

どのような職務でも全力で遂行できることは、皇宮護衛官として重要です。皇宮護衛官の仕事は多岐にわたっています。誰もがイメージする護衛などの仕事だけではありません。皇宮警察本部という組織の中で、事務方の仕事も当然あります。キャリアを積む中で皇宮警察学校の教官になることもあるでしょう。また、警察官とは異なり消防の仕事もあるのが皇宮護衛官です。場合によっては警察庁、都府県警察への出向や海外での勤務もあります。それぞれの場所でどのような職務でも遂行できる人が皇宮護衛官に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

皇宮護衛官は高いコミュニケーション能力を必要とする職業です。皇宮警察の仕事が1人でできるものではないことは当然として、わずかなコミュニケーションのミスが重大事につながってしまうおそれがあります。コミュニケーションの大切さは皇宮護衛官に限った話ではないものの、職務の性質上、より高いコミュニケーション能力が必要です。とはいえ、そこまで高いコミュニケーション能力をはじめから備えている人は多くないかもしれません。一般的に問題のないコミュニケーション能力があれば、仕事を通じて磨いていくこともできるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの皇宮護衛官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る