理想の就活/転職のための
自己分析サイト

人材コーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今人材コーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい人材コーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの人材コーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は60%で、人材コーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。人材コーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

人材コーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.様々な業界の動向に詳しい
2.人のために行動をすることが好き
3.分かりやすい説明ができる
4.時間やタスクの管理が得意
5.接客の仕事が得意
6.上昇志向が強い
7.転職にそれほど抵抗がない
8.パソコンを上手く扱える
9.仕事に使える資格を持っている
10.数時間の残業も難なくこなせる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 様々な業界の動向に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

人材コーディネーターは、派遣会社や人材紹介会社に属する専門職の一つであり、企業と求職者の橋渡しとしての役割が期待されています。様々なニーズを持った企業と求職者を上手くマッチングするには、普段からITやメーカー、小売、飲食といったあらゆる業界の動向を把握する必要があります。また、日々の業務やセミナーなどの機会を通じて、各業界の人材獲得に向けた取り組みについて理解を深めることも大切です。

『 人のために行動をすることが好き 』

だいぶ兼ね備えている

派遣会社や人材紹介会社で働く人材コーディネーターの仕事内容は多岐にわたりますが、中でも登録者に対する求人の紹介は重要な業務の一つと言えます。また、求職者の内定が決まった際には直接感謝の言葉をかけられることもあり、他人のために行動することが好きな人にとって魅力のある職種です。なお、勤め先や配属先によって、コーディネーターの役割は異なるため、なるべく自分の適性や好みに合う仕事を担当できるところに就職をすることが大事です。

『 分かりやすい説明ができる 』

だいぶ兼ね備えている

人材コーディネーターは、仕事上で企業の経営者や人事担当者、求職者など多くの人と関わるうえで、どのような場面でもわかりやすく説明できるスキルが求められます。特に、採用後のミスマッチを最小限に防ぐには、企業側の担当者に入社を希望する求職者の学歴や職歴、保有資格、得意分野などを正確に理解してもらう必要があります。そうした中、誤解を招くことが無いよう、普段から伝え方に気を使ったり、社内で先輩のコーディネーターにアドバイスをもらったりすることが大事です。

『 時間やタスクの管理が得意 』

十分に兼ね備えている

人材コーディネーターは、一人前になってからは勤務先で独立して企業や求職者からの相談対応やマッチングといった業務を担当する場面が多くなります。そのため、チームワークがあまり得意でない人も気兼ねなく仕事を進めることができますが、一方で常に時間やタスクの管理をきちんと行わねばなりません。そこで、仕事中だけでなく私生活でも時間を守ることを心がけたり、自分の能力や経験に合わせてクライアントからタスクを引き受けたりすることが肝心です。

『 接客の仕事が得意 』

だいぶ兼ね備えている

人材コーディネーターは、対面で色々な人と打ち合わせをする機会が多いため、新卒でコーディネーターとして就職をした人だけでなく、接客業に長く従事していた人も力を発揮することができます。大手の派遣会社や人材紹介会社の中には、コーディネーターの実務経験が無くても、接客業のキャリアがある人を好条件で採用しているところも珍しくありません。そのため、接客業から他の職種にキャリアチェンジしたい時には、人材コーディネーターを候補に入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

『 上昇志向が強い 』

あまり兼ね備えていない

人材コーディネーターが在籍している企業の中には、年齢や性別、経験などに関係なく、職場内での実績や上司からの評価によって収入が決まるところも多く見られます。たとえば、上昇志向が強く、キャリアアップの意欲が高い人については、大手から中小まで多くの企業内で将来有望なコーディネーターとして重宝される傾向があります。

『 転職にそれほど抵抗がない 』

十分に兼ね備えている

人材コーディネーターは、一つの企業で長く働き続ける人は少なく、キャリア形成や収入アップのために、数年勤めた後に同業他社へ転職を希望する人が目立ちます。また、人材コーディネーターの中途採用を行っている企業の中には、従業員の過去の転職回数を重要視しないところも多く、職場を転々としている人もハンデを感じることなく採用試験にチャレンジしやすくなっています。

『 パソコンを上手く扱える 』

そこそこ兼ね備えている

人材コーディネーターは、企業の求人や求職者のプロフィール登録など、毎日の業務の中でパソコンやタブレット端末などを操作することがあります。そのため、スムーズに事務作業をこなすうえで、一通りのパソコンやタブレット端末の主な機能や操作方法を覚えておくことが大事です。なお、企業によっては、人材コーディネーターの採用に際して情報処理の基本的なスキルを求めるところもあります。

『 仕事に使える資格を持っている 』

あまり兼ね備えていない

人材コーディネーターとしてのスキルやキャリアをクライアントや上司、同僚などに評価してもらうには、長くキャリアを積むのはもちろんのこと、仕事に直結する資格を取得するのも有効です。特に、キャリアコンサルタントの資格や検定については、取得までに費用や時間が掛かることもありますが、就職や転職だけでなく昇進昇格の際に役立ちます。

『 数時間の残業も難なくこなせる 』

そこそこ兼ね備えている

人材コーディネーターは、クライアントや求職者の都合により、定時に担当している仕事が終わらず、残業が長引いてしまうこともあります。そこで、人材コーディネーターの仕事に興味がある場合は、就職前に数時間の残業をこなせる体力や精神力を身に着けておくことが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの人材コーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る