理想の就活/転職のための
自己分析サイト

庭師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今庭師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい庭師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの庭師適性診断結果

あなたの適性度は38%で、庭師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。庭師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

庭師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然が大好き
2.美的センスがある
3.空間認識力が高い
4.体力がある
5.早起きが得意
6.コミュニケーション能力が高い
7.高所を怖いと思わない
8.建築や造園全般を学びたい
9.常に勉強し続けられる
10.メンタルが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 自然が大好き 』

兼ね備えていない

庭師になるには、まず自然が大好きであるという前提が必要かもしれません。扱うのは草木や樹木だと考えられがちですが、そこには当然虫も存在します。季節によっては、虫が大量発生するケースもあるでしょう。「虫が嫌い」と言っていては、仕事が進みません。つまり、虫も含め、自然そのものを愛している人は、庭師に向いていると言えるでしょう。また、自然に関する豊富な知識も必要ですが、自然を好きな方が、より多くの興味が持てるようになるため、勉強も進めやすくなります。

『 美的センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

庭師には、クライアントの要望に合わせながら、庭を美しく仕上げていくスキルが求められます。そこには、美的センスが欠かせないでしょう。もちろん、専門的な知識や能力は必要不可欠ですが、ただ事務的に作業を進めればよいというものではありません。剪定の仕方や植物の選び方など、様々なところで庭師のセンスが求められるでしょう。いろいろな庭を見たり、造園に関する本を読んだりして、美的センスを磨き続けることも大切です。

『 空間認識力が高い 』

兼ね備えていない

立体的な空間をつくる際には、空間認識力が欠かせません。特に庭の場合、様々な角度からの視点で検討していくことが大切です。また、目標とするイメージがある場合、それを具体的にどうデザインとして落とし込んでいくか、どのように剪定していくか計画するスキルは、空間認識力の高さに左右されます。平面ではなく立体的に物事を捉えられる能力は、とても大事だと言えるでしょう。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

庭師の仕事は、基本的に屋外で行います。暑い日や寒い日でも関係ありません。また、重たい道具や岩、枝を運ぶことも多いです。そのような環境で仕事をするためには、体力がないとついていけないでしょう。もちろん、最初から体力や筋力が必ず必要というわけではありません。体力づくりのために努力を続けられる人が向いていると言えるでしょう。

『 早起きが得意 』

だいぶ兼ね備えている

庭師の仕事は、朝早いことがほとんどです。会社やその時の現場によっても異なりますが、一般的なサラリーマンよりも早い時間から動き出すことが多いでしょう。毎日のことなので、朝が苦手な人は慣れるまで苦労するかもしれません。もともと早起きが得意な人の方が、早く仕事に慣れることができるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

クオリティの高い仕事を行うためには、クライアントに対してしっかりヒアリングを行い、そのイメージを的確に掴むことが大切です。また、クライアント側が後から「聞いてなかった」ということにならないよう、分かりやすく丁寧な説明を行う必要もあります。そのためには、円滑なコミュニケーションが欠かせません。トラブルを未然に防ぐためには、双方が共通の認識を持っておくことが重要です。

『 高所を怖いと思わない 』

十分に兼ね備えている

樹木の中には、当然背の高いものもあります。ハシゴや脚立を使って上り、作業することも少なくありません。高い場所も平気な人、得意な人は庭師の仕事に向いているでしょう。反対に、高所恐怖症など、高い場所が苦手な人は向いていないかもしれません。もちろん、克服するためのトレーニング方法などもありますが、効果が出るまでには時間と努力が必要です。もともと高い場所が平気な人の方が、仕事そのものに集中しやすいでしょう。

『 建築や造園全般を学びたい 』

そこそこ兼ね備えている

庭師の仕事は、樹木の剪定だけではありません。会社によっては、外構の設計、施工や害虫の駆除など、幅広く仕事を請け負っているところもあります。庭師とはいえ、多岐にわたる知識が求められるでしょう。また、隣家とトラブルにならないよう、建築や造園に関する法律に関して、最低限の知識を持っておく必要もあります。庭師として活躍するためにも、草木や樹木だけでなく、様々な知識を習得しておきましょう。

『 常に勉強し続けられる 』

兼ね備えていない

造園の世界では、伝統的な技術だけでなく、新しい技術もどんどん登場してきています。デザインに関しても、洋風の住宅に似合うようなスタイルや、モダンなスタイルなど、どんどん多様化が進んでいるのが実情です。今後も庭師として活躍し続けるためには、伝統的な技術はもちろんのこと、新しいものにも目を向け、習得していく必要があるでしょう。新しい資材や工法などもどんどん取り入れていくという積極的な姿勢が大切です。

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

庭師は、職人の世界でもあります。親方と呼ばれる上司がいて、厳しく指導されることも少なくありません。道具の準備や、親方が剪定した枝の回収など、地味な仕事も新人の仕事です。仕事を続けていき、庭師として一人前になるためには、メンタルの強さも欠かせないでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの庭師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る