理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ハウジングアドバイザーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ハウジングアドバイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいハウジングアドバイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのハウジングアドバイザー適性診断結果

あなたの適性度は47%で、ハウジングアドバイザーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ハウジングアドバイザーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ハウジングアドバイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.住宅関連の知識を得るのが好き
2.洞察力がある
3.忍耐力がある
4.資格取得の勉強を頑張れる
5.正確に書類を作成できる
6.子どもと接するのが苦でない
7.体力がある
8.コミュニケーション力がある
9.土日出勤することに問題がない
10.街や地域の情報を調べるのが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 住宅関連の知識を得るのが好き 』

兼ね備えていない

ハウジングアドバイザーは、住宅購入を検討している人に対して様々な視点からアドバイスやサポートを行います。住宅そのものについての知識はもちろんのこと、住宅購入資金やローン、税金、各種優遇措置などについても常に新しい情報を仕入れて、的確な情報提供を行うことは、顧客のよりよい住宅購入につながっていきます。したがって、住宅購入に必要となる情報にアンテナを張り、職場の同僚とも情報共有していきましょう。

『 洞察力がある 』

あまり兼ね備えていない

よりよい住宅購入の実現に向けて欠かせないのが、顧客のニーズを正確にくみ取ることです。住宅購入は初めてという顧客も少なくありません。希望があいまいであることもありますし、物件を見て回るうちにどのような住宅が良いのか分からなくなることもあるでしょう。そのようなときに、客観的かつプロの視点から顧客のニーズに合った物件を提案していくのがハウジングアドバイザーです。言葉にできていない部分もくみ取り、押し付けにならないように注意しながら、アドバイスを行っていきます。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

住宅購入は一生に一度の大きな買い物であることも少なくありません。人生の多くの時間を過ごしていく場所でもあります。ですから、簡単に決断することは難しく、購入に至るまでには時間がかかることもあるでしょう。何度も同じ話合いをすることもあれば、一度決まったことが白紙となることもあるかもしれません。そのようなときにも、焦らずに顧客の気持ちに寄り添う忍耐強さが求められます。

『 資格取得の勉強を頑張れる 』

そこそこ兼ね備えている

ハウジングアドバイザーには特別な資格は必要ありません。ですが、持っていると就職に有利な資格もあります。宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどです。就職すると名詞に保有資格が記載されることもありますので、資格があることで顧客の信頼度が高まるという面もあります。また、CADでの図面作成が必要な職場もあります。

『 正確に書類を作成できる 』

だいぶ兼ね備えている

住宅購入が決定すると売買契約の手続きをする必要があります。その際には、多くの書類を期日までに正確に作成しなければなりません。書類が作成できたら繰り返し確認し、必要であれば同僚に二重チェックをしてもらうなどして、毎回正確な書類作りを心がけます。他にも、顧客の要望で資料を作成する場合もあります。正しい情報を提供できるよう、資料作成後は客観的にチェックする作業を加えるようにします。

スポンサーリンク

『 子どもと接するのが苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

子供が生まれたことで住宅購入を考えるという人も多くいます。したがって、幼い子供や赤ちゃんを連れての商談や、物件巡りの場面もあるでしょう。子供がリラックスできる雰囲気づくりをすることで、顧客である親は住宅について集中して考えることができます。時には、子供の機嫌が悪くて商談が中断することもあるかもしれません。そのようなときには無理をせず柔軟に対応するようにしましょう。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

不動産は生ものとも言われ、良い物件はすぐに購入が決まることもあります。「物件が出たタイミングですぐに見学に行きたいが、仕事の都合で夜間でないと時間を取れない」など、顧客の要望によっては夜間や早朝の対応を求められることもあります。また、不動産業界の繁忙期である1~3月、9~10月は休みがなかなか取れないこともあるかもしれません。日頃から体力をつけるような習慣を心がけるとよいでしょう。

『 コミュニケーション力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ハウジングアドバイザーの就職先は、不動産会社やハウスメーカー、仲介業者などがあります。仮に不動産会社に就職した場合、ハウスメーカーや仲介業者と連絡を取り合い、必要な情報を得ることも重要な仕事です。ハウスメーカーあるいは仲介業者に就職した場合も同様です。銀行や司法書士など、他職種との連絡が必要なこともあります。顧客だけでなく、様々な人と接していくコミュニケーション力が求められます。

『 土日出勤することに問題がない 』

そこそこ兼ね備えている

ハウジングアドバイザーは、土曜や日曜などの世間が休日の日は出勤である場合が多いです。そのため友人と休みを合わせづらい場合があります。家庭の事情など土日に休む必要がある場合には、就職前であれば面接時に相談し、就業後であれば職場に相談し無理することのないようにしましょう。

『 街や地域の情報を調べるのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

顧客が住宅購入を検討している地域に詳しいとは限らず、一度見学に訪れただけでは分からない情報も多いものです。交通状況は休日と平日で異なりますし、近隣の騒がしさなどは時間帯によって変わることもあります。その場で見えてこない部分の情報を補えるよう、地域の情報を常に収集するよう心がけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのハウジングアドバイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る