理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

グラウンドキーパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今グラウンドキーパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいグラウンドキーパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

グラウンドキーパーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのグラウンドキーパー適性診断結果

あなたの適性度は55%で、グラウンドキーパーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。グラウンドキーパーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

グラウンドキーパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細かい部分によく気が付く
2.スピーディーに仕事ができる
3.スポーツの知識を持っている
4.スポーツの経験がある
5.体力がある
6.臨機応変に対応できる
7.責任感が強い
8.粘り強い
9.仕事に愛情を持てる
10.思いやりがある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
グラウンドキーパー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 細かい部分によく気が付く 』

だいぶ兼ね備えている

グラウンドキーパーに向いている人の特徴というと、繊細な感覚を持っている点が挙げられます。例えば、プロ野球のマウンドはきれいに土をならせば良いというわけではありません。降雨が予想されるなら土をやや硬め、真夏日は水を含ませて土が硬くなり過ぎないようにするのです。選手がプレイをしやすいように、グラウンドキーパーはその日の天気や気温、湿度、風向きなどを考慮して土の硬軟を調整する必要があるというわけです。繊細な感覚を持ち合わせている人こそ、優れたグラウンドキーパーになれます。

『 スピーディーに仕事ができる 』

十分に兼ね備えている

スピーディーに仕事ができるスキルもグラウンドキーパーには求められます。試合のスケジュールによっては、グラウンドキーパーは限られた時間でマウンドの整備を行うことが求められます。もしも時間内に仕事を終えないと、試合時間に影響を与えてしまいかねません。限られた時間で最高のコンディションにしてこそ、素晴らしいグラウンドキーパーだと言えるでしょう。

『 スポーツの知識を持っている 』

あまり兼ね備えていない

グラウンドキーパーに向いている人の特徴は、スポーツの知識をきちんと持っていることも挙げられます。サッカー場のグラウンドを整備するに当たり、ただ芝をきれいに刈れば良いというわけではありません。担当するチームがボールのパス回しを得意としているなら、ボールが転がりやすいように芝を短めに刈る必要があります。スポーツの知識があれば、きちんとグラウンドの整備に生かすことができるというわけです。そのため、信頼されるグラウンドキーパーになりたいなら、しっかりとスポーツ知識を習得しなければいけません。

『 スポーツの経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツの経験があるのもグラウンドキーパーとして求められる点です。サッカーや野球などの経験があれば、選手がどのようなグラウンドコンディションを好むのか素早く把握できます。逆に、そのスポーツの経験がないと、どのようなことを選手が求めているのか理解するのに時間がかかります。また、細かい調整ができない可能性もあるので、スポーツ経験は必要です。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

グラウンドキーパーは体力があることも大切なスキルです。真夏日には太陽が照り付ける中、長時間にわたってグラウンドの整備を行わなければいけません。また、急に雨が降ってきた際は、試合に間に合わせるためにも早朝から仕事に出向かなければいけないケースもあります。体力がなければ仕事の質の低下にも繋がるので、体力に自信がある方にグラウンドキーパーは向いています。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

十分に兼ね備えている

グラウンドキーパーは、臨機応変に対応できることも求められます。サッカーなどの屋外で行うスポーツの場合、いきなり雨が降ってきてグラウンドが乱れてしまうことは多々あります。その際、試合が滞らないように、素早くグラウンドを整備しなければいけません。想定外の事態が起こった際、慌てふためいてきちんと仕事ができないようではグラウンドキーパーは務まりません。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

責任感が強い人もグラウンドキーパーに向いていると言えるでしょう。グラウンドキーパーの仕事を疎かにすると、選手の怪我に繋がってしまいます。しっかりとグラウンドのコンディションを整えてこそ、選手が本来の力を発揮できるのです。そのため、しっかりと仕事をこなせる責任感が必要です。

『 粘り強い 』

兼ね備えていない

グラウンドキーパーとして活躍するには粘り強さも大切なスキルです。大雨や嵐の後のグラウンドの状態は、手が付けられないほどに滅茶苦茶な状態になっています。選手がプレイできるようにするには、時間をかけて丁寧に作業を行わなければいけません。そのため、粘り強い人に向いている仕事といえるでしょう。

『 仕事に愛情を持てる 』

十分に兼ね備えている

仕事が大好きな人もグラウンドキーパーとして向いています。グラウンドキーパーというと試合前にグラウンドを整備するので、それほど忙しくないイメージを持つ方は多いです。しかし、実際は試合開始前から試合中、試合後と働き続けることは当たり前です。例えば、プロ野球の場合、ナイターに備えて午前中にグラウンド整備、芝の刈り込みなどを行います。そして、午後は打撃ゲージのセッティング、機械の整備などを済ませます。試合中もグラウンドが荒れたらすぐに整備、試合後は荒れたグラウンドをもう一度整備しなければいけません。ずっと働きっぱなしなので、仕事が好きでないともちません。

『 思いやりがある 』

あまり兼ね備えていない

グラウンドキーパーとして活躍するには、思いやりが強いことも必要です。野球の場合、マウンドの状態によって選手のパフォーマンスに大きく影響を与えてしまう可能性が高いです。マウンドの状態が合わないと怪我に繋がったり、本来の能力を生かしきれなかったりします。その点、思いやりのある人なら、常に選手を気遣ってプレイやすいグラウンドに粘り強く仕上げることができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのグラウンドキーパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
グラウンドキーパー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • グラウンドキーパーに向いているか向いていないか
  • グラウンドキーパーの職業適性度
  • グラウンドキーパーに必要な10の資質
  • 解説でグラウンドキーパーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

グラウンドキーパーとは?

グラウンドキーパーは、野球やサッカーなどのスポーツ会場でグラウンドのコンディションを整えるのが仕事です。

フィールド一面が芝で覆われている競技場もあれば、野球場のように芝と土の両方を使用する所も少なくありません。

一見すると大きな変化が無いようにも感じられますが、芝、土共に天候や季節でコンディションが変わります。

グラウンドキーパーは、様々な情報から総合的に判断をして、最適な状態になるように整備しなくてはいけません。

プレーをする選手たちが最高のパフォーマンスを見せられるように、裏で支える重要な役割を担っています。

グラウンドキーパーになるには?

仕事に就く上で必須となる資格はありません。

グラウンドキーパーは、大半がスタジアムを管理、運営している企業から委託を受けている専門業者の社員です。

インターネットの求人サイト、ホームページなどから応募をして就職という流れが基本となります。

採用の条件に資格の有無は含まれていないとはいえ、技術を必要とする仕事である以上、最低限の剪定スキルは必要です。

スタジアムの大きさで異なりますが、スタッフ全体の人数はそれほど多くはありません。

欠員補充で求人募集が出される時も、採用されるのは数人程度です。

予め造園技能士などの資格を取得しておくと採用率が高くなります。

グラウンドキーパーの給料・年収

複数のサイトの調査結果によると、グラウンドキーパーの平均年収は450万円前後です。

技術職に分類される職業なので、年齢よりも実務経験や個人の能力が収入に反映されやすいと言われています。

そのため、学校を卒業した新卒、他業種から転職で入った未経験者の初任給は、約20万円、年収にして400万円前後です。

グラウンドキーパーの年収には明確な基準はなく、各会社の判断で決められるので、大手に就職すれば高収入を得られることもあります。

実践を通してキャリアを積んで従業員をまとめるマネージャー職に就くと、年収500万円以上になるケースも少なくありません。

グラウンドキーパーの就職・転職先(求人)

グラウンドキーパーが活躍できる場所は、球技などのスポーツが行われるスタジアムが中心となります。

各スタジアムごとに委託されている業者は違っていて、採用の基準や福利厚生の条件も様々です。

仕事では、コンディションを見極める判断力、最適な状態に整備する技術力が求められます。

経験者が別のスタジアムを管理する業者に転職する場合、それまで勤めていた会社と同じ役職、給料で雇用されるケースも少なくありません。

新卒、未経験で就職をする人は、見習いからスタートして経験を積んでいくのが基本です。

裏方とはいえ、試合の結果を左右することもある重要な役割を担っているグラウンドキーパーは、今後も需要は伸びていくと言われています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0