理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ゲームプランナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ゲームプランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームプランナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのゲームプランナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ゲームプランナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ゲームプランナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームプランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくゲームが好き
2.世の中のトレンドに敏感
3.コミュニケーション能力が高い
4.論理的な思考が得意
5.客観的に物事を考えられる
6.プレゼンテーションが得意
7.独創的な発想力や企画力を持っている
8.マーケティングスキルがある
9.辛抱強い性格
10.好奇心旺盛でゲーム以外にも色々と興味がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくゲームが好き 』

あまり兼ね備えていない

ゲームプランナーになりたいのであれば、まずゲーム自体が大好きであるという事は外せません。ゲームをプレイするのも、他人がプレイするのを見るのも、そしてゲームを作るのも好きな位、とにかくゲームに対する熱意があればあるほど向いています。ゲームプランナーとして働くとなると、常にゲームに携わる事になります。仕事中はもちろん、自宅でも開発中のゲームについて考えるという事も少なくありません。そのため四六時中ゲームの事を考えるような状況になっても自分は大丈夫かという事を事前に知っておく事は重要です。

『 世の中のトレンドに敏感 』

あまり兼ね備えていない

流行に敏感という事もゲームプランナーには必要な事です。何故なら今どういうゲームが流行っていて、どうして人が夢中になっているのかについても知っておく必要があるからです。流行に疎くてはヒット作を作る事は出来ません。いかに沢山の人にプレイしてもらうゲームを作るかが、ゲームプランナーにとっては重要なので、売れるゲームの企画を考えるためにも、とにかく流行り物に対しては、たとえ自分が興味なかったとしても敏感である必要があります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーション能力が高いというのもゲームプランナーにとってはかかせません。何故ならゲーム制作は1人でやるというものではなく、チームでやるものだからです。1人で全て作るというのであれば、コミュニケーション能力が低くても問題ありませんが、複数人でゲームを作る以上、ゲームの方向性で揉める事もあるので、そういう時に円滑に物事が進むようにコミュニケーション能力は高い方が良いです。

『 論理的な思考が得意 』

だいぶ兼ね備えている

論理的な思考を持っているというのもゲームプランナーには重要です。例えば自分のプランについてエンジニアに説明する時に、相手から質問を受けた場合、きちんと論理だてて説明しなければなりません。感覚的に言っているだけでは、相手も納得しませんし理解も出来ません。そこで相手がきちんと理解出来るように、自分の考えをきちんと整理して順序だてて説明出来る論理的な思考が必要です。

『 客観的に物事を考えられる 』

十分に兼ね備えている

物事を客観視出来る人もゲームプランナー向きです。ゲームを作る上で、いかにプレイヤーが気持ちよく遊べるかという視点が重要となります。特にゲームプランナーで陥りがちなのが自己本位のゲームになってしまいがちというケースです。それはゲームのストーリーだけでなく、コントローラーの操作方法や音やデザイン等も当てはまり、これらが不自然だとプレイしていて違和感がありますしストレスにもなってしまいます。そうならないためにも、客観的に物事を考えられる能力を持っているという事が重要です。

スポンサーリンク

『 プレゼンテーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

プレゼンテーションが上手というのも欠かせません。ゲームプランナーの主な仕事は、どういうゲームを作るか企画書を考えて、それを発表するという事です。例えば非常に腕の良い職人がいてどんなに素晴らしい商品を作っていたとしても、プレゼンテーションが下手だから商品が中々売れないというケースはよく見受けられます。それと同じでどんなに面白い企画を考えても、それを相手に理解させなければ企画書は当然通らず、ゲーム自体も作られません。いかに自分の考えた企画が面白いかを相手に知らせるプレゼン力はゲームプランナーにとっては必須です。

『 独創的な発想力や企画力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームプランナーには、ユーザーが興味を持つような独創的な発想力や企画力が求められます。もちろん今流行っているような流行を追うという事ももちろん重要ですが、そればかりやっていては世に出す頃にはすでに飽きられ流行は終わっているかもしれません。そこで、まだ誰も思いついた事がないような設定や世界観であったり、これからこういうものが流行るであろうという先を読む力が必要となります。こうした誰も思いつかないような考えを持っていれば、他のゲームとは差別化された新しいゲームが作れるので、ゲームプランナーには向いています。

『 マーケティングスキルがある 』

だいぶ兼ね備えている

ゲームプランナーはいかに売れるゲームを考えるかという事が重要ですが、それと同時にどういう宣伝をすれば良いかや、価格はいくら位にするか等も状況を見ながら臨機応変に考えていかなければなりません。そのためにはマーケティング能力も必要です。いくら面白いゲームを作ったとしても、それをユーザーが求めていなければ売れません。また宣伝も効果的にしなければユーザーには伝わらず、面白いゲームが発売しているのに誰にも気づかれず埋もれてしまうという事にもなりかねません。そうならないためにもマーケティング能力は重要です。

『 辛抱強い性格 』

そこそこ兼ね備えている

新しいゲームの企画を考える中で、中々良いアイデアが出てこなかったりするという事は珍しくありません。またスタッフとゲームの方向性で揉める事もありますし、スケジュール通りにゲーム制作がいかず、残業が多くなったり休日出勤をせざるを得なくなったりして、プライベートの時間が削られてイライラする事も出てきます。そういう時に我慢出来ず、他人にあたったり、大暴れしてしまうと周りの人にも迷惑がかかるので、こういうストレスがたまる状況下でも自分を律し、我慢出来る辛抱強さをゲームプランナーはかなり求められます。

『 好奇心旺盛でゲーム以外にも色々と興味がある 』

あまり兼ね備えていない

ゲームの企画を考える場合、ただゲームばかりやっていては新しいアイデアは浮かんできませんし、視野も狭くなってしまいます。そのため、もちろんゲームは大好きだけれども、その他にも色々と興味があるという人の方がゲームプランナーには向いています。色々な事に興味がある人の方が、柔軟性があり様々な所から知識を取り入れる事が出来、その結果誰も思いつかないような設定のゲームが出来る事もあるので、好奇心旺盛で色々な事に興味があるという人はゲームプランナーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る