理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

イラストレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今イラストレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいイラストレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

イラストレーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのイラストレーター適性診断結果

あなたの適性度は58%で、イラストレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。イラストレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

イラストレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.絵を描くことが好き
2.向上心がある
3.時間管理ができる
4.集中力がある
5.オリジナル作品を生み出す力がある
6.メンタルが強い
7.デジタルソフトを使いこなせる
8.コミュニケーションスキルがある
9.人の意見に耳を傾けられる
10.自ら積極的に行動できる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
イラストレーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 絵を描くことが好き 』

十分に兼ね備えている

イラストレーターとして活躍するには、何よりも絵を描くことが好きでなければいけません。イラストを描いて収入につなげていくため、一日中絵を描いていても飽きないという方にピッタリです。イラストレーターは、雑誌や広告など幅広い媒体に挿絵を提供する仕事です。そのため、絵を描くことが好きでなければモチベーションを維持しながら仕事をすることはできません。イラストを描くことが苦手という方や挿絵を考えることがストレスという方には不向きな職業と言えるでしょう。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

より良いイラストを提供できるように常に向上心を持ち続けなければいけません。今よりもセンスの良いイラストを描くために勉強を続ける努力が必要です。たとえば、色彩やデザインのセンスはプロのイラストレーターに求められるスキルです。依頼主の要望に応えられるよう向上心を持ち、スキルアップを目指す努力ができる人は活躍のチャンスを掴めるでしょう。

『 時間管理ができる 』

兼ね備えていない

イラストレーターは、主に一人でコツコツとこなす仕事であるため、時間やスケジュールをしっかりと管理できる人が向いています。時間管理を疎かにしてしまう方は、納品までに仕事を終わらせることができず依頼主からの信用を失います。そのため、一人で仕事をこなす時にもテレビを観る、スマホをいじるといった誘惑に負けない強い精神力が必要です。

『 集中力がある 』

十分に兼ね備えている

依頼主にイラストを提供する際には納期が設けられていることがほとんどです。そのため、集中力を維持し効率良く仕事をこなし、長時間にわたり集中力を維持する力が求められます。万が一、納期に間に合わないといった困ったトラブルが発生してしまった時には契約を解除されることもあるので注意が必要です。デスクに座って集中することが苦手という方は、イラストレーターの仕事が大きなストレスになってしまうでしょう。

『 オリジナル作品を生み出す力がある 』

十分に兼ね備えている

雑誌や広告で使用する挿絵は、オリジナル作品であることが必須です。他者のイラストを参考に挿絵を描いて提供してしまうと、著作権侵害にあたりトラブルになる可能性があるため注意しなければいけません。イラストレーターは、ジャンルを問わずさまざまな作品を手掛けていく仕事です。オリジナリティのある作品を求められるので、イラスト技術を向上させる努力が必要になるでしょう。

スポンサーリンク

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

新しいイラストを描くことやオリジナリティを生み出すだけでなく納品を守るなど、イラストレーターには多くの重圧があります。毎日のように新しい作品を生み出していかなければならないため、プレッシャーに負けないメンタルの強さが必要です。また、依頼主の希望に添わない時には、修正を求められることもあります。修正を言い渡されても楽しみながら取り組める力をつける必要があるでしょう。

『 デジタルソフトを使いこなせる 』

そこそこ兼ね備えている

近年では、デジタルソフトを使ってイラストを描く技術が求められています。ただ、イラストが描けるだけではなく、ペイントソフトやデザイン用のソフトなどデジタルイラストに関する知識が必要になることもあります。そのため、機器操作が苦手という方は要注意です。常に時代に添った方法で仕事をこなせる対応力を身につけなければいけません。新しいソフトやイラストの提出方法に目を向け、依頼主が希望する方法に添えることが大切です。

『 コミュニケーションスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

イラストレーターは、一人でコツコツとこなす仕事というイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし、依頼主との打ち合わせで発言を求められることもあるため、基本的なコミュニケーションスキルが必要です。意見を求められた時に自分の意思をしっかりと伝えることで、依頼主から「一緒にしたい」と思ってもらえます。自分の意見を言うことが苦手な方は、提案力を身につけるなど打ち合わせでプレッシャーに負けない努力をすることが大切です。

『 人の意見に耳を傾けられる 』

十分に兼ね備えている

イラストレーターは、自分の書きたいイラストを描くだけでなく依頼主の要望に合わせて仕事をこなしていかなければいけません。そのため、人の意見に耳を傾けて要望に添える力があると信用を得ることができます。どんなに素晴らしいイラストを描くことができても、依頼主の要望に合わせることができなければ契約を解除されてしまうこともあるので注意しましょう。

『 自ら積極的に行動できる 』

そこそこ兼ね備えている

イラストレターの仕事を得続けるには、ただ待っているだけでは仕事を持ち続けることは難しくなります。フリーで活躍するイラストレーターも増えていますが、個人で仕事を契約まで結びつけるには自ら積極的に行動し契約を交わす努力が必要不可欠です。根気よく応募する力があるのはもちろん、自己アピール力を持ち合わせていることもイラストレーターに欠かせない素質です。仕事のオファーが来るのを待ち続けているという受け身タイプの方は、積極的に行動することを心掛けていきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのイラストレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
イラストレーター適性診断を受ける(2分)

\イラストレーターのなり方を詳しく解説/

イラストレーターのなり方

この適正診断テストでわかること

  • イラストレーターに向いているか向いていないか
  • イラストレーターの職業適性度
  • イラストレーターに必要な10の資質
  • 解説でイラストレーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

イラストレーターとは?

イラストレーターとは新聞や雑誌などの紙媒体やウェブサイト、ソーシャルメディアなどに掲載するイラストを作成する人を指します。

企業やメディアなどのクライアントから依頼を受け、希望に合わせたイラストを作成するのが主な仕事です。

商品やサービスの魅力をイラストで伝えたり、掲載する文章に合わせた内容のイラストを作り出します。

自分が描きたいイラストを描くのではなく、あくまでも依頼主の要望に合わせてイラストを描き上げるのがイラストレーターの業務です。

クライアントから修正の依頼があれば描き直し、OKを貰ってはじめて仕事は終了となります。

イラストレーターになるには?

イラストレーターになるために必要な学歴や資格はありません。

ただ専門的なイラストの知識があれば仕事に有利になることもあるので、絵画を学ぶことが出来る芸術大学やイラストを学べる専門学校を卒業しているイラストレーターも多いです。

また必ず持っていなければならないと言う訳ではないのですが、あれば役に立つ資格も存在します。

「Photoshopクリエイター能力認定試験」や「Illustratorクリエイター能力認定試験」はその代表的な資格で、イラストレーターに必要なスキルの持ち主だと言うことをアピール出来ます。

Photoshopクリエイター能力認定試験は画像編集ソフトである「Photoshop」の操作技術があること、Illustratorクリエイター能力認定試験はグラフィック制作ツールである「Illustrator」の操作スキルを持ち合わせていることをアピールすることが可能になるのです。

イラストレーターの給料・年収

イラストレーターの年収は複数の調査によると350万円から500万円です。

イラストレーターとして働きはじめて初年度の年収の平均は200万円から250万円程度です。

制作会社やプロダクションに所属していればその他にもボーナスや残業代、資格手当などが支給されるケースもあります。

イラストレーターの仕事は経験を積めば年収も少しずつ上がり、人気イラストレーターとして成功すれば年収が500万円以上になることも夢ではありません。

会社やプロダクションには所属せず、フリーランスとして働いている人の中には年収が1,000万円を超える場合もあります。

イラストレーターの就職・転職先(求人)

イラストレーターとして働く人たちは制作会社やプロダクションに所属し仕事をこなす場合と、独立してフリーランスとして働くケースと大きく2つに分かれます。

制作会社やプロダクションの中でも求人が多く出ているのはゲームの制作会社で、イラストレーターを大量に採用している企業も珍しくありません。

その他にもスマートフォンの普及によってアプリケーション開発関係の会社もイラストレーターの需要があります。

独立してフリーランスとして働いている人たちの多くはいきなりフリーランスとして働きだしたのではなく、制作会社やプロダクションで経験を積んでから独立しているのです。

独立をした場合は自分自身で仕事を探す必要があります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0