理想の就活/転職のための
自己分析サイト

グラフィックデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今グラフィックデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいグラフィックデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのグラフィックデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は48%で、グラフィックデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。グラフィックデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

グラフィックデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.感性・発想力が優れている
2.デザインスキルがある
3.論理的な思考ができる
4.コミュニケーション能力がある
5.コツコツ地道に頑張れる
6.最新の流行に敏感
7.好奇心が旺盛
8.向上心がある
9.プレゼンテーション能力がある
10.しっかり体調管理ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 感性・発想力が優れている 』

十分に兼ね備えている

グラフィックデザイナーはクリエイティブな仕事であるため、感性・発想力が優れている人に適した仕事です。なぜなら、クライアントの要望をもとに、センスが感じられるデザインをしなければならないからです。感性や発想力は生まれ付き持ち合わせている才能に左右されるところもありますが、普段から色々なものに触れることで研ぎ澄ませることができます。

『 デザインスキルがある 』

兼ね備えていない

グラフィックデザイナーには、基本的なデザインスキルが求められます。バランスの良いレイアウトを考案したり、フォントや色を選ぶ力があったりしなければ、アピール力のあるデザインができないからです。また、デザインを考案できても形にできなければ意味がないため、デザインソフトを使いこなせることも大事です。 Photoshop(フォトショップ)や Illustrator(イラストレーター)など、グラフィックデザインの世界で一般的に使用されているソフトぐらいは使えるようにしておきましょう。

『 論理的な思考ができる 』

だいぶ兼ね備えている

グラフィックデザイナーは自分が好きなデザインではなく、クライアントの希望に合わせたデザインを制作しなければなりません。そのため、クライアントの要望に合わせたグラフィックデザインとなるよう、論理的な思考ができることが必要になります。マーケティングなども踏まえ、アピール力の高いグラフィックデザインを制作することが大事です。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

グラフィックデザイナーはパソコンに向かって黙々と作業をするイメージがありますが、クライアントの要望を聞いたり、チームメンバーと協力してデザインしたりと、人と関わることが多い仕事です。そのため、コミュニケーション能力の高さが求められます。意思の疎通を上手くとることができなければ、クライアントの意図と異なるデザインになったり、チームメンバーの協力が得られず納期が遅れてしまったりするリスクもあるでしょう。

『 コツコツ地道に頑張れる 』

あまり兼ね備えていない

グラフィックデザイナーは、パソコンに向かって細かい作業を黙々と行う仕事でもあります。長時間座りっぱなしで作業をすることも多いため、コツコツ地道に頑張れる人に向いています。納期が短い場合は根を詰めて作業をしなければならず、忍耐力がない人には務まりにくい仕事です。また、素敵なデザインを制作し、クライアントに喜んでもらいたいというサービス精神があることも大事です。

スポンサーリンク

『 最新の流行に敏感 』

兼ね備えていない

グラフィックデザインではトレンドを取り入れたデザインを制作することも多いため、流行に敏感であることも大事です。古臭いデザインでは見た人の興味を惹きつけられないうえ、クライアントも満足してくれないでしょう。また、トレンドの移り変わりも年々早くなっているため、常に新しいトレンドを把握しておく必要があります。

『 好奇心が旺盛 』

兼ね備えていない

グラフィックデザイナーとして素晴らしいデザインをするためには、好奇心が旺盛であることも利点になります。新しい映画を見たり、芸術に触れたり、本を読んだりすることは、発想力へと変換されるからです。好奇心が旺盛であると新しい情報もどんどんと入ってくるため、それらをデザインに活かすことができます。デザインとは直接的に関係ないことでも、間接的にデザインへと昇華させることができます。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

グラフィックデザイナーとして活躍するためには、向上心が必要です。センスを磨くための努力をするのはもちろん、技術面を向上させることも大事です。新しいデザインソフトが出たら使い方を習得したり、色々なサンプルを見てデザイン力を高めたりなど、常に何かを吸収しようという姿勢が必要になります。また、向上心がある人の方が貪欲に仕事に取り組むため、職場でより良いポジションを手に入れやすくなるでしょう。

『 プレゼンテーション能力がある 』

兼ね備えていない

グラフィックデザインはチームで制作することが多いため、自分のデザインが採用されるためにはプレゼンテーション能力も求められます。チームメンバーを納得させるためには、自分のデザインのアピールポイントを的確に伝えなければなりません。また、クライアントに対しても、どのようなデザインにするのかを的確に説明し、納得してもらう必要があります。どれだけ良いデザインであっても、プレゼンテーション能力がなければ却下される可能性もあります。

『 しっかり体調管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

グラフィックデザイナーは納期に追われて仕事をしているため、間に合わない時は根を詰めて作業をしなければいけません。納期に遅れそうな場合は休みなしで働かなければならなかったり、連日残業が続いたりで体力的に辛いこともあります。そのため、不規則な生活でも体調を崩さないよう、しっかり体調管理ができることも求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのグラフィックデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る