理想の就活/転職のための
自己分析サイト

一般職適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今一般職の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい一般職に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの一般職適性診断結果

あなたの適性度は56%で、一般職の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。一般職を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

一般職に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.明確にやりたい仕事が決まっていない
2.自分に合う仕事が分からない
3.時間に余裕が欲しい
4.プライベートを充実させたい
5.簡単に覚えられる仕事をしたい
6.やりがいより待遇で仕事を選びたい
7.同じ仕事内容を繰り返しても苦でない
8.決められたルールを守れる
9.根気強い
10.誰かのサポートをしたい気持ちが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 明確にやりたい仕事が決まっていない 』

あまり兼ね備えていない

一般職に向いている人は現段階で何がしたいか明確になっていない人におすすめです。これがしたいとか、この職業に就きたいなどと明確にある人ばかりではなく、とりあえず企業に就職したいとか自分で何ができるか分からないといった人に一般職は向いています。企業によって配属された部署で、自分らしさを見つけることもできるでしょうし、実際に働き始めたらやりたいことが明確になることもあります。何がしたいか今の段階で分からなくてもいずれ分かることもありますので、就職がしたいといった人におすすめです。

『 自分に合う仕事が分からない 』

あまり兼ね備えていない

安定した企業、安定した収入が欲しいという人にも一般職はおすすめです。入社後に配属先が決められることが多いのが一般職ですが、その内容は様々です。営業から事務、経理などの業種の中からあなた自身に向いているところに配属されるでしょう。その後もし合わなくても、異動することも可能なのが一般職のメリットです。

『 時間に余裕が欲しい 』

そこそこ兼ね備えている

専門職よりも時間に余裕があると言われているのが一般職です。専門職の場合は業種によって忙しさが違ったり、スキルアップを求められて仕事後にスクールに通ったりと時間にあまり余裕がないケースが多いようです。その点、一般職は決められた仕事をこなしていればそれ以上を求められることはあまりありません。もちろんすべての一般職がそうだとは断言できませんが、基本的に専門的なことは求められない為、仕事内容さえ覚えてしまえばルーティン化できるのも魅力です。

『 プライベートを充実させたい 』

だいぶ兼ね備えている

仕事だけで人生を終わらせたくない、プライベートな時間も充実させたいといった人にも一般職はおすすめです。給料はそこまで高くないものの、安定した収入と休日によってプライベートをしっかり確保できるのが一般職の魅力でしょう。仕事の他にやりたいことがある人や習い事などをしたい人、副業に取り組みたい人などには一般職は向いています。

『 簡単に覚えられる仕事をしたい 』

十分に兼ね備えている

一般職は誰でも覚えればできる仕事が多いのが特徴です。先輩や上司によってしっかり研修や指導がされるので、その業界を知らなくても教えてもらったことを覚えれば仕事になります。専門的な知識や経験が必要なケースは少なく、資格がなくても良いのも特徴でしょう。ただし、覚える為の努力ややる気は必要不可欠です。効率良くこなすことやスキルアップなどは個々の努力によることが多いので、そこからののびしろは自分次第であることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

『 やりがいより待遇で仕事を選びたい 』

そこそこ兼ね備えている

やりたいことがない、就きたい職業がない人には一般職の求人がおすすめです。一般職の募集は幅が広く、様々な形での募集が多いのが特徴です。福利厚生などの待遇や、休日、給料などを吟味することができるのも一般職ならではと言えるでしょう。やりたいことがないというのはマイナスなことではなく、自分にとって納得できる場所を幅広く選択することができるといったメリットもあり、待遇や仕事内容で選ぶことができるのであまり失敗がないと言われています。

『 同じ仕事内容を繰り返しても苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

一般職の中で特に人気があるのが事務職です。事務職などはその日やることが決められていたり、同じような仕事をコツコツと続けていくことが多く、刺激がない単調な毎日になることもあります。同じ内容の仕事を繰り返すことが多いのも一般職の特徴で、そのような仕事に飽きてしまうようなタイプには向いているとは言えないでしょう。同じことを繰り返しても苦にならないという人に一般職はおすすめです。

『 決められたルールを守れる 』

だいぶ兼ね備えている

一般職に向いている人の特徴としてルールが守れる人というのがあります。基本的に自分独自で考え行動するような仕事ではなく、企業にとって必要な仕事をこなすことが多い為、ルールが徹底されていることが多いです。そのルールを守ることができなかったり、勝手な判断で仕事を進めてしまうような人には向いていません。ルールをしっかり守れる人が一般職には向いています。

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

一般職は専門職と比べて刺激がない仕事内容であることから、仕事に対してやる気がなくなってしまったり、飽きてしまうこともあります。データをまとめる仕事のような場合は、そのデータがあっているのか資料と見比べて確認していくような仕事もあり、単調で疲れてしまうこともあるでしょう。根気強く取り組める人が一般職には向いています。

『 誰かのサポートをしたい気持ちが強い 』

あまり兼ね備えていない

一般職は総合職や専門職のサポートに回ることが多い為、あまり目立つ立場ではありません。もちろん一般職がいるからこそ成り立つのが会社です。誰かのサポートをしたい、人の為に役立つことをしたいという人に一般職は向いています。自分が目立つ必要もなく、決められた仕事をしっかりこなすことが役割となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの一般職適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る