理想の就活/転職のための
自己分析サイト

家具職人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今家具職人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい家具職人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの家具職人適性診断結果

あなたの適性度は42%で、家具職人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。家具職人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

家具職人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.体力がある
3.ものづくりが好き
4.責任感がある
5.段取り良く物事を片付けられる
6.こだわりが強い
7.他人のために何かしてあげたい
8.コミュニケーション能力がある
9.新しいアイデアを考えるのが得意
10.向上心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

家具職人は木材をメイン材料とし、さまざまな形に制作していく仕事です。テーブルや机、棚など出来上がるアイテムはさまざまです。ガタガタ不安定ではなくしっかりとした完成品にするためには、非常に厳密に木材をカットして組み立てなければなりません。カットするときのわずかなサイズ違いや施工時のズレがあると、良い品はできないでしょう。手先の器用さが必須と言える仕事です。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

家具を作るにあたって使う木材は、それなりに重さがあります。木を抱えて運び、カットして組み立てる作業は体力仕事です。布のような軽い材料を扱うわけではないので、木を持ち運びするときに腰を痛める人もいます。またひとつの作品を作るのに時間を要しますし、集中して立ちっぱなしで作業し続けることも多いです。体力があることは、家具職人の適性です。

『 ものづくりが好き 』

兼ね備えていない

職人として楽しく働くには、ものづくりが好きであることが基本です。作らなければならないという義務感が強ければ、それが作品にも表れてしまいます。好きで楽しく作っているからこそ、気持ちのこもった素敵な作品が出来上がるわけです。ゼロの状態から何かを作り上げていく作業が好きであることは、家具職人としてやっていくために欠かせない資質です。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

いろいろなスタイルの販売方法がありますが、家具職人の中にはお客さんからのオーダーを受けて作る形も多く見られます。決められた期限までに言われた通りに的確に作っていきます。自由気ままに作っていては期限に間に合わないかもしれません。良い品に仕上がるように、一生懸命集中して作ります。まさに責任感がなければできない仕事です。販売を伴う仕事なので、すぐ壊れるものや脆いものも売れません。責任感が強いことが重要と言えます。

『 段取り良く物事を片付けられる 』

だいぶ兼ね備えている

人気の家具職人は、オーダーも次々に入ってきます。納期もありますし、手を止めていては間に合いません。できるだけ段取り良く、ひとつひとつの作業をこなしていく必要があります。木に塗装を塗って乾かしている間に、ほかのお客さんのオーダー品を作り始めるといった具合です。要領の良さやテキパキとした動きが必要不可欠です。物事を上手にクリアしていく力が求められる仕事になります。

スポンサーリンク

『 こだわりが強い 』

あまり兼ね備えていない

既製品の家具はあちこちに売っていますが、それらとは違う魅力が家具職人の作品にはあります。既製品との大きな相違点は、やはりその職人の個性やこだわりと言えるでしょう。プライドやこだわりを持って制作することで、その職人にしか作ることができない家具が出来上がるわけです。お客さんはそうした世界にひとつだけの家具を求めています。自分のこだわりを持っている人は、家具職人としても人気が出るでしょう。

『 他人のために何かしてあげたい 』

だいぶ兼ね備えている

家具を作るにあたって、お客さんの気持ちになることが必要です。もっとこうしたほうが使いやすいとか、できるだけ長持ちするためにはこうするべきだというふうに、お客さんのためを思って制作していきます。慕われる家具職人は、他人のために力になりたい気持ちが強いです。自分のことだけでなく、人に何かをしてあげたいと思う人は家具職人向きです。そういう人はサービス精神もあるので、お客さんにも喜ばれてリピーターもつきやすいでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

家具職人は黙々と作るだけのイメージがあるかもしれません。しかし実際には、お客さんといろいろと相談や打ち合わせをする機会が多いです。お客さんの悩みや要望を聞いて、それに対する提案をします。そして最適な家具を作っていく形です。そのためにはお客さんとコミュニケーションを取ることが欠かせません。相手の話を聞いて相談相手となり、スムーズにやり取りをするコミュニケーション力が必要です。

『 新しいアイデアを考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんが求めるものはさまざまであり、できる限り希望に添えるアイテムを作り出すことが家具職人の才能です。技術や知識は不可欠ですが、さらにアイデアも重要になってきます。アイデアマンの家具職人は、あっと驚く作品を作ることができるので有名になることでしょう。またほかの職人が考え付かないようなデザインを手掛けることができれば、それもまた人気になるはずです。アイデア豊かな人は、家具職に向いています。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

常にもっと上を目指して日々努力することで、家具職人としての知名度や人気は上がっていきます。今の状態で満足するのではなく、さらに良いものを作ろうとする気持ちや姿勢はお客さんにも伝わります。家具職人としてやっていくためには、向上心があることが大切です。今よりさらに自身を磨こうとしていける人は、素晴らしい家具職人になれるはずです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの家具職人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る