理想の就活/転職のための
自己分析サイト

通訳案内士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今通訳案内士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい通訳案内士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

通訳案内士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの通訳案内士適性診断結果

あなたの適性度は54%で、通訳案内士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。通訳案内士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

通訳案内士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.英語やその他の語学スキルがある
2.ホスピタリティ精神がある
3.気力、体力がある
4.臨機応変な対応ができる
5.日本文化に詳しい
6.外国の文化に詳しい
7.価値観の違いを受け入れられる
8.計画性がある
9.リサーチ能力が高い
10.親しみやすい人柄を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 英語やその他の語学スキルがある 』

十分に兼ね備えている

通訳案内士の仕事は、主に外国から来た訪日客に対して日本の文化や歴史、習慣などの紹介を行います。その際には外国語を使って話すことになりますので、接する相手の国の言葉を話すことが必要となってきます。英語に限らず、中国語や韓国語その他10か国の言語が通訳案内士の資格試験では採用されています。そのため、少なくとも試験が行われている10か国語のうちいずれかの言語スキルを持っていることは、通訳案内士になるための必須条件であるといえます。

『 ホスピタリティ精神がある 』

十分に兼ね備えている

外国から日本へやってきた人々にとって、通訳案内士は旅行で身近に接する人物の一人であり、日本の印象を左右する存在でもあります。彼らの日本での思い出がより良いものとなるような対応ができるということは、通訳案内士にとって必要なスキルです。「おもてなし」の気持ちを持って他人に接することができるという人はこの職業への適性があるといえるでしょう。

『 気力、体力がある 』

十分に兼ね備えている

様々な外国の方と接する機会が多い通訳案内士にとって、日常の仕事でかかる精神的肉体的なプレッシャーは思った以上に大きいものがあります。予期せぬトラブルへの対処やスケジュールの進行というハード面と、価値観の異なる相手への気遣いや理解といったソフト面の両方が必要とされるこの仕事には、それを遂行することができる気力と体力が必要です。

『 臨機応変な対応ができる 』

あまり兼ね備えていない

日本に慣れていない外国の方と接する際には、思いがけない出来事が起こるケースも多く考えられます。そのため通訳案内士の仕事では、こうしたトラブルにも慌てずに対応し、且つ冷静に問題へ対処できるということが求められます。どんな状況であっても臨機応変な対応が出来る人はこの職業の適性があるといえます。

『 日本文化に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

訪日客へ日本の文化や歴史、習慣を説明するにあたって必ず必要になるのが、その知識です。これも言語スキルと同様、通訳案内士になるための必須条件のひとつといえます。案内する場所ごとにその都度、下調べや事前準備を行うことも大切ですが、前提として日本に関することは基本的に知っておく必要があります。思いがけない質問にもきちんと対応して答えることが出来るだけの知識と情報を持っていることは、この仕事をする際の必須条件の一つといえるでしょう。

スポンサーリンク

『 外国の文化に詳しい 』

兼ね備えていない

相手の国の文化を知っているということは、その国から来た人へ日本を紹介する際にとても役立ちます。そうした知識や情報をもとにして説明の仕方や紹介の方法を考えることにより、相手にとってより分かりやすい形で日本という国を伝えることができるでしょう。また、相手の国の文化や価値観を知っておくことで無用なトラブルを避けることもできます。そのため日本文化だけでなく外国の文化にも造詣が深いという事は、通訳案内士の仕事における適性条件のひとつであるといえるでしょう。

『 価値観の違いを受け入れられる 』

だいぶ兼ね備えている

日本にやってきた旅行者の人々がもつバックグラウンドは、日本人である私たちとは異なります。そうした前提に立って、相手の価値観を尊重しながら日本文化や歴史を紹介していくことが大切であり、グローバルなコミュニケーション力が求められるのも通訳案内士という職業における特徴の一つです。異なる文化や価値観を受け入れ、そのなかで互いに心地よいコミュニケーションをとることが出来るというのは、この仕事を行うにあたってとても大切な素質です。

『 計画性がある 』

だいぶ兼ね備えている

通訳案内士として、訪日客への対応を行う当日は非常に慌ただしいスケジュールで動くことが予想される場合が多くあります。思いがけないトラブルがあることも考えられますが、そうした中でもしっかりと計画性をもって当初の予定通り案内を進行させることが必要です。様々な可能性を考えたうえでスケジュールを計画し、それを実行できる人は、この仕事への適性があるといえます。

『 リサーチ能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

旅行者へ日本を紹介する際には前提としてそれなりの日本の文化に関する知識が必要とされていますが、そうした知識があっても案内先については前もってしっかりと勉強しなければなりません。そうした新たな知識を得るために様々な努力を行うことに加えて、相手の国の文化や情勢なども事前に把握しておくことがとても重要です。そうした事前準備が苦にならない人、リサーチ能力の高い人はこの仕事に向いているといえます。

『 親しみやすい人柄を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

初めての相手に対しても、警戒心を抱かせずに寛いだ気持ちで接することができる人、または相手からそのような好感情を抱かれやすいという人は、通訳案内士の仕事に向いているといえます。日本に来た外国人にとって通訳案内士と接することは、日本という国がどんな国なのか、ということを知ることが出来る身近な機会でもあります。そのため、親しみやすく良い印象を持ってもらえる人柄というのは、日本の良いところを紹介する通訳案内士にとって、より有益な素質であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの通訳案内士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 通訳案内士に向いているか向いていないか
  • 通訳案内士の職業適性度
  • 通訳案内士に必要な10の資質
  • 解説で通訳案内士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る