理想の就活/転職のための
自己分析サイト

健康運動実践指導者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今健康運動実践指導者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい健康運動実践指導者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの健康運動実践指導者適性診断結果

あなたの適性度は47%で、健康運動実践指導者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。健康運動実践指導者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

健康運動実践指導者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体を動かすのが好き
2.明るく元気がある
3.褒め上手
4.指導力がある
5.向上心を持って物事に取り組める
6.健康に関する関心が強い
7.根気強い
8.思いやりがあり気配りができる
9.コミュニケーション能力が高い
10.責任感がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体を動かすのが好き 』

兼ね備えていない

健康運動実践指導者に向いているのは、体を動かすのが好きで、体力に自信がある人です。健康運動実践指導者の仕事は、様々な人と接し、健康づくりのための指導を行うことです。一日のうちに多くの人に、運動の実技指導を行っていきます。運動を安全に行ってもらうため、見本を見せて指導を行うので、基礎体力が高く運動技術に優れていることが大切です。体を動かすのが好きだったり、スポーツが得意だったりする人は、健康運動実践指導者の適性があるでしょう。

『 明るく元気がある 』

あまり兼ね備えていない

ポジティブで元気があるということも、健康運動実践指導者の仕事に求められる資質の一つです。健康運動実践指導者が接する相手は、ケガや病気、老化などにより、体の不調を抱えている人たちです。指導者が明るく元気よく振舞うことで、周りの人も笑顔になり、前向きな気持ちになっていきます。前向きで周りの人にエネルギーやパワーを与えられる、そのような人は健康運動実践指導者に向いていると言えるでしょう。

『 褒め上手 』

だいぶ兼ね備えている

褒めることで人は伸びると言われますし、褒められるのは誰でも嬉しいものです。利用者が頑張ったことを具体的に述べ、できたことに対してしっかりと褒めることで、モチベーションを高めることができます。褒め上手で、接する人のやる気を高めることができる人は、健康運動実践指導者に向いていると言えるでしょう。

『 指導力がある 』

あまり兼ね備えていない

健康運動実践指導者になるためには、教えるのが好きで、指導力があることも大事です。接する相手は、人によって健康状態も違いますし、一人一人に合わせた線密な指導をすることが求められます。また、中にはあまり体を動かすのが上手でなかったり、言うことをきちんと聞いてくれなかったりする人もいるでしょう。どのような人に対しても根気強くアドバイスをして、指導を行っていくことが大切です。教え上手で指導力がある人は、健康運動実践指導者に向いていると言えるでしょう。

『 向上心を持って物事に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

健康運動実践指導者は、専門的な知識が求められる職業です。人体の構造や、筋肉の動き、正しい運動方法など、運動や健康に関わる知識を幅広く勉強し続けて、自分の持っている知識をアップデートしていくことが大切です。主体的に学び続けることができる、そのような向上心がある人は健康運動実践指導者に向いています。

スポンサーリンク

『 健康に関する関心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

健康運動実践指導者は、接する人の日々の健康を支える仕事です。自身がしっかりとお手本を見せるためにも、健康に関する知識を深め、いつでも体を動かせるように準備をしなければなりません、健康に関する関心が強いと、良い運動方法や身体の仕組み、栄養などの情報に敏感になるために、幅広く知識を習得していくことができます。健康に関する関心が高く、日々の体調管理に余念がない人は、健康運動実践指導者に向いていると言えるでしょう。

『 根気強い 』

十分に兼ね備えている

健康運動実践指導者は、子供からお年寄りまで、様々な人たちに対して指導をしていきます。一人一人の様子を見守りながら、個々の心や体の状態に合わせた指導を根気強く行い、回復を目指していくことが大切になります。少しずつしか進まなかったとしても、根気強く寄り添って指導を続けられる、そのような人は健康運動実践指導者に向いているでしょう。

『 思いやりがあり気配りができる 』

だいぶ兼ね備えている

健康運動実践指導者に向いているのは、相手の目線に立ち、思いやりを持って接することができる人です。利用する人の中には、体を動かすのが好きじゃなかったり、意思表示をするのが苦手だったりと言う人もいます。日々のコミュニケーションを通じ、相手の気持ちをくみ取り、不安を少しでも払拭できるよう、サポートしていくことが大切です。きちんと周囲を見て、他の人が何を考えているのか理解し、サッと気を配れる人は健康運動実践指導者への適性が高いでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

健康運動実践指導者は、仕事で様々な人と接していくことになります。利用者と質の高いコミニュケーションをとれば、相手の状態を把握しやすくなり、より適切な対応がとれるようになるでしょう。コミュニケーション能力は、現場で共に働く保健医療の関係者と連携する時にも必要になります。健康運動実践指導者として働く上で、コミュニケーション能力は大切なスキルの一つです。

『 責任感がある 』

だいぶ兼ね備えている

健康運動実践指導者は、利用する人の健康づくりのために行う運動を指導する専門家です。利用者の健康や生活などに影響を与えることになるので、正しい運動方法や知識を伝えることが大切です。真面目で責任感がある人に、健康運動実践指導者は向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの健康運動実践指導者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る