理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ギタリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ギタリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいギタリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのギタリスト適性診断結果

あなたの適性度は44%で、ギタリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ギタリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ギタリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくギターが好き
2.ギター以外の音楽知識も学ぶ意欲がある
3.コツコツ努力できる
4.人とのコミュニケーションが好き
5.人前に出ることが好き
6.音楽の基本的な知識がある
7.オシャレである
8.話術に長けている
9.アドリブに強い
10.長期間諦めずに目標を追求できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくギターが好き 』

兼ね備えていない

ギタリストとして活躍するためには、ギターで高いレベルの演奏を行わなければなりません。そのためにはいろいろなことを学び、しっかり練習していく必要があります。仕事として表に出ている以外の時間も、ギターの練習などに充てなければならないこともあるのです。その時間を辛いと感じてしまうと、ギタリストの仕事にも差し支えますし、良いパフォーマンスもしづらくなります。とにかくギターが好きでギタリストになる方は、そういった目に見えない部分の学びや練習にも積極的に取り組みやすく、仕事に喜びも感じられます。だからこそ、ギターが好きかどうかは大きなポイントとなってくるのです。

『 ギター以外の音楽知識も学ぶ意欲がある 』

だいぶ兼ね備えている

ギタリストは常に学び続けていく必要があります。自分のテクニックなどを高めていくことはもちろんですが、どの様な形での演奏が求められているのか、今流行しているものなど、パフォーマンスをするうえで知っておかなければならないことはたくさんあります。自分の好きな曲だけ弾けばよいのではなく、求められたり人に合わせたりする必要もあるので、自分の知っていることや好きなこと以外にもアンテナを張って学んでいかなければならないのです。それについていく意欲を持たなければ、活躍できるギタリストにはなれないでしょう。

『 コツコツ努力できる 』

十分に兼ね備えている

ギタリストは派手なように見えますが、実は裏で練習をしたり、打ち合わせをしたりと地味なこともこなしていかなければなりません。華やかなところで楽しくやりたいとだけ考えていると、仕事としては成功しにくいでしょう。趣味でギターを楽しむのなら自分のペースで練習をしていてもよいですが、仕事としてギター演奏を受けるならやはり目立たない部分での活動や努力が欠かせません。そういったところもきちんとこなせるようであればギタリストとしてやっていきやすくなるでしょう。

『 人とのコミュニケーションが好き 』

十分に兼ね備えている

ギタリストはソロで演奏することもありますが、ほかの人と合わせたり、伴奏をしたりすることも多いです。その場合はしっかりほかの人と合わせていく必要があります。技術的に努力することはもちろんですが、コミュニケーションをとりながら求められている演奏をしていくことが必要になるのです。そのため、打ち合わせや普段の練習などでしっかりコミュニケーションをとれるかどうかが演奏の成否のカギとなってきます。

『 人前に出ることが好き 』

兼ね備えていない

人前での演奏がギタリストの最も輝く時間です。しかし、人前に出ると緊張してしまって本来のパフォーマンスができないこともあります。人前に出ることが好きで緊張もあまりしない方は、力をしっかり発揮できるでしょう。もともと人前に出ることが好きな方が向いていることはもちろんですが、慣れない方でも人前で演奏する経験を積んでいく中で慣れていき、好きになっていくこともできるでしょう。ギタリストを目指すなら人前に出る経験をしっかり積んでいくことを意識したいものです。

スポンサーリンク

『 音楽の基本的な知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

自己流でギターを学んだ方は、音楽知識に乏しいことがあります。そうすると演奏のバリエーションが広がりにくかったり、ほかの人と合わせるときについていきにくくなったりします。楽譜が読める、用語を理解しているなど、音楽知識を使いこなせる形で持っておくことで、演奏の幅が広がり、求められることを的確につかんでいくことができるでしょう。知識を付けるための勉強も欠かせません。

『 オシャレである 』

兼ね備えていない

ギタリストは演奏で魅せることはもちろんですが、そのスタイルにも注目が集まることが多いです。おしゃれをすることが好きな人、またセンスの良い人はそちらでも人気が出てくるかもしれません。曲に合わせたスタイリングなどもできるとより表現も深まりやすいでしょう。

『 話術に長けている 』

あまり兼ね備えていない

ギタリストで舞台に立つような場合、自分でお客様に曲名を伝えたり、楽しんでもらうためのトークをする必要が出てくることがあります。そうした場合には話術に長けていることが役立つのです。ギターの技術とともにトーク力も磨いていきましょう。

『 アドリブに強い 』

兼ね備えていない

舞台での演奏は何があるかわかりません。突発的なことがあった時にすぐ対応できるのもギタリストには必要な素質です。間違えた時のカバー、アレンジ、曲名の急な変更などへの対応など、対応力が必要な場面はたくさんあります。

『 長期間諦めずに目標を追求できる 』

だいぶ兼ね備えている

ギタリストとしてスムーズに成功することは稀です。下積みの時期があったり、長く思うような活動ができないこともあるでしょう。それでもあきらめずに続けられるかは重要なポイントです。続けていくためには別の収入源を持っていることも役立ちます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのギタリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る