理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ゲームディレクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ゲームディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ゲームディレクターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのゲームディレクター適性診断結果

あなたの適性度は52%で、ゲームディレクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ゲームディレクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくゲームが好き
2.ゲームのプレイ経験が豊富
3.リーダーシップがある
4.細かい部分に対するこだわりが強い
5.体力や精神力がある
6.問題解決が得意
7.ゲームに関する知識が豊富
8.チームワーク重視
9.どんなゲームが求められているかわかる
10.トレンドに敏感
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ゲームディレクター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 とにかくゲームが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームディレクターはゲームの制作に関わっている人であるため、ゲームが好きであることが重要なポイントとなります。ゲームディレクターになると毎日ゲームの制作に向き合うことになるので、ゲームに愛情を持てる人の方が長く勤められるでしょう。またゲームが好きな人ほど、多くのゲームプレイヤーに愛されるような作品を生み出しやすいという利点もあります。

『 ゲームのプレイ経験が豊富 』

あまり兼ね備えていない

ゲームディレクターはゲームを制作するのが仕事ですが、そもそもゲームをプレイしたことがなければゲームプレイヤーの心理を理解できません。ゲームプレイヤーの心理を理解していないと、どれだけ緻密に作り上げられたゲームであってもプレイヤーからの評価は得られにくいと言えます。その点を考えればゲームディレクターはゲームのプレイ経験がある人に向いている職業でしょう。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームディレクターはゲームの制作チームにおける責任者という役割を担うケースが多いです。制作チームを引っ張っていく役割を担うことになるので、リーダーシップに長けた人がゲームディレクターに向いています。ゲームに対する情熱を持っている人が集まっているので、ゲームを作っている中でチームメンバーが論争を繰り広げることも珍しくありません。そのような状況で上手くチームを纏めていくのがゲームディレクターの仕事となるので、そういう部分でもリーダーシップは必要になります。

『 細かい部分に対するこだわりが強い 』

十分に兼ね備えている

ゲームディレクターはゲームの制作における監督役だと考えられます。ゲームの内容や制作方針、作り込みの具合などの全てをゲームディレクターはチェックする必要があります。遊び心のあるゲームの方がゲームプレイヤーから愛されやすいので、ゲームディレクターは細部までこだわりを持ってゲームを作っていく必要があるでしょう。細かい部分に対するこだわりが強い人がゲームディレクターになれば、プレイヤーに満足してもらえる作品に仕上がりやすいです。

『 体力や精神力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームディレクターは過密なスケジュールの中でゲームを作っていくことも珍しくありません。特に納期が迫ってくると長時間労働を行うこともあるので、体力や精神力の消耗は激しいでしょう。過密なスケジュールの中で働き続けていると体力が低下しやすいので、普段から体力作りを行っておくのもゲームディレクターには必要な要素です。ゲームを売り出すと良い評価も悪い評価も耳にします。悪い評価を受けたときにも動揺しないような精神力の強さもゲームディレクターには必要だと言えます。

スポンサーリンク

『 問題解決が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームの制作を進めていく中では様々なトラブルが起きます。それは人間関係のトラブルばかりではありません。スケジュール通りに作業が進んでいかないこともあれば、ゲームの開発途中で重大なエラーが発生してしまうこともあるでしょう。そのような状況で問題点を素早く見抜いて、いち早く解決策を提示できる能力を持っている人がゲームディレクターに向いています。このゲーム制作におけるトラブルは1人で解決するものではないので、チームメンバーに的確な指示を出すのも重要なポイントです。

『 ゲームに関する知識が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームディレクターはゲームを作る人ですから、ゲームに詳しい人が向いています。なるべく幅広いジャンルのゲーム知識を身につけておくのが大切です。ゲームディレクターの知識が豊富であれば、チームメンバーからのゲーム制作における質問に対して的確な答えを伝えることもできます。幅広いジャンルに詳しければ、複数のジャンルを組み合わせた面白いゲームも作りやすくなります。

『 チームワーク重視 』

そこそこ兼ね備えている

ゲーム業界では1つのチームを作ってゲームを作っていくことになります。1人でゲームを作っていくわけではないので、周囲の人間とのコミュニケーションも必須となるでしょう。より良いゲームを作っていくために頻繁に意見を交換することになるので、独りよがりな行動を取らずにチームワークを意識した行動を取れる人がゲームディレクターに向いています。

『 どんなゲームが求められているかわかる 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームディレクターはゲーム制作の方針を決められる立場にあります。そのためどのような層をターゲットにしたゲームを作るのか、決定したターゲットには何が好評なのかといったニーズを意識した思考力を持っている人ほど、ゲームディレクターに向いていると言えます。ニーズを意識したゲーム作りができればヒット作を生み出せる可能性も高くなるでしょう。

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションに流行りがあるようにゲームにも流行りがあります。どれだけ優れた内容のゲームを作っていても、流行りに乗っていない要素ばかりが入っていると売り上げは伸びにくいです。ゲーム制作は面白いものを作るのが重要ではありますが、売り上げも意識していかなければなりません。その点を考えればトレンドに敏感である人ほど、ゲームディレクターに向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ゲームディレクター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ゲームディレクターに向いているか向いていないか
  • ゲームディレクターの職業適性度
  • ゲームディレクターに必要な10の資質
  • 解説でゲームディレクターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ゲームディレクターとは?

ゲームディレクターは、ゲーム開発の企画や計画、スケジュール管理を担う職業です。

ゲームプロデューサーやシナリオライター、プログラマーとチームを組み「ゲームクリエイター」としてゲーム開発を進めます。

ゲーム開発が分業化されるようになって普及した職業です。

ストーリーの複雑化やCG技術の高度化により、1つのゲームの開発に要する労力や技術が増え、分業化が進みました。

プログラマーやCGデザイナー、サウンドクリエイター、シナリオライターからゲーム開発に携わるようになり、実績と経験を積んでゲームディレクターに就く傾向にあります。

ゲームディレクターになるには?

ゲームディレクターはゲーム開発の全体的な管理を担うため、プログラミングやCGデザイン、サウンドクリエイトなどの知識を総合的に修得する必要があります。

各プロセスの知識がなければ、開発計画を組むことはできないでしょう。

また、開発に遅れがでたり、問題が発生したりした場合にも、各プロセスに精通していることで効果的な打開策を講じられるでしょう。

ゲームディレクターに就くには、プログラマーやデザイナーからスタートし経験を積む必要があります。

専門学校だけではなく、国公立大学にもゲーム開発を学べる学部や学科が開設されています。

ゲームディレクターの給料・年収

ゲームディレクターの年収は500~600万円です。

プログラマーやCGデザイナー、サウンドクリエイターの実績があることがゲームディレクターの条件になっているケースが多く、管理職でもあるため高めの平均年収となっています。

大手ゲーム制作会社のゲームディレクターになると年収1000万円を超える場合もあります。

また、ゲームやアプリの売れ行きによって報奨金を用意している企業もあり、ゲームディレクターの年収は幅が広くなっていることが特徴です。

企業に所属せず、フリーランスとして活動するゲームディレクターもおり、報酬は実績に左右されます。

ゲームディレクターの就職・転職先(求人)

まずは大学や専門学校でプログラミングやCGデザインに技術を修得し、ゲームを開発する企業に就職します。

プログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターとして実績を積み、ゲームディレクターにキャリアアップするのが一般的です。

シナリオライターから始める場合には、ゲーム開発企業が開催するシナリオコンテストに応募し、実績を積みましょう。

結果次第では、シナリオコンテストを主催した企業に就職できるケースもあります。

ゲーム開発の現場はますます複雑化することが予想され、分業化も進むでしょう。

1つのゲーム開発に携わる人数も増えるため、高いコミュニケーション能力やマネジメント能力がゲームディレクターに求められます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0