理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ガーデンデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ガーデンデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいガーデンデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ガーデンデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのガーデンデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、ガーデンデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ガーデンデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ガーデンデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然や植物、花が好き
2.知的好奇心が強い
3.デザインすることが好き
4.要点を押さえるのが上手い
5.モノづくりが好き
6.庭園に興味があり実物をよく見る
7.コミュニケーション能力がある
8.売り込みやアピールが得意
9.最後までやり遂げることができる
10.地道な作業が苦でない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 自然や植物、花が好き 』

あまり兼ね備えていない

ガーデンデザイナーは自然のなかで働く仕事です。太陽光も浴びますし、虫もたくさんいます。見るだけではなく、自然と触れ合い、共存するような気持ちで接することが必要です。そして、植物や花を活かすためには知ることも必要。好きなことであれば、必要な知識も自然と身についていくはず。「自然や植物、花が好き」というのはガーデンデザイナーとして、とても大事な要素です。

『 知的好奇心が強い 』

十分に兼ね備えている

庭をデザインするためには「デザイン」「芸術」「植物・花」「環境」「庭の歴史や流行」「物理」「生け花や茶の文化」など、知るべきことは多岐にわたります。ガーデンデザイナーのデザインには、見た目だけではなく「植物と土、季節、環境の組み合わせ」「見た目と動きやすさを両立した動線の確保」など、あらゆる要素が含まれているからです。そのため、仕事をしながらも新しいことを勉強する姿勢が大事。「知識欲」がある人はガーデンデザイナーに向いていると言えるでしょう。

『 デザインすることが好き 』

だいぶ兼ね備えている

持って生まれたセンスや育った環境によるセンスも、オリジナリティに繋がる大事な要素です。そして「美しいものが好き」「なにかを極めることが好き」であれば、必然的にデザインについて学ぶようになるでしょう。デザインを学ぶことで、オリジナリティに加えて王道な美しさを持つデザインが生み出せます。「デザインすることが好き」で学びや実践に熱意を持って取り組める人はガーデンデザイナーに向いています。

『 要点を押さえるのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

庭にはその時の流行や、王道のパターンなど、種類があります。庭は出来上がった瞬間で終わるものではなく、何年も残っていくもの。そのため、流行を取り入れすぎた場合は何年かたったあと、古臭く見える可能性もあります。また、オリジナリティを出しすぎて依頼主の希望に合わないこともあるでしょう。流行、王道、歴史、個性、予算、依頼主の希望など、それぞれの要素をデザインにまとめる「バランス感覚」が必要です。

『 モノづくりが好き 』

あまり兼ね備えていない

ガーデンデザイナーは図面をデザインするだけではなく、施工から完成まで見届ける仕事です。庭、空間を一から作りあげることは大変な仕事です。完成までの工程も楽しめる人、途中経過も熱心に取り組める「モノづくりが好きな人」はガーデンデザイナーに向いています。

スポンサーリンク

『 庭園に興味があり実物をよく見る 』

そこそこ兼ね備えている

「〇〇みたいな庭にしたい」と依頼主から希望があったとき、対象の庭園を実際に見に行ったことがあれば、話もスムーズに進みますし提案するデザインの説得力も変わってきます。依頼主との関係を深めるときにも、色んな庭園の話ができれば喜ばれるでしょう。また、実際に見に行くことで動線も確認できます。デザインする上でも、コミュニケーションに活かせる点でも「庭園に興味があり、実物をよく見に行く」ことは重要です。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ガーデンデザイナーは依頼主から依頼を受けて仕事に取り組みます。依頼、提案、設計では依頼主の希望を聞き出す必要がありますし、施工現場では作業に取り組む職人とスムーズに意思疎通を図る必要があるでしょう。依頼主に信頼してもらえれば、次の依頼に繋がる可能性もあります。そのため、デザイン力や知識だけではなく「コミュニケーション能力がある」ことも大事な要素です。

『 売り込みやアピールが得意 』

十分に兼ね備えている

ガーデンデザイナーはサラリーマンとして会社に所属するか、独り立ちしてデザイン事務所を構えるか、大きく分けてこの2つの働き方があります。デザイン事務所を構えた場合、軌道に乗せて高収入を目指すことも不可能ではありません。そのためには、自分のデザインを売り込める営業力が必要です。待つだけではなく、自分の売りを理解し、顧客を獲得しにいける「営業力がある」人もガーデンデザイナーに向いています。

『 最後までやり遂げることができる 』

そこそこ兼ね備えている

図面もデザインし、施工まで進んでも何らかの問題があり、ほぼ始めからやり直しになることもあります。なるべくそういう状況は避けるべきではありますが、もし問題が起きた時は、投げ出さずに完成まで向き合う必要があります。そのため、問題が起きても工夫しながら冷静に対処し「最後までやり遂げることができる」人はガーデンデザイナーに向いています。

『 地道な作業が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

庭をデザインするときに、まず必要なことは現地調査です。土地の土壌、太陽光の当たり方、そして季節による天候の影響など、植える植物の種類や配置に関わる大事な要素だからです。現地調査は実際にその土地に行き、念入りな調査や確認が不可欠。時間もかかる大変な作業ですが、現地調査を怠った場合、庭の完成後にトラブルが起こる可能性が高くなります。そのため「現地調査など地道な作業ができる」ことは大事な要素です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのガーデンデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ガーデンデザイナーに向いているか向いていないか
  • ガーデンデザイナーの職業適性度
  • ガーデンデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でガーデンデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る