理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ファンドマネージャー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ファンドマネージャーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいファンドマネージャーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのファンドマネージャー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ファンドマネージャーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ファンドマネージャーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ファンドマネージャーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.就職後も勉強を継続できる
2.英語力がある
3.分かりやすい説明が得意
4.スーツで勤務することが苦ではない
5.メンタルが強い
6.決断力がある
7.協調性がある
8.お金をたくさん稼ぎたい
9.早起きが苦ではない
10.責任感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 就職後も勉強を継続できる 』

あまり兼ね備えていない

ファンドマネージャーの仕事をするために必ず必要な資格というものはありませんが、多くのファンドマネージャーは「証券アナリスト」や「ファイナンシャル・プランニング技能士」などの資格を取得します。こうした難関資格に合格するためにしっかり勉強できる人、勉強が苦にならない人であればファンドマネージャーとして適性があると言えます。ファンドマネージャーになるには、信託銀行などの金融機関や投資信託運用会社に総合職として就職する方法が一般的です。金融機関の総合職として採用されるためには、四年制大学や大学院を出ていて教養試験にパスできる程度の学力が必要です。入社後も最新の金融動向についてなど学ぶことが多くありますので、学生時代はもちろん社会人になっても勉強することが多いという覚悟を持って就職しましょう。

『 英語力がある 』

あまり兼ね備えていない

海外の債券や株式に投資をすることもありますので、ファンドマネージャーになるには英語力が必要です。投資先に関する資料が英語であったり、海外の投資会社とのメールのやり取りなどで英語を使用することがあります。海外の会社とテレビ会議をする機会もありますので、読み書きだけでなく英会話力もあると良いです。

『 分かりやすい説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ファンドマネージャーは、自社のファンドを販売している銀行や証券会社に出向いて、顧客向けセミナーの講師の仕事をすることもあります。投資を検討してくれている人に対して自社のファンドはどのような特徴があるのか、どれくらいの利益が見込めそうなのかなどを説明します。現在ファンドを保有している人に対して、運用実績を報告をする場合もあります。投資家の中には金融の知識に乏しい人もいますので丁寧に説明することが大切です。分かりやすく説明できる能力は、ファンドマネージャーにとって大切なスキルです。

『 スーツで勤務することが苦ではない 』

だいぶ兼ね備えている

金融機関は勤務時にスーツを着用しなければならない会社が多いです。夏であればネクタイなしの「クールビズ」が認められる場合もありますが、ファンドマネージャーは基本的にはきちんとした身だしなみで働くことを求められます。カジュアルな服装やスニーカーで働きたいという人には不向きと言えます。

『 メンタルが強い 』

十分に兼ね備えている

ファンドマネージャーの仕事はお金を運用して「利益を出すこと」です。投資にリスクはつきものですが、リスクがある中でも結果を出すことが求められますので、そうした環境に負けない強い精神力がある人であればファンドマネージャーの素養があると言えます。運用するお金の額も大きいですので、不安を感じやすい人には辛くなってしまうかもしれません。また外資系の会社は結果に対して厳しい傾向がありますので、プレッシャーに負けないメンタルが強い人に向いています。

スポンサーリンク

『 決断力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ファンドマネージャーは、ファンドに組み入れる株式の銘柄を選んだり、それらの売買のタイミングを決定したりします。大きな金額のお金を運用しますので、不安やプレッシャーに弱く決断するのが苦手と言う人には不向きと言えます。しっかりと分析資料等を読み込みながら、適切なタイミングで大きな決断ができる人に、ファンドマネージャーの適性があると言えます。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

特に日系の金融の会社では、年功序列の考え方が根強く残っており、上下関係が厳しい傾向にあります。先輩や上司を立てることができ、周囲との調和を乱さない協調性がある人であればファンドマネージャーの素養があると言えます。また、金融の会社は固い雰囲気である場合が多いです。社内規則等が明確に示されていて、ルールを守って働くことが求められます。そうした少し堅苦しい雰囲気が苦手な方の場合、金融の会社で働くことは向いていないでしょう。

『 お金をたくさん稼ぎたい 』

だいぶ兼ね備えている

元々金融の会社の給与水準は高めですが、なかでもファンドマネージャーの年収は高水準であると言われています。リスクを取りながらも大きな仕事をして、たくさんお金を稼ぎたいという人にはファンドマネージャーの仕事が向いていると言えます。特に外資系企業であれば、結果がダイレクトに給料に反映される場合が多いです。ただし外資系の会社では、結果が出せない場合「解雇」されてしまうこともあります。安定して働き続けたい方であれば、日系の会社が良いでしょう。

『 早起きが苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

東京証券取引所の取引時間は朝9時からですが、この時間よりも前にミーティングをするなどして、情報や意見交換をする会社は多くあります。金融の会社は朝早くに出勤する社員が多いのが特徴です。「早起きが苦手…」という人には、金融業界は不向きと言えます。朝早めに出社する働き方が苦ではない人であれば、ファンドマネージャーに適性があると言えます。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

ファンドマネージャーは投資家から預かったお金を運用する仕事です。誰にとっても大切であるお金を「預かっている」という気持ちを忘れずに、仕事をすることが大切です。そのような責任感を持って仕事ができる人であれば、ファンドマネージャーに向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのファンドマネージャー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る