理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ガイドヘルパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ガイドヘルパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいガイドヘルパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのガイドヘルパー適性診断結果

あなたの適性度は54%で、ガイドヘルパーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ガイドヘルパーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ガイドヘルパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.どんな人にも親切に接せられる
2.障害者支援の経験がある
3.介護の資格を持っている
4.責任者を務める事が苦でない
5.色々な場所に出かけるのが好き
6.コミュニケーション能力が高い
7.注意深い性格
8.プライベートの時間も大事にしたい
9.キャリアアップ志向がある
10.ルーティンワークが苦手
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 どんな人にも親切に接せられる 』

十分に兼ね備えている

ガイドヘルパーは、視覚や聴覚、肢体不自由など様々な身体障碍や知的障害を持っている人の移動支援に携わる専門職として社会的な需要が高まっています。支援の対象者はその都度変わり、一人ひとり障害の種類や程度などが異なるため、どのような人に対しても親切に接することができる人が向いています。また、移動について不安や悩みがあるときには速やかに話を聞いて柔軟に対応を考えることが大切です。

『 障害者支援の経験がある 』

十分に兼ね備えている

ガイドヘルパーとして障害者のサポートをする際は、施設や地域作業所での実務経験を活かすことが可能です。特に、車いすの操作や点字などの知識がある人や、レクリエーション活動に長く携わったことがある人は、ガイドヘルパーとして就職をした後も様々な場面で頼りにされます。また、ガイドヘルパーに求められるスキルや経験は、勤め先や個々の障害者のニーズなどによって異なります。そこで、働き始める前に事業所側に確認を取り、ミスマッチを無くすことが大事です。

『 介護の資格を持っている 』

兼ね備えていない

ガイドヘルパーになって障害者の移動支援をスムーズに行ううえで、前もって介護福祉士など実務に役立つ資格を取得するという方法もあります。ガイドヘルパーを採用している事業所の中には、介護福祉士の資格を持っている人を優先的に迎え入れたり、若手のスタッフの教育を任せたりしているところもあります。また、資格の種類によっては基本給や手当の面で優遇されることもあり、満足のいく条件で働き続けることも可能です。

『 責任者を務める事が苦でない 』

十分に兼ね備えている

ガイドヘルパーの実務経験は、将来的に福祉施設や介護施設などで施設長やリーダーなど責任者になる際に役立つこともあります。たとえば、身体障害者や知的障害者の日常生活の支援に力を入れている施設の中には、移動支援を専門とするガイドヘルパーの経験者を求めるところも少なくありません。そこで、ガイドヘルパーだけでなく、福祉業界で長く活躍したい人は将来のキャリアパスを意識しながら日々の業務に取り組むのがおすすめです。

『 色々な場所に出かけるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ガイドヘルパーは、仕事上で担当の障害者と一緒にスーパーマーケットや公園、テーマパークといった様々な場所を訪れる機会があります。そのため、普段から色々な場所に出かけるのが好きな人や、新しい発見が楽しみな人にとっては魅力のある職業と言えます。なお、訪問先や移動支援の回数、時間などは担当者のニーズによって異なるため、職場を決める時はガイドヘルパーに関する事業に力を入れている事業所について詳しく調べておくことが大事です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

ガイドヘルパーは、意思疎通が困難な障害者と接する場面も多く、特に経験が浅いうちはコミュニケーションがうまく取れるまでに時間を要することもあります。年齢や性別によらず、様々な手段でコミュニケーションが取れる人や、相手の気持ちを考えて行動できる人は、ガイドヘルパーとして利用者に信頼してもらうことが可能です。また、どのようにコミュニケーションを取るのが最適か、利用者本人や家族に話を聞いてみることも大事です。

『 注意深い性格 』

あまり兼ね備えていない

ガイドヘルパーは、障害者が外出をする際の安全を確保する役目もあり、特に車の通りが多いところや駅のホームなどでは細心の注意を払って対応をすることが重要となります。たとえば、多動などの問題行動が目立つ利用者を担当する場合には、積極的に声掛けをしたり、必要に応じて周りの人に助けを求めたりすることも大切です。また、不安なく移動上のサポートができるよう、ガイドヘルパーを対象としたセミナーや講習会などに定期的に顔を出すことも必要です。

『 プライベートの時間も大事にしたい 』

十分に兼ね備えている

ガイドヘルパーは、介護施設と比べてフルタイムの求人はあまり多くなく、パートや派遣といった働き方を選ぶことで、自分のプライベートの時間もしっかり確保できます。また、事業所によっては週に二日程度から働くことができ、小さな子どもを育てている人や、体力にあまり自信がない人も安心です。

『 キャリアアップ志向がある 』

だいぶ兼ね備えている

ガイドヘルパーは、福祉業界で需要が高まりつつあり、一つの事業所で数年の実務経験がある人は転職時に高い評価を受けることもあります。そのため、ガイドヘルパーの経験を活かして他の事業所で働きたい人は、将来に繋がる業務を担当できる職場を選ぶのがポイントです。

『 ルーティンワークが苦手 』

兼ね備えていない

ガイドヘルパーは、日によって利用者の希望に合わせて色々な場所を回るため、ルーティンワークが苦手な人にもおすすめです。また、場合によっては利用者や家族と相談をしながら行き先を決めることもでき、楽しみながら仕事に臨むことができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのガイドヘルパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る