理想の就活/転職のための
自己分析サイト

入国警備官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今入国警備官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい入国警備官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの入国警備官適性診断結果

あなたの適性度は53%で、入国警備官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。入国警備官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

入国警備官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感が強い
2.国際情勢に関心がある
3.語学力がある
4.国際感覚がある
5.体力がある
6.オンオフの切り替えがうまい
7.勇気ある行動を取れる
8.不規則な勤務時間でもOK
9.身に危険が及ぶ覚悟で仕事できる
10.法律の知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正義感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

入国警備官に向いている人の特徴というと、正義感が強いことが挙げられます。そもそも入国警備官とは、入管法に違反している外国人を取り締まるのが主な仕事です。入国警備官の働きによって日本の平和や安全が守られるため、正義感や使命感なくして仕事をこなせません。よって、悪い行為は絶対に見過ごせないという正義感のある性格の方が向いています。

『 国際情勢に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

国際情勢に関心がある人も入国警備官に向いていると言えます。入管法に違反する外国人のほとんどは、その背景に何かしらの事情を抱えています。例えば、母国の生活環境が悪くてより良い環境を求めて不法に在留しようとする人、母国の就労環境が悪くて日本でお金を稼ごうとする人などです。国際情勢をある程度学んでおくことで、なぜその外国人が日本に不法在留しようとしているのか理解できます。したがって、海外で何が起こっているのかを自ら学ぼうとする姿勢がある人は入国警備官に向いています。

『 語学力がある 』

十分に兼ね備えている

入国警備官として活躍するに当たり、語学力も必要なスキルと言えるでしょう。入国警備官は外国人を相手にするため、語学力がないとスムーズに仕事ができません。また、語学力があれば周囲の人からの信頼を得られるので、業務の幅を広げられます。一口に語学力といっても様々な言語がありますが、英語はもちろん中国語や韓国語などのスキルが役立ちます。

『 国際感覚がある 』

十分に兼ね備えている

国際感覚があることも入国警備官として働く上で必要なスキルです。入国警備官は、日本とは違う様々な宗教や文化、考え方、経済的な背景がある外国人に対応する仕事です。外国人を取り締まるに当たり、日本人の感覚では理解しにくいケースも少なくありません。日本では常識的なことでも、外国ではそうではないケースも数多くあります。そのため、海外と日本の価値観の違いをきちんと理解し、国際的な視点で対応できるスキルが入国警備官には求められます。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

入国警備官とは、入管法に違反する外国人を調査・摘発・収容するのが主な仕事です。外国人の中には違法薬物の密売、重要な犯罪に関係している人も少なくなく、抵抗する外国人の身柄を拘束しなければならない事態もあります。そのため、相手を拘束するための体力は必要不可欠といえます。また、入国警備官は早朝から深夜まで長時間にわたって仕事をしなければいけません。つまり、体力がないとやっていけないので、体力があることが必要なスキルといえます。

スポンサーリンク

『 オンオフの切り替えがうまい 』

だいぶ兼ね備えている

入国警備官の仕事をこなすためにはオンオフの切り替えをうまくできるスキルも求められます。入国警備官は外国人を相手にするため、言葉がスムーズに伝わらなかったり、日本とは価値観や考え方が大きく異なったりするなど苦労を感じるケースが多いです。入管法に違反した人物の調査をきちんと行い、自国に送還するまでには多大な労力が必要です。毎日の仕事でストレスを抱えやすいので、オンオフの切り替えがうまいことが求められます。

『 勇気ある行動を取れる 』

兼ね備えていない

勇気ある行動を瞬時に取れることも入国警備官として働くために必要です。るそもそも入国警備官は、入管法の違反者を取り締まるのが仕事です。ただ違反者の摘発を行うに当たって誰もが素直に取り調べに応じるわけではなく、いきなり暴れる可能性もあります。つまり、違反者の出方によっては、体を張って立ち向かわなければいけないことがあるというわけです。自分の役割を全うするために勇気ある行動を瞬時に取れるスキルは入国警備官として必要です。

『 不規則な勤務時間でもOK 』

十分に兼ね備えている

入国警備官に向いている人の特徴というと、不規則な勤務時間でも大丈夫なことが挙げられます。入国警備官の仕事は、早朝から深夜までというように長時間勤務になるケースが多いです。また、違法者に関して有力な情報があれば、深夜まで取り締まりをすることが日常茶飯事です。勤務時間は不規則なことから、入国警備官は決まった時間通りに仕事をこなしたい人には向いていません。

『 身に危険が及ぶ覚悟で仕事できる 』

そこそこ兼ね備えている

覚悟を持って仕事ができることも入国警備官として不可欠なスキルです。入管法の違法者を摘発するに当たり、逃亡や激しく抵抗をするケースも珍しくありません。入国警備官は、日々、危険をともなう業務に対応しなければならず大変です。困難な事態に直面するケースもあるので、入国警備官として活躍するには覚悟を持って仕事を行う必要があります。

『 法律の知識がある 』

あまり兼ね備えていない

入国警備官として活躍するには、法律の知識を兼ね備えていることも大事です。例えば、国際法、出入国管理及び難民認定法、国籍法などです。法律の知識を頭に入れておくことで、違法者を取り締まる際に法に従って冷静に公正に判断できるからです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの入国警備官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る