理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

フラワーコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今フラワーコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフラワーコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

フラワーコーディネーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのフラワーコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は30%で、今の時点ではフラワーコーディネーターの仕事に向いているとは言えないようです。フラワーコーディネーターを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

フラワーコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.花に関する豊富な知識がある
2.生け花やアレンジメントの経験がある
3.優れた色彩感覚がある
4.デザインセンスがある
5.人の要望を聴くのが得意
6.責任感がある
7.体力がある
8.細かい作業が得意
9.人を喜ばせるのが好き
10.向上心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
フラワーコーディネーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 花に関する豊富な知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

花を扱う仕事である以上、植物に関する知識は必須です。チューリップやバラといった種類は誰でも知っていますが、それぞれの種類には様々な品種があり、特徴も異なります。全て把握することは流石に不可能ですが、ある程度覚えておかなければ仕事になりません。もちろん種類や品種の名前を知っておくだけではなく、それぞれの開花時期や咲き方、香り、価格なども仕事で扱う以上頭に入れておかなければなりません。生花を維持しきれいに咲かせるための管理方法や、季節や会場に合わせた手入れの方法、花言葉といった知識も求められます。

『 生け花やアレンジメントの経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

ホテルのロビーや結婚式場など、広い空間を花で飾るのもフラワーコーディネーターの大切な仕事。空間が広ければ花瓶に花を生けるだけとはいかないので、生け花やフラワーアレンジメントに関する知識や技術も必要になります。両者の違いについてもしっかりと把握し、場に相応しいものを作り上げることが重要になります。

『 優れた色彩感覚がある 』

十分に兼ね備えている

形や香りといった要素も大切ですが、花で最も重要視されるのは色です。同じ種類の花であっても、色が変われば印象がガラリと変わります。そのため、フラワーコーディネーターには優れた色彩感覚も必要になるのです。

『 デザインセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

いろいろな花を組み合わせて花束やアレンジメントを作るには、当然デザインセンスも問われることになります。お客さまが花や植物に関する詳しい知識を持っているとは限りません。「人目を惹くよう派手な感じで」「ふんわりとした印象に」「全体的にピンクを多めに」など、お客様のリクエストに応じて満足してもらえるものを作るためには、どの花を、どれくらいの量、どんな風に配置していき、最終的にどういった形に持って行くか。そのセンスが問われることになるのです。

『 人の要望を聴くのが得意 』

兼ね備えていない

フラワーコーディネーターは花の演出家です。花束やアレンジメントはもちろん、ホテルやレストラン、オフィスといった場の飾り付けも行います。当然、お客様が求めているもの、その場に相応しいものはその時々によって異なります。ここで大切になるのがお客様の要望を聞き出す力です。誰に、何のために、どれくらいの予算でお花を贈るのか。どの花を、どんな風に飾って、どんな印象を与えたいのか。それらを形にするにはコーディネーターの聞く力にかかっています。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

花を飾る場面というのは特別なものです。結婚式や誕生会、お店のオープニングやパーティなど、花はその場を華やかに飾る力を持っています。逆にお葬式や偲ぶ会など、厳粛な雰囲気に合わせて花を選ぶこともあります。特別な場に飾るものですから、当然それを選ぶ側にも大きな責任がつきまといます。緊張感と責任感を持って仕事ができるかどうかも、適性の一つなのです。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

花を扱う仕事は一見華やかですが、とにかく体力勝負です。早朝から切り花の運搬や管理が始まり、花を仕入れるために市場に向かうこともあります。納品が重なれば時間に追われることになります。小売店での仕事は基本的に立ちっぱなしですし、会場準備ともなれば広い空間を重たいアレンジメントや生け花を持って動き回らなければなりません。バケツ洗いや水替えも体力を使う仕事です。

『 細かい作業が得意 』

兼ね備えていない

体力仕事ではありますが、大雑把な性格では務まりません。花の中には繊細な扱いが必要なものもあり、雑に扱えば花が取れたり茎が傷んだりして売り物にならなくなってしまいます。一本一本葉を処理してアレンジメントを作っていく作業は当然細かい作業が必要になりますし、花器も丁寧に扱わないと傷を付けてしまいます。手先の繊細な仕事はもちろんですが、時間に追われているときも丁寧な動きができる器用さが大切です。

『 人を喜ばせるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

花がある空間は雰囲気が明るくなり、その場にいる人の気分も晴れやかな気持ちになります。ただ花を飾るだけではなく、自分が飾った花で人を喜ばせることも、フラワーコーディネーターの大切な仕事と言えるでしょう。自分の作った花束でお客様が喜んでくれたり、飾り付けた花を写真に撮っている人がいたとき、大きなやりがいを感じられる人はコーディネーターに向いていると言えるでしょう。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

フラワーアレンジメントにも流行があり、日々いろいろなアイディアが生まれています。常にそうした情報を取り入れ、自分のセンスやスキルを磨いていくこともコーディネーターの重要な適性となります。関連する資格取得に挑戦したり、コンテストに参加するなどして常に向上心を持って仕事ができる人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフラワーコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
フラワーコーディネーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • フラワーコーディネーターに向いているか向いていないか
  • フラワーコーディネーターの職業適性度
  • フラワーコーディネーターに必要な10の資質
  • 解説でフラワーコーディネーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

フラワーコーディネーターとは?

フラワーコーディネーターとは切り花や鉢植えの花などを美しく飾り、シーンに合わせた雰囲気を作り上げるプロフェッショナルです。

イベント会場や結婚式場などのさまざまな場所を花で彩って仕上げ、利用者やクライアントを満足させるのがフラワーコーディネーターの役割です。

フラワーコーディネーターはクライアントの希望やイベントのシーンに合わせて花の選定からおこないます。

フラワーアレンジメントによって美しく仕上げるのが一般的で、生け花だけでなく造花も使用することがあります。

自分のデザインセンスを生かした仕事ができる人気の職種です。

フラワーコーディネーターになるには?

フラワーコーディネーターになるには資格も経験も特に必要はないですが、お花についての広い知識とデザインセンスが求められます。

フラワーコーディネーターとして働いている人はもともとお花が好きで花屋で働いていた人や、フラワーアレンジメントのレッスンでスキルを身に付けた人、デザイン系の専門学校や美術系の大学でデザインを学んだ人が多くなっています。

フラワーコーディネーターになるにはデザイナーとしてのスキルを発揮することが必要なので、基本的な色やレイアウトなどについてのデザインの理論を学んでおくと役に立つでしょう。

フラワーコーディネーターの給料・年収

フラワーコーディネーターの平均年収は公的機関による統計情報がありませんが、求人サイトなどに掲載されている求人情報に基づいて計算すると300万円~350万円くらいです。

求人に基づく平均年収なので、フラワーコーディネーターとして同じ職場で働いていれば年次昇給によって年収が上がっていくでしょう。

イベント会場の設営に携わる場合には、夜中のうちに仕事をしたり、土日祝日に働いたりする場合もあります。

このような現場に勤めているフラワーコーディネーターは、夜勤手当や休日出勤手当が支給されるので年収が上がりやすいでしょう。

フラワーコーディネーターの就職・転職先(求人)

フラワーコーディネーターの就職先・転職先はイベント会場や宴会場、結婚式場などのフラワーアレンジメントなどによって彩る場合が多い施設やスペースの運営会社です。

また、花屋やイベントなどに出張してお花を飾る仕事で、フラワーコーディネーターが活躍していることもよくあります。

また、イベント会社やブライダル系のプロデュース会社などでも、フラワーコーディネーターの働ける場所です。

イベント会場や、結婚式場の設営スタッフとして活躍できます。

この他にも、フラワーアレンジメント教室などで教育を担う働き方も選ぶことが可能です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0