理想の就活/転職のための
自己分析サイト

入国審査官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今入国審査官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい入国審査官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの入国審査官適性診断結果

あなたの適性度は52%で、入国審査官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。入国審査官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

入国審査官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.法律の知識がある
2.細かいことを見逃さない
3.責任感がある
4.偏見を持たない
5.冷静に物事を対処できる
6.臨機応変に対処できる
7.海外の文化や風習に興味がある
8.語学ができる
9.パソコン等の事務作業が得意
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 法律の知識がある 』

あまり兼ね備えていない

入国審査官の基本的な仕事は、海外から日本に入国しようとする人に対し、パスポートやビザなどにおいて適切な申請を行っているかを確認し、入国できるかどうかを決定することです。入国の可否は「出入国管理及び難民認定法(通称・入管法)」という法律に基づいて判断されるので、入国審査官は法務の知識が豊富である必要があります。

『 細かいことを見逃さない 』

十分に兼ね備えている

海外からの入国を希望する人は、パスポート(旅券)やビザ(査証)を提示して内容に不備がないかや、期限が切れていないかといったことをチェックされます。ちょっとした不備を隠して審査をかいくぐろうとする人から、偽造したパスポートなどを用いて不法入国を試みる人まで様々いることが想定されます。このため、入国審査官は常に細かいことを見逃さない、緻密なことを得意とする人に向いているでしょう。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

入国審査官は国における門番のような役割を担っています。厳正な審査によって、日本の安全を脅かすような人物を入国させないように食い止めることができるからです。もしも入国審査官が相手を不正に入国させるようなことがあれば、大変な問題になることでしょう。そのような立場をよくわきまえて、全ての入国希望者に対して、責任をもって審査に臨めるような人に向いていると言えます。

『 偏見を持たない 』

十分に兼ね備えている

入国希望者は世界各地から日本へとやってくるので、入管法に基づいて一人ひとりを審査していく必要があります。必要なのは提出されたパスポートなどの書類と、法務に基づいた判断のみです。例えば、「この国の人は危険人物が多そうな気がする」といったような、誤った偏見を持つような人は入国審査官に向いているとは言えないでしょう。誤ったバイアスがかかってしまうことで公平な判断が難しくなり、大きな問題に繋がりかねないからです。

『 冷静に物事を対処できる 』

だいぶ兼ね備えている

入国審査を行う際、不備を指摘された相手が激高するようなケースは珍しくありません。あるいは、どうにかして入国をするために、涙を流して見せたり、同情を引き出して見せたりする人もいるかもしれません。色々な理由から感情的になっている人を前にしても、一貫して毅然とした態度をとれる冷静沈着さが重要です。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対処できる 』

兼ね備えていない

不法入国者の入国を防ぐことが入国審査官の一番重要な仕事ですが、ただひたすら機械的に審査を行うだけでなく、困っている人がいれば声をかけて誘導できるような臨機応変さが大切です。例えば日本語をうまく聞き取れない人には、より簡単な日本語を用いてみたり、英語などで話しかけたりするなど、相手の様子に合わせた対応ができると良いでしょう。

『 海外の文化や風習に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

入国可否を判断する基準は法律によって定められていますが、入国を希望する人たちの出身や経歴によって、文化や風習はそれぞれ異なります。その中には入国審査官として避けたいような事柄、例えば、とある仕草は多くの日本人にとって気にならないが、ある国の人にとっては侮辱行為に捉えられてしまうことで、無意識にその仕草をしてしまった結果トラブルになった、といったケースもあり得るでしょう。同じジェスチャーでも全く意味が異なるようなケースは珍しくないので、色々な国に対して興味を持ち、理解を深めていくことが大切です。

『 語学ができる 』

あまり兼ね備えていない

日本における入国審査官は必ずしも語学堪能である必要はありません。基本は日本語で対応することに加えて、詳細を確認する場合は、専任の通訳を通してコミュニケーションをとることができるからです。しかし、やはり毎日の業務を行う上では英語を始めとして、外国語ができる人の方がよりやりやすいでしょう。入国審査官になった後で語学研修や在勤地研修などもあるので、語学習得に意欲があることが大切です。

『 パソコン等の事務作業が得意 』

十分に兼ね備えている

入国審査官は人の面前で審査をする仕事だけではなく、入国後に在留期間を超過して滞在する「不法残留者」や、許可条件に反して労働を行う「不法就労者」などがいないかを調査して、違反者に対して退去強制令書などを発行する仕事もあります。こういった業務は基本的に、パソコンを使って行うことが多いので、座って行う事務的な作業が得意な人におすすめでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

入国審査時、違和感を覚えた相手に対して最初から高圧的な態度をとるのではなく、さりげない質問などを重ねて、その受け答えから違反者ではないかを探ることは珍しくありません。直接的に尋ねてしまうと、相手が「自分は疑われているのか!」と気分を害してしまうこともあるでしょう。そういったトラブルを防ぎつつ、審査の目をかいくぐって不法入国をたくらむ犯人を暴き出すためには、コミュニケーション能力の高さが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの入国審査官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る