理想の就活/転職のための
自己分析サイト

美容師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今美容師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい美容師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの美容師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、美容師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。美容師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

美容師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い人
2.オシャレに詳しい
3.向上心がある
4.体力がある
5.メンタルが強い
6.粘り強く努力できる
7.地道な努力を続けられる
8.毎日オシャレする事が苦でない
9.清潔感がある
10.協調性が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い人 』

あまり兼ね備えていない

美容師は、お客様のなりたいイメージに近づけるようヘアカットやカラーなどをします。高い技術があっても、お客様の要望を理解できなければ、満足してもらうことは難しいでしょう。会話の中で、お客様がなりたい髪型の具体的イメージを掴まなくてはいけませんので、高いコミュニケーション能力が必要となります。また、カットやパーマなどの作業中も、お客様と会話をすることが多いです。美容師と会話をせずにずっと雑誌などを読んでいるお客様がいる一方で、美容師と楽しく会話をするのが好きというお客様もいますので、人と話をするのが好きな人に向いている職業です。初対面の人や、たまにしか来ない人とも感じ良く会話しなければなりませんので、人見知りをしないという人に向いています。

『 オシャレに詳しい 』

あまり兼ね備えていない

美容師は、お客様一人一人に似合ったヘアデザインにすることで、お客様をオシャレに、魅力的にする仕事です。カジュアルやガーリーなど、様々な系統のオシャレを楽しむお客様が来店します。お客様がお店に入ってきたときの洋服を見て、パッと「この人は〇〇な系統のオシャレが好きなんだな」と理解することができれば、そのお客様の希望の髪型もイメージしやすいでしょう。オシャレが好きで普段から情報収集を欠かさない、詳しい人に向いています。オシャレに関する引き出しが多いほど、より多くのタイプのお客様に対応できます。髪型についてだけではなく、ファッションやメイクなど、トータルでオシャレに興味があると尚良いです。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

オシャレの流行は常に変わっていきますので、新しいヘアスタイルがどんどん出てきます。どんなオーダーにも対応できるよう、美容師は常に勉強が必要です。また、カラー剤やパーマの技術も、次々と新しくなっていきます。特にカラー剤は、頭皮にやさしい製品や、微妙なニュアンスが表現できるカラーなどの需要が高くなっています。「慣れたものでいいや…」としていると、最先端の製品を扱う他店にお客様が流れてしまうことも考えられます。新しいものを積極的に取り入れ、勉強して使いこなしていくという、向上心のある人が美容師に向いています。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

美容師は立ち仕事になりますので、体力がある人に向いています。夜遅くまで営業している店が多く勤務時間が長いので、すぐに疲れてしまうという人には向いていません。また、美容師の勉強会は閉店後に行われるのが一般的で、終電近くまで美容室の灯りが付いているのを見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。長めの勤務時間のあとに、さらに勉強会で技術を磨く…それを乗り越えられる体力のある人が美容師に向いています。

『 メンタルが強い 』

十分に兼ね備えている

美容師は、お客様からクレームを受けることもあります。また、美容室はクーポンサイトを使って集客するのが一般的で、多くのクーポンサイトでは口コミ評価があります。お客様のヘアセットをした直後は何も言っていなかったのに、後日、口コミを見たらひどいことを書かれていた…ということもあります。一生懸命に力を尽くしたとしても、悪い口コミになってしまう場合があり、それでも美容師を続けていけるメンタルが強い人に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 粘り強く努力できる 』

そこそこ兼ね備えている

美容師には、アシスタントとして働く数年間の見習い期間があります。ほとんどの場合は、カットはさせてもらえず、シャンプーや掃除、受付係などをします。学校を卒業して就職してもまだまだ勉強しなければならないため、休みが少なく、給料も恵まれていない場合が多いです。見習い期間は、体力的にも、経済的にも厳しい時間となります。そのような環境の中でも、一人前になるまで粘り強く努力できる人が美容師に向いています。

『 地道な努力を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

美容師になるには、器用不器用は関係ないと言われています。一人前の美容師としての技術は、コツコツと反復練習することで身につけることができます。美容師に向いている人の一つとして、単純なことの繰り返しと思わずに、技術を磨こうという気持ちでコツコツ練習を続けることができる人という特徴が挙げられます。

『 毎日オシャレする事が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

会社員であれば、毎日似たようなスーツ、毎日似たような事務服…という人もいるかもしれませんが、美容師は働いている時間もオシャレをしていた方が良いです。特に都心の人気のある美容室では、お客様から憧れられるようなオシャレな美容師が多く働いています。お客様のオシャレを手伝う仕事なので、美容師がボロボロの格好をしているのはあまり印象が良くないです。日々オシャレを楽しむことができる人に向いている職業と言えるでしょう。

『 清潔感がある 』

そこそこ兼ね備えている

美容師は、お客様に直接触れる職業です。爪をきちんと整えていたり、近づいたときに嫌な匂いがしないようにするなど、お客様に不快感を与えないように、清潔感のある装いができる人が美容師に向いています。

『 協調性が高い 』

あまり兼ね備えていない

美容室では多くの美容師が働いており、お互いに助け合いながら美容室を上手く運営していく必要があります。一人で黙々と与えられた仕事をするのではなく、協調の姿勢や精神を持って働く事で周りから高い評価を得られるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの美容師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る