理想の就活/転職のための
自己分析サイト

フラワーデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今フラワーデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフラワーデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのフラワーデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は47%で、フラワーデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。フラワーデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

フラワーデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.花や植物が好き
2.色彩感覚が優れている
3.考えや作る物に独創性がある
4.コミュニケーション能力が高い
5.体力に自信がある
6.好奇心が旺盛
7.細かい作業が得意
8.虫を触ることができる
9.提案力がある
10.ビジネスセンスがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 花や植物が好き 』

だいぶ兼ね備えている

フラワーデザイナーは花でイベント会場をデコレーションしたり、クライアントの要望に合わせて花束を作ったりする仕事です。花と深く関わる仕事であるため、花や植物が好きであることがフラワーデザイナーの必須条件となります。また、花や植物が好きであると、花言葉や花の歴史、原産地なども楽しみながら学ぶことができるため、仕事に役立てることができます。植物が好きだと愛情をこめて花を扱うので、素敵なフラワーアレンジができるでしょう。

『 色彩感覚が優れている 』

兼ね備えていない

フラワーデザイナーは、コンセプトに合わせて会場を花で美しくデコレーションしなければならないため、色彩感覚が優れている人に向いている仕事です。フラワーアレンジの知識は学んで身につくこともありますが、デザインや色彩感覚は本来持っている資質に頼るところが大きくなります。また、フラワーアレンジにはトレンドがあるため、アンテナを張り巡らせ流行を把握しておく必要もあります。

『 考えや作る物に独創性がある 』

十分に兼ね備えている

フラワーデザイナーとして名を馳せるためには、ありきたりのデザインではなく独創性も求められます。美しさに息をのんだり、ハッと驚かせるようなフラワーアレンジができたりする人は、売れっ子フラワーデザイナーになる資質を備えています。クライアントの要望に合う斬新なデザインを考案できるフラワーデザイナーは、やがて大きな仕事を任せられるようになるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

フラワーデザイナーは花を使って黙々と作業をするため、コミュニケーション能力が必要ない仕事というイメージを持たれがちです。しかし、実際はクライアントの要望を聞きデザインを提案したり、イベント会場のスタッフと打ち合わせをしたりなど、人と話す機会が多い仕事です。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。特に、要望にそったデザインをするために、クライアントの話を聞く力が重要になります。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

イベント会場でフラワーアレンジをする時は、花を生けるための大きな花瓶を運び込んだり、大きなバケツに入れた水を持込んだりなど、力仕事がたくさんあります。また、イベントの期日に間に合わせるために、夜中から明け方まで作業を行うケースもあります。そのため、フラワーデザイナーは体力に自信がある人でないと務まりません。花を扱う華やかな仕事であるためひ弱な女性に向いているイメージを持たれていますが、実際は体力勝負の仕事になります。

スポンサーリンク

『 好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

フラワーデザイナーがデザインの着想を得るためには、芸術に触れたり、映画を鑑賞したり、旅行に行ったりなど、色々なものに触れて感性を磨く必要があります。そのため、好奇心が旺盛な人がフラワーデザイナーに向いています。刺激的な経験や、新しく得た知識など、全てをフラワーアレンジに活かすことができるからです。何事にも無関心な人は、デザインのアイデアも浮かびにくいためフラワーデザイナーには向いていません。

『 細かい作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

フラワーデザイナーは花の茎を処理したり、しおれた葉を摘み取ったりなど、細かい作業が多い仕事です。そのうえ、花は繊細であるため、乱暴に扱うと傷つけてしまったり、花が茎から落ちてしまったりすることもあります。また、イベントのフラワーアレンジでは高価な花瓶を扱うこともありますが、ガサツな人は割ったり壊したりするリスクがあります。そのため、フラワーデザイナーは細かい作業が得意な人に向いています。

『 虫を触ることができる 』

そこそこ兼ね備えている

フラワーアレンジをする時に花の処理をしていると、虫がついていることがよくあります。虫がついたままにしておくと葉や花が食べられてしまうため、取らなければいけません。そのため、フラワーデザイナーは虫を触ることに抵抗がない人に向いています。虫を触ることに抵抗があると、作業がスムーズに行えず納期に遅れてしまう可能性もあります。フラワーデザイナーを目指すなら、早いうちに虫に慣れておく必要があるでしょう。

『 提案力がある 』

あまり兼ね備えていない

会場の広さによっては、クライアントが要望するフラワーアレンジを実現できないことがあります。そのような場合、クライアントにただ「ノー」を突きつけるのではなく、納得してもらえる代替案を提案しなければなりません。そのため、フラワーデザイナーには提案力が求められます。

『 ビジネスセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

フラワーデザイナーとして独立する場合は、ビジネスセンスも必要になります。自分を売り込むためのマーケティングやセルフプロデュースができるほか、採算をとるために仕入れ値や適切なデザイン費用の算出もしなければなりません。そのためには、基本的なIT知識や経理能力なども必要になるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフラワーデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る