理想の就活/転職のための
自己分析サイト

食品衛生監視員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今食品衛生監視員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい食品衛生監視員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの食品衛生監視員適性診断結果

あなたの適性度は41%で、食品衛生監視員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。食品衛生監視員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

食品衛生監視員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.食の安全性への興味が強い
2.社会貢献に関する意識が高い
3.責任感が強い
4.分析に対する興味や関心が高い
5.コミュニケーション能力が高い
6.どんな相手とも上手く話せる
7.的確な判断力を持っている
8.実験が好き
9.規律を重んじる
10.どんな場所でも適応できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 食の安全性への興味が強い 』

兼ね備えていない

食品衛生監視員は人々の食生活を守るのが仕事です。食品の衛生面における安全性が保たれていることで、消費者は安心して食事ができるでしょう。そのため職に関する安全性への興味が強い人が食品衛生監視員の仕事に向いていると言えます。国内の食品だけでなく輸入食品や加工食品、冷凍食品などの様々なものの安全性に関する興味が強い人は、あらゆる方面から衛生面に関する知識を深めていく可能性が高いでしょう。

『 社会貢献に関する意識が高い 』

十分に兼ね備えている

食品衛生監視員は国民全体や地域住民への奉仕活動の側面も持っている職業です。自分の頑張りが間接的に社会に関わる仕事ではありますが、直接的にお礼の言葉を述べてもらえるような立ち位置ではないケースが多いでしょう。そのため誰からもお礼を言われなくても、社会に貢献できることをしたいという意識を持っている人が食品衛生監視員に向いています。社会に貢献できたと自分の中で実感できるのが喜びとなる人は食品衛生監視員の仕事を長く続けられる可能性が高いです。

『 責任感が強い 』

兼ね備えていない

食品衛生監視員は公平性を保った状態で仕事を進めていく必要があります。「誰かがこう言っているからダメ」、「あのメーカーは個人的に好きじゃないから衛生面も不安だ」といったような物事の考え方をしていると、公平性の保った監視はできません。公平性を保った状態で仕事を進めていくには、主観によるブレがないように責任を持って行動することが重要になります。昔から責任感が強いと言われてきた人は、食品衛生監視員に対する適性が高いでしょう。

『 分析に対する興味や関心が高い 』

あまり兼ね備えていない

食品衛生監視員はサンプリングの食品を検査する仕事も行っています。そのサンプリング食品を試験分析することも多いでしょう。この検査や試験分析は微生物の汚染や有害物質の含有のチェックを担っています。この結果で食品の回収や輸入の禁止が決まってきますが、それだけでなく「何故違法性の高いものが入っていたか」という分析も行うことになるでしょう。このように分析を行う機会が多いため、分析に関する興味や関心が高い人が食品衛生監視員に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

食品衛生監視員は食品に向き合う時間が長く、人との関わりは少ないのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかし、実際には輸入業者や飲食関係の事業者といった人々と接する機会が多い職業だと言えます。頻繁にコミュニケーションを取ることになるので、コミュニケーションを取るのが得意な人ほど、この職業に対する適性が高いと考えられます。法律用語や専門用語を多用するケースも珍しくないので、物事を分かりやすく言葉にするようなコミュニケーション能力の高さが、食品衛生監視員には必要でしょう。

スポンサーリンク

『 どんな相手とも上手く話せる 』

あまり兼ね備えていない

食品衛生監視員は巡回や監視以外に事業者に対する指導も行います。事業者も人間であるため、性格は人によって異なるでしょう。その事業者の性格に応じて柔軟な対応を取れる人が食品衛生監視員に向いています。特になかなか話を聞いてくれない事業者や指導を受け入れない事業者に対しての対応力が高い人は、食品衛生監視員として重宝されます。事業者の性格によって話し方や指導方法を変えられる人は食品衛生監視員としての柔軟な対応力を持っていると考えられます。

『 的確な判断力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

食品衛生監視員の仕事量は年々増加傾向にあります。これは食品の輸入量が増えているのが原因だと言えます。この仕事は毎日続々と増えていくものであるため、スピーディーに処理していかなければなりません。しかし、食品衛生監視員は衛生面の安全性を見るのが仕事であるため、流れ作業のように膨大な仕事を処理していくことはできないでしょう。スピーディーな作業の中でも的確な判断力が必要になります。どれだけ忙しくても的確な判断力を駆使して公正な審査を行える人が食品衛生監視員に向いています。

『 実験が好き 』

兼ね備えていない

食品衛生監視員の試験分析の作業は科学の実験に似通ったものがあります。そのため学生の頃から何かの実験を繰り返すのが好きだったという人は、食品衛生監視員に向いている可能性が高いです。有害物質に関する検査も科学的な実験に近いので科学実験が好きな人は、この仕事を楽しいと感じるかもしれません。

『 規律を重んじる 』

だいぶ兼ね備えている

食品衛生監視員は甘い対応を取ってはいけないでしょう。食品衛生監視員が甘い対応を取ってしまうと、国民や地域住民の食生活の安全性が保たれなくなるケースが出てくるからです。そのためどんな状況でも厳しい対応を取れるような人が食品衛生監視員に適しています。規律を重んじるような人も食品衛生監視員の適性が高いでしょう。

『 どんな場所でも適応できる 』

あまり兼ね備えていない

食品衛生監視員は頻繁に転勤が行われる職業でもあるため、生活環境が変わりやすいという特徴を持っています。どんな場所でも、すぐに適応できるような人は食品衛生監視員の仕事に向いていると考えられます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの食品衛生監視員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る