理想の就活/転職のための
自己分析サイト

競馬調教師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今競馬調教師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい競馬調教師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの競馬調教師適性診断結果

あなたの適性度は60%で、競馬調教師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。競馬調教師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

競馬調教師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.競走馬が好き
2.競馬に強い関心がある
3.勝利への執着がある
4.洞察力や判断力が高い
5.責任感が強い
6.忍耐力がある
7.コミュニケーション能力が高い
8.体力がある
9.経営やマネジメントに関心がある
10.精神的にタフで強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 競走馬が好き 』

だいぶ兼ね備えている

競馬調教師は、馬主から競走馬を預かり、厩舎で日々の世話をしたり競走馬としてのトレーニングを行うのが仕事です。馬の個性や能力に合わせて最適なトレーニング内容を考え、年齢や実力を考慮して出走するレースを選びその対策を考える。そのため、馬が好き、その中でも特に競走馬が好きだという人に向いている仕事です。一日の大半を馬と一緒に過ごすことになるので、むしろ好きでなければ務まらないでしょう。

『 競馬に強い関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

競馬で勝つには戦略を練る必要があります。ただ馬が好きだという人はもちろんですが、競馬という競技が好きで、熱心に取り組むことができる人は競馬調教師の適性があると言えます。どのように鍛えれば走れるようになるのか、どの部分を強化すればいいかなどを考えるためには、やはり競馬の知識も必要になるからです。調教師の収入はレースで勝てなければ低いままです。そこからスタッフの給料を支払うことになるため、賞金が入らなければ自分の取り分は減ります。調教師としての実力が収入に直結する非常に厳しい職業なのです。

『 勝利への執着がある 』

そこそこ兼ね備えている

競馬調教師のやりがいの一つは、携わった競走馬が勝ったときです。長く世話をしトレーニングを重ねてきた馬が勝ったときの喜びは計り知れないものがあると言います。「無事走り終わってくれればそれでいい」という人よりも、「やるからには勝ちたい、勝たせてやりたい」という人の方が調教師に向いていると言えます。もちろん勝ちにこだわるだけではなく、勝つための努力を惜しまず継続できることが大切です。

『 洞察力や判断力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

全ての動物に言えることですが、馬も当然自分の不調を自分から知らせることはできません。怪我や病気を知るためには、馬のちょっとした変化を見つける洞察力が大切になります。また、出走させるレースを決めるには馬の個性を見極める必要があり、そのためには鋭い観察力、判断力が必要になります。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

調教師は生き物を相手にする仕事なので、当然一頭一頭と向き合う責任感の強さが大切です。フンの始末など、普通ならあまりやりたくないという仕事でも率先してできるような人は調教師に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

競馬調教師は一朝一夕でなれるものではありません。厩務員や騎手としてスタートし、競馬の世界で経験を積んだ後に試験に挑むのが一般的ですが、その調教師試験は資格試験としては超難関、合格率は一割を切っています。コツコツと下積みを続けて知識と経験を積み、努力を重ねることができる忍耐力が、調教師になるためには必要だと言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

競馬調教師は馬をトレーニングするだけの仕事ではありません。馬に接するのと同じくらい、人間との接し方が大切な仕事です。馬主に会って信頼を勝ち取らなければ大切な馬を預けてもらえません。また、近年は民間のトレーニングセンターを使ってトレーニングを行うことが多いので、そちらとの関係も構築しなければなりません。牧場と馬主の間に立って競走馬の売買を仲介したり、騎手と厩務員と良好な関係を築くのにもコミュニケーション能力は欠かせません。時には相手と交渉を行い、優位に進める必要も出てきます。「馬は好きだけど、人と関わるのは苦手」という人には難しい仕事と言えるでしょう。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

競馬調教師は体力も必要な仕事です。厩舎の仕事は朝3時頃始めることも多く、小屋の掃除をしたら馬の体調を把握し、トレーニングを開始。事務作業や会議、トレーニングメニューの考案などの作業もこなさなければなりません。1日の仕事が終われば通常は自宅に帰りますが、馬の体調が優れなければ、いつでも駆けつけられるように当番制で宿直になることも。実質的な休日はないとも言われており、しっかりとした体力がなければこなしていけません。

『 経営やマネジメントに関心がある 』

十分に兼ね備えている

競馬調教師は馬を鍛えるだけが仕事ではありません。厩舎の経営者として、スタッフを管理教育したり、厩舎の運営業務をこなす必要があります。そのため、経営やマネジメントに興味関心がある人は調教師の適性があると言えるでしょう。

『 精神的にタフで強い 』

そこそこ兼ね備えている

調教師は馬を毎日根気強く育てていくことが仕事です。思い通りに育ちレースに勝てたときの喜びは一入である反面、生き物である以上思ったように育成できないこともありますし、馬が怪我をしたり体調を崩すこともあります。馬と信頼関係を築き手をかければかけるほど、育成が順調にいかなかったときのショックは大きくなります。競走馬としての役割を果たせなくなった馬に対し、安楽死を選ばなければならないこともあり、大きな悲しみを背負うことも少なくありません。それでも調教師として働くためには、精神的な強さが必要になるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの競馬調教師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る