理想の就活/転職のための
自己分析サイト

重機オペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今重機オペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい重機オペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの重機オペレーター適性診断結果

あなたの適性度は43%で、重機オペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。重機オペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

重機オペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.乗りものが好き
2.機械の操作が好き
3.安全を第一に考えられる
4.地道な作業が苦にならない
5.自己管理に自信がある
6.体力に自信がある
7.コミュニケーション能力がある
8.集中力がある
9.慎重な作業が得意
10.向上心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 乗りものが好き 』

そこそこ兼ね備えている

重機オペレーターに向いている人は、乗りものが好きな人です。建設現場や河川の大規模な工事、山岳地帯の作業などさまざまな場所で乗りこなすことができます。重機にはショベルカーやホイールローダ、ブルドーザにグレーダとたくさんの種類があります。それらの重機に乗るためには「車両系建設機械」の免許が必須ですが、取得した場合にはほとんどの重機に乗ることが可能です。補足として、公道を走る場合には「大型特殊」の免許が必要になります。

『 機械の操作が好き 』

あまり兼ね備えていない

大きい機械の操作をすることが好きという人もこの仕事に向いているでしょう。日常生活の中では重機を見る機会があまりないかもしれませんが、実際にそばで見るとその大きさに圧倒されます。そんな重機を自分の意志で手足のように操作できれば、仕事にやりがいが持てるでしょう。迫力のある大きい重機で仕事をするので、機械の操作が好きな人にはたまらない職業といえるでしょう。

『 安全を第一に考えられる 』

だいぶ兼ね備えている

重機で業務をする際に、安全を第一に考えることができる人はこの仕事に適しているでしょう。建設現場で仕事をする人はたくさんいるので、重機を取り扱うときには自分の周りに他の作業員がいないか安全を確認する必要があります。安全確認をおこたった場合には、重大な事故が発生してしまいます。そうならないためにも、常に安全を意識して周囲を見わたすことが重要視されます。「安全第一」の姿勢があなた自身のことも守ってくれるでしょう。

『 地道な作業が苦にならない 』

兼ね備えていない

重機オペレーターという仕事は、コツコツと作業を進める業務が多いため、地道な作業が苦にならないという人も向いています。重機オペレーターは広大な敷地面積の地面を整地したり、長く続いた河川の護岸工事だったりする仕事です。そういった現場の仕事は、その場所で何か月もかかるケースがほとんどなので、飽きることなく地道な作業でも続けられる忍耐力が求められます。

『 自己管理に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

自分自身の管理がしっかりできる人は、重機オペレーターに適しているでしょう。きちんとした生活習慣で過ごせるような人でなければ重機オペレーターは務まりません。万が一、寝不足でぼんやりしていたり昨夜に深酒をして二日酔いだったりした場合には、重大な作業事故を引き起こしてしまう可能性が高いからです。そうなってしまっては自身はおろか、現場にたずさわるすべての人たちに迷惑をかけてしまいます。そうならないためにも、日々の生活から自己管理をきちんとすることが肝心です。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

ある程度は体力に自信があるという人もこの仕事に向いています。なぜなら、重機の操作は手足を使って長時間にわたって続けられることが多いため、ある程度の体力が必要になるからです。特に、腕を前後左右に動かしながら重機の操作をするので腕力が試されます。また、重機のシートに長い時間座っているため、腰の痛みが出てしまうこともあるでしょう。そうならないためには、腹筋を鍛えることが大切になってきます。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーション能力がある人も重機オペレーターに向いています。その理由は、重機を操作する際にシートから見えづらい場所を作業するときに周りにいる作業員とコミュニケーションをはかるからです。ショベルカーで前方の地面を深く掘削した際は、重機から下の方は見えづらくなります。また、前方にある土砂などを後方にあるダンプトラックに移す場合は旋回しますが、そのときは後ろが見えないため周りにいる作業員とコミュニケーションをとりながら作業を進めます。

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

重機オペレーターは同じような作業を続けることがあるため、集中力があるという人もこの仕事に適しています。集中力が試される作業の代表例は、地面を整地する作業です。アスファルトを敷いて整地するときは、前輪がドラム缶のように横長になっている「コンパクタ」という重機を使用します。その際、地面に敷かれたアスファルトを均一の厚さにするためにはかなりの集中力が必要になります。

『 慎重な作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

重機オペレーターには、慎重な作業をすることが得意だという人が向いているでしょう。この仕事では、公道を掘削した場合に一時的に穴をふさぐために大型の鉄板を敷くことがあります。その際、数センチ単位で鉄板を動かす重機の操作が必要になるので、慎重な技術が求められます。また、水道管付近を掘削する場合も水道管にダメージを加えないための丁寧な操作が大事です。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

常に技術の向上をはかるような人が重機オペレーターに適しています。向上心を持っていないと、いつまでたっても重機の操作技術は向上しません。また、まだ取得していない免許や資格に挑戦しようとする気持ちも大事です。自分の目標を持ちつつ、自身のスキルアップのためにもたゆまぬ努力が必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの重機オペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る