理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ゲームプログラマーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ゲームプログラマーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームプログラマーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ゲームプログラマーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのゲームプログラマー適性診断結果

あなたの適性度は39%で、ゲームプログラマーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ゲームプログラマーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームプログラマーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくゲームが好き
2.数学や物理の知識がある
3.論理的な思考を持っている
4.人とコミュニケーションを取るのが好き
5.ユーザーの気持ちになれる
6.新しいものが好き
7.地道な作業が好き
8.想像力が豊か
9.身体と精神が強い
10.効率的に物事を進めるのが好き
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ゲームプログラマー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 とにかくゲームが好き 』

兼ね備えていない

ゲームプログラマーに向いている人の特徴として挙げられるのが、「ゲームが好きなこと」です。ゲームプログラマーはゲームを作るのが仕事になるので、ゲームに対する好意や情熱が強い人でなければ面白いと思ってもらえるようなゲームを開発できないケースが多いでしょう。自分が作っている過程で、そのゲームを楽しいと思えるものであれば多くの人に楽しんでもらえるような良質なゲームに仕上がる可能性が高まります。

『 数学や物理の知識がある 』

十分に兼ね備えている

ゲームの開発においては数学や物理の知識が必要になるシーンが多いです。そのため数学や物理に関する知識を豊富に持っている人がゲームプログラマーには向いているでしょう。まだ数学や物理に関する知識が浅い人でも、数学や物理が好きな人であれば意欲的に勉強するようになるのでゲームプログラマーには向いているかもしれません。特にゲームの動作に関する部分では物理演算が必要になるので、物理学に詳しい人はゲームプログラマーとして良い活躍が期待できます。

『 論理的な思考を持っている 』

兼ね備えていない

ゲームプログラマーの仕事を行っていると、開発途中でエラーが頻発することも珍しくありません。エラーが起きてしまうとゲームが正常に動作しません。そのためエラーが発生した場合は、その原因を探すことになります。論理的な思考を持っている人であれば順序立てて解決策を探すことが可能であるため、エラーの原因となる部分を発見しやすいという利点があります。論理的な思考の持ち主は順序通りにエラーの解決を行うので、問題を解決した後で別のエラーを引き起こすことも少ないでしょう。

『 人とコミュニケーションを取るのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームプログラマーは1人で黙々と作業を進めていくイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。プログラミングを行っているときやデバック作業を行っているときには1人で作業を進めていますが、それ以外のシーンでは同じチームの人と頻繁にコミュニケーションを取ります。コミュニケーションを取ることで作業の進捗状況を把握できるだけでなく、開発途中のミスを早期発見できるという利点もあります。このようにコミュニケーションを取ることが多いので、人と話すのが好きな人ほどゲームプログラマーに向いています。

『 ユーザーの気持ちになれる 』

十分に兼ね備えている

ゲームプログラマーとして働いていると、開発者の立場に立つ時間が長くなるのでユーザーとしての思考が欠落することも珍しくありません。しかし、開発したゲームはユーザーが楽しめるものである必要があるので、常にユーザーの思考を持っていられる人の方がゲームプログラマーに向いていると考えられます。ユーザーとしての思考を持てなくなったと感じている人は、自分でゲームを楽しむ時間を作るのがいいでしょう。

スポンサーリンク

『 新しいものが好き 』

兼ね備えていない

ゲーム開発の世界では常に新しい技術や新しいアイデアを求められるものです。そのため新しいものが好きな人や新しいものをいち早く取り入れるのが上手い人がゲームプログラマーに向いていると言えます。他人との会話や街中にある広告、新しく発売された雑誌など、様々なものに新しい情報が紛れ込んでいるので常にアンテナを張り巡らせておくのが大切でしょう。

『 地道な作業が好き 』

あまり兼ね備えていない

ゲームプログラマーは派手な職業ではありません。「ゲーム開発はトライ&エラーが基本」と言われるほど何度も同じ作業を繰り返すことも多いのが、この仕事の特徴です。そのため地道な作業を何度も繰り返すことが苦にならない人がゲームプログラマーに向いていると考えられます。コツコツと同じ作業を繰り返した先にある達成感を味わいたい人も、ゲームプログラマーに向いているでしょう。

『 想像力が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームの世界では妄想を映像化することも多いです。現実では起きることのないようなものもゲームには組み込めるのが、ゲームプログラマーの面白いポイントだと考えられます。他の人が思いつかないようなものを想像できる人ほど、革新的なゲームを開発できるでしょう。そう考えると想像力が豊かな人もゲームプログラマーに向いていると言えます。

『 身体と精神が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームプログラマーの仕事は納期が迫ってくると過酷な労働スケジュールが組まれることもあります。納期に間に合わせるために何時間も同じような作業を繰り返すケースも珍しくありません。そのような労働環境でも働ける人がゲームプログラマーとして活躍できるので、身体と精神が強い人ほど、この職業に向いていると言えます。

『 効率的に物事を進めるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームプログラマーはプログラミングを行うときに常に効率的なコード進行を意識しています。効率的なコード進行を発見できれば作業効率が良くなり、仕事の進捗が大幅に進むことも多いです。そのため効率的に物事を進めることが好きな人はゲームプログラマーに向いていると考えられます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームプログラマー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ゲームプログラマー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ゲームプログラマーに向いているか向いていないか
  • ゲームプログラマーの職業適性度
  • ゲームプログラマーに必要な10の資質
  • 解説でゲームプログラマーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーとは、ゲームプランナーが作成した設計書に沿ってキャラクターやシステム、効果音などを動作させる仕事です。

高度なプログラミング技術により、仕様書の内容を実現していきます。

ゲームプログラマーはゲームプランナーとの連携が必要不可欠であり、ゲーム作りに関わるゲームクリエーターの1人として働きます。

ゲームを開発する際のプログラミングだけでなく、発売後のアップデートやダウンロードコンテンツの配信を行うことも重要な役目です。

昨今ではアプリゲームが数多く登場するようになっており、ゲームプログラマーの活躍の機会は増えています。

ゲームプログラマーになるには?

ゲームプログラマーには資格を有していなくてもなることが出来ますが、高いプログラミング技術が求められるので大学や専門学校で学ぶ必要があります。

大学で学ぶ場合には情報系の学科を持つところに進学し、C言語などの授業を履修することになります。

専門学校であればより一層ゲームプログラミングに特化して学ぶことが出来ます。

どちらを選んだとしてもその後の就職活動でゲーム会社に就職することでゲームプログラマーとして働けるようになります。

そのため、技術だけでなく、ゲームへの熱意をアピールできる能力も重要と言えるでしょう。

ゲームプログラマーの給料・年収

ゲームプログラマーの年収は非常に個人差が大きいです。

いきなり大手のゲーム会社に就職できる方は少なく、最初は小規模なゲーム会社からスタートする方が多くなっています。

その場合には年収は200万円から300万円ほどであり、ゲームがヒットするにつれて収入は増えていきます。

確かな技術が認められれば大手との提携、または大手への転職が出来るようになります。

大手のゲーム会社で一流ゲームプログラマーとして働くことになれば年収は1500万円以上に跳ね上がることもあります。

全てのゲーム会社のゲームプログラマーの平均年収は500万円ほどとなっており、実力と就職先によって大きな差が生まれます。

ゲームプログラマーの就職・転職先(求人)

ゲームプログラマーはゲームプランナーやデザイナーとチームを組んで働くことになります。

ゲーム会社における中核を担う職業ではありますが、最初のうちは設計書に忠実にプログラミングを行う以外の権限はほとんどありません。

実績を積んで昇進していくとゲームディレクターになることが出来ます。

ゲームディレクターになるとプログラミングだけでなく、プランナーやデザイナーへの指示を出すことが可能となります。

ゲームの方向性やコンセプトについての意見を言えるようになり、やりがいと責任の両方が大きくなっていきます。

ゲームに対する総合的な能力を高めていくことで自分の会社を興すことも可能になります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0