理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ゲームシナリオライター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ゲームシナリオライターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームシナリオライターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのゲームシナリオライター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ゲームシナリオライターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ゲームシナリオライターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームシナリオライターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.文章を書くのが得意
2.発想力と構成力がある
3.アイデアが出るまで粘る忍耐力がある
4.自己管理が得意
5.ゲームに関する知識が豊富
6.好奇心旺盛で勉強熱心
7.コミュニケーション能力が高い
8.流行にアンテナを張れる
9.自分を客観視できる
10.ゲームが大好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 文章を書くのが得意 』

あまり兼ね備えていない

ゲームのシナリオを書くには、自分の頭の中にあるイメージやアイデアを文章に起こす必要があります。特にゲームは架空の世界を舞台にしていることが多いため、第三者に伝わるように書き起こすには高い文章力が必要です。シナリオだけではゲームは作れないので、まずはチームメンバーに「面白い」と思ってもらうだけのものを書く必要があるのです。小説のような文体で書くだけではなく、分かりやすくイメージが掴みやすい文章を書けるようになるとより良いでしょう。

『 発想力と構成力がある 』

あまり兼ね備えていない

世界観やキャラクターをゼロから作り出す力も、シナリオライターには欠かせません。特にゲームは現実世界ではなく、独自の世界を舞台にすることが多いため、架空の世界や存在に如何に説得力を持たせるかがシナリオライターの腕の見せ所になります。プレイヤーに興味を持ってもらえるようなものが目標です。また、ゲームはシナリオだけで成り立つものではなく、そこにはゲームシステムが存在します。アイデアをゲームの中で成立するようまとめたり、逆にゲームシステムが活きるようなシナリオを考えるのも大切な仕事です。

『 アイデアが出るまで粘る忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

時にはなかなかアイデアが浮かばないことがあります。これはゲームシナリオに限らずそうですが、そんなときにすぐ諦めたり妥協するのではなく、面白いアイデアが浮かぶまで粘る忍耐力も、シナリオライターに必要な適性です。

『 自己管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

ゲームはチームで作るものです。チームメンバーに迷惑をかけないためにも、締め切りに間に合うよう仕事を仕上げる必要があります。締め切り厳守は、周囲との信頼関係を築く上でも必要です。あまりにも頻繁に締め切りを破っていると、職業人としての信頼を失うかもしれません。締め切りを守りつつ、かつ良い作品を作るためには、自分のコンディションも頭に入れた上でしっかりとスケジュールを管理する必要があります。面白い物を作ろうと徹夜を続けては体を壊しますし、締め切りを守ろうと妥協を重ねると良い作品は生まれません。自己マネジメント能力は必要なスキルです。

『 ゲームに関する知識が豊富 』

十分に兼ね備えている

ゲーム業界でシナリオの仕事をするためには、既存ゲームのシナリオをたくさん知っておく必要があります。チームでの打ち合わせで過去のヒット作が共通知識として持ち出されることも少なくないため、知らないと会話がスムーズに進まない可能性もあります。世間で広く知られているヒット作、特にシナリオが好評を得ている作品は基本知識として知っておく必要があるでしょう。また、単に話を知っている、遊んだことがあるというだけではなく、何故評価されているのか、プレイヤーはどのような点に興奮しカタルシスを得ているかなども分析しておくことも重要になるでしょう。

スポンサーリンク

『 好奇心旺盛で勉強熱心 』

そこそこ兼ね備えている

どんな創作物でもそうですが、ライター自身が面白いと思っていないと、その作品は魅力的になりません。いろいろなシナリオを面白く楽しく書くためには、ライター本人がいろいろなことに興味を持つ必要があります。そのため、ただ本やネットで調べ物をして終わるのではなく、好奇心が旺盛で自ら体験しようとする人はゲームシナリオライターに向いていると言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームは一人で作る訳ではありません。多くの人と連携して仕事をするためには、一定のコミュニケーション能力が必要になります。時にはシナリオを複数のライターで分担することもあり、設定を破綻させることなくストーリーを進行させるためには、やはり相手の言うことを理解し、こちらの意見を理解してもらうための能力が必須となるのです。また、コミュニケーション能力はキャラクターの心情理解などにも通じるため、能力を高めることでよりリアルな心情描写ができるようになるでしょう。

『 流行にアンテナを張れる 』

だいぶ兼ね備えている

流行に興味を持つことも大切です。とはいえ、闇雲に流行を取り入れる訳ではありません。シナリオを書いている段階では流行の最先端でも、ゲームが発売されるタイミングでは既に廃れているということもあるからです。流行っているものを知ることはエンターテインメントの仕事をする上で必要ですが、何を取り入れて何を取り入れないか、そのバランス感覚も重要です。

『 自分を客観視できる 』

そこそこ兼ね備えている

仕事で作る以上、自分が好きなものではなく、お客さんが喜ぶものを作らなければなりません。自分の趣味だけに走り過ぎていないか、独りよがりになっていないかなど、客観的な視点を持つことが求められます。

『 ゲームが大好き 』

あまり兼ね備えていない

ゲームを仕事にする以上、ゲーム好きであることは何より大切な適正です。自分の書いたシナリオがゲームとして展開され、多くの人に遊んでもらえる。そこに喜びを見いだせるかどうかが大切な要素になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームシナリオライター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る