理想の就活/転職のための
自己分析サイト

高校教師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今高校教師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい高校教師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの高校教師適性診断結果

あなたの適性度は60%で、高校教師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。高校教師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

高校教師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.子どもが好き
2.教育に興味がある
3.真面目な性格
4.責任感がある
5.新しいことを学ぶことが好き
6.コミュニケーション能力がある
7.体力に自信がある
8.メンタルに自信がある
9.フットワークが軽い
10.柔軟に物事を考えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 子どもが好き 』

だいぶ兼ね備えている

高校生は、小学生や中学生のような子どもではありませんが、生徒のほとんどが未成年で、大人に守られる年代です。日々をともに過ごし、成長に関わっていく高校教師は、子どもが好きでなくては務まらない部分もあるでしょう。高校教師を目指すのであれば、子ども好きであるということは重要な要素の一つです。

『 教育に興味がある 』

十分に兼ね備えている

子どもの教育について興味があるということも重要なポイントです。義務教育であった小学校、中学校とは異なり、高校は自由意志による進学になります。そのような学びの場において、言われるがままに勉強をしてきた子ども達に対し、勉強の内容と同時に、なぜ勉学を行うのか、を伝えていくことが重要になっていきます。また、子ども達の能力を伸ばすためにも、教師自身が教育に対し、前向きでいることが重要です。

『 真面目な性格 』

十分に兼ね備えている

子ども達に勉学を教え、成長を見守る職業である以上、ある程度の真面目さは必要になります。高校生くらいの年代の子ども達は、良くも悪くも外側からの影響を受けやすい年代です。そのような子達と関わる高校教師は、勉強だけではなく、一般常識や社会に出てからのことも教えなくてはならないため、最低限の真面目さは必須と言えるでしょう。

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

高校教師とは、学生達が卒業したら終了、ではありません。小学校、中学校にも言えることですが、高校生活は、人生の成長段階の中で重要な3年間になります。この3年間で何を学び、何を感じるかで、その後の人生が決まる子ども達も少なくないでしょう。そのような年代の子ども達を相手にするのですから、無責任な人に高校教師が向いているとは言えません。その後の人生すべてに責任を負う必要はありませんが、ある程度の責任感は必要だと認識しておきましょう。

『 新しいことを学ぶことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

カリキュラムの変更についていく必要があるのもそうですが、年代によって、高校生自体も変わってきます。教師自身が学生だった頃とは変わってきていることも多々あるでしょうし、情勢の流れや、それに伴う新しい問題が出てくることもあるでしょう。そのような事態に対処できるようにするにも、高校教師には知識のアップデートが必要になります。新しいことを常に学んでいくことが苦にならない人が、高校教師に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

高校教師は学生とコミュニケーションをとることが仕事の一つであると言っても過言ではありません。学生達に一方的に教えたり、注意したりでは伝わらないこともあるでしょう。学生達の言い分も聞いた上で、教師としての意見を述べることが重要です。また、年代が違えば話が通じないことも少なくないでしょう。そのような中であっても、学生達とコミュニケーションをとり続けなくてはならないのが、高校教師であるため、コミュニケーション能力は高校教師にとって重要なスキルの一つです。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

高校教師は、10代の体力についていく必要があります。学生達の相手の他にも、授業の準備や授業、生徒達へのフォローや委員会、部活動、課外活動など、様々な仕事があります。これらをこなしていくにも体力は必須です。文化祭などのイベント前になればイレギュラーな仕事が増えることも少なくないでしょう。教師はそれらに対応しつつ、自分の休息も確保し、体調を整える必要があるため、体力に自信があることは教師にとって重要です。

『 メンタルに自信がある 』

あまり兼ね備えていない

教師は学生達とだけ関わっていればよいのではなく、必要に応じて保護者や同僚達などともコミュニケーションをとり、学生達にとってよりよい高校生活を築いていく必要があります。そのためにも、例え意見が衝突したとしても、一つの考え方として受け止め、すぐに次に進むことが重要です。気持ちを切り替え、次のことに取り掛かれるメンタルの強さは、高校教師にとって重要な要素の一つです。

『 フットワークが軽い 』

そこそこ兼ね備えている

何をするにも、フットワークの軽さは重要です。高校教師はただでさえ忙しい仕事である上、いつイレギュラーな仕事が入るかわかりません。常に後回しするような性格では、どんどんと仕事が溜まっていってしまい、自分だけではどうにもならなくなってしまう状況に陥ってしまうこともあるでしょう。そのような事態に陥らないためにも、フットワーク軽めに、次々と仕事をこなしていける性格は、高校講師に向いています。

『 柔軟に物事を考えられる 』

だいぶ兼ね備えている

高校生は一人一人が違う考えを持った人間であり、基本的に教師は一人で学生達に対応する必要があります。全ての子ども達に合った対応をすることは難しいですが、それを心掛けることができる程度の柔軟性は教師にとって必要です。できるだけ、子ども達の心に寄り添うことができる教師でいることが、高校教師にとって重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの高校教師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る