理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

花屋に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今花屋の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい花屋に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

花屋に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの花屋適性診断結果

あなたの適性度は47%で、花屋の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。花屋を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

花屋に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.花が好き
2.接客が好き
3.力仕事が得意
4.季節に敏感
5.行事やマナーの勉強に興味がある
6.細かいところまでチェックする性格
7.センスを活かした仕事がしたい
8.植物に全般に関心がある
9.予定を守れる
10.ホスピタリティ精神が高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
花屋適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 花が好き 』

十分に兼ね備えている

何と言っても、花が好きな人ほど花屋さんで働くことに向いています。季節折々の花に囲まれて花を大切にする仕事なので、花好きにはぴったりの仕事と言えるでしょう。もちろん、お花が好きだけで仕事を続けるのは難しいですが、花を大切にする心構えは必要です。お花が大好きな方、花屋さんで働くという選択を考えてみてください。

『 接客が好き 』

そこそこ兼ね備えている

花屋では、お客さんの要望にあわせてぴったりの花やブーケ、鉢植えなどの商品を選んで提案する必要があります。接客業が好きで、お客さんと会話しながら喜んでもらえる商品を提案するのも、花屋の店員としての腕の見せどころです。 コミュニケーションがうまくいかないと、せっかくのプレゼントに違うものを提案してしまう可能性も。接客好きで、かつ相手の話を聞くことが好きな人に向いた仕事と言えそうです。

『 力仕事が得意 』

兼ね備えていない

花屋は見た目以上に、力仕事が必要とされます。毎日、花のお水を変えたり、商品を並べたり運んだり、お店によっては配達を請け負っている場合があります。また、花屋の多くは花を新鮮に保つため、店内を比較的寒くしてあります。寒い中で力仕事をすると、思ったより消耗してしまうことも。体力に自信があり、力仕事も出来る人が向いていると言えます。

『 季節に敏感 』

兼ね備えていない

花は季節に合わせてさまざまに変化します。季節にあった花を選んで、お客さんに提供するセンスの問われる仕事です。お花は、一番季節を感じさせてくれるものなので、季節を表現したお花や植物を提供するセンスのある方にぴったりです。

『 行事やマナーの勉強に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

花は、フォーマルな場に不可欠なものでもあります。冠婚葬祭や各種のお祝いごと、また日本ならではのお墓に備える仏花などもあります。お客様の要望にあわせて、目的にあわせたブーケを用意したり、商品として店頭に並べたりすることも必要となってきます。行事によっては、タブーとなるお花や色などもあります。お客様に失礼のないよう、TPOをしっかりと理解してふさわしい花束を用意しましょう。 お花にまつわるマナーは、冠婚葬祭のマナーブックや専門のサイトに説明がのっています。とっさの対応のためにも、日ごろからチェックしておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

『 細かいところまでチェックする性格 』

だいぶ兼ね備えている

花を新鮮に保つには、さまざまなことに気を配らなくてはいけません。特に、店内の気温や特別な花を保管している倉庫の気温調整は、こまめなチェックが必要となります。花や植物によっては高価なものもありますが、一瞬の油断でしおれてしまったり枯れてしまうことも起こり得ます。 また、外気との関係や、店内の湿度、照度なども花の新鮮さに大きく影響します。こまめに管理するのが得意な人に、花屋は向いています。

『 センスを活かした仕事がしたい 』

だいぶ兼ね備えている

特にフラワーアレンジメントは、アレンジする人のセンスが問われます。フラワーアレンジに自信が無い場合は、専門の教室に通うという方法もあります。ブーケは花の色や形とその組み合わせで、印象がぐっと変わることに魅力を感じる人は少なくありません。フラワーアレンジメントに興味を持ったら、センスを磨いてスキルアップを目指してみましょう。

『 植物に全般に関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

花屋さんで売っているのは花だけでなく、観葉植物やサボテン、各種のハーブ、最近では苔で作ったオブジェなども人気を集めています。豊かな緑とその変化に、愛好者も多いようです。花屋として働くなら花だけでなく、こうした植物の数々にも関心を持つ必要があります。各種の本も出版されているので、関心があれば学んでみるのもいいかもしれません。

『 予定を守れる 』

兼ね備えていない

多くの花屋さんは決まった時間にお店を開けて、決まった時間にお店を閉めます。特に朝は早く、また力仕事をきちんとこなしていく必要があります。早起きをして、決められた時間までに出勤することが必要となります。どの仕事も予定を守る社会性は必須ですが、花屋さんの場合、自分の遅刻で周囲に体力的な負担をかける可能性が非常に高いと言えます。花屋の仕事に就く場合は、予定がきちんと守れるよう心がける必要がありそうです。

『 ホスピタリティ精神が高い 』

そこそこ兼ね備えている

花屋の仕事は、気持ちよくお花をお客様に販売することにあります。プレゼントだったり自宅に飾るための花なのに、店員の態度で不快になってしまったら、せっかくの花なのにがっかりした気持ちになってしまいます。花屋の仕事は体力が必要だったり、こまめな確認が必須だったりと、忙しくて大変な仕事です。ですが、そんな時でもお客様には気持ちよくお花を提供しましょう。花屋の仕事を自分が楽しむことこそ、花屋の仕事に必要な能力と言えそうです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの花屋適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
花屋適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 花屋に向いているか向いていないか
  • 花屋の職業適性度
  • 花屋に必要な10の資質
  • 解説で花屋に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

花屋とは?

花屋とはどんな仕事をするのかというと、主に生花店や園芸店で花や観葉植物等を販売する職業です。

では具体的に仕事内容を詳しく見ていきましょう。

まず接客販売です。

お店に来たお客さんの接客そして販売レジ業務も行います。

またお客さんが何か分からない事があれば、色々と花についてアドバイスしたりする事もあります。

他にも花や植物の管理もしなければなりません。

花屋の仕事はただ接客販売をするだけではなく、販売する花や植物を枯らさないように、そしてきれいな状態で保つ為に、例えば花を挿しているバケツの水をこまめに交換したりする等の管理が必要です。

それからフラワーデザインも花屋の重要な仕事の1つとして挙げられます。

店頭販売用のものはもちろん、お客さんの注文に合わせて花束を作ったりする事も多いです。

そして注文があれば、花を依頼先まで配達するという事も行います。

花屋になるには?

花屋になるにはどうすれば良いかというと、一見花や植物を扱うのは難しく感じ、専門的な技術が必要と感じるかもしれませんが、実際はそれほど難しくもありません。

特別な学歴も必要なく、もちろん特別なスキルや資格も必要としないので、高卒でも花屋の求人に応募し就職して働く事は可能です。

しかし農業大学や専門学校の園芸学科で、草花について幅広い知識を身につけたり、生け花やフラワーアレンジメントに関する技術を身につける事が出来れば、即戦力になるため花屋で重宝される可能性が高いです。

そのため、興味がある人は学んでおくというのも悪くありません。

花屋の給料・年収

花屋の平均年収は、複数の調査を見てみると大体300~400万円程です。

新卒の初任給は大体15~20万円ぐらいです。

では年代別に花屋の平均年収を詳しく見ていきます。

まず20代前半は約250万円で、20代後半は約320万円です。

30代前半は約370万円で、30代後半は約410万円と400万円を超えます。

それから40代前半は約440万円、そして40代後半は約470万円です。

50代前半に約488万円と年収のピークを迎えて、50代後半は少し下がって約480万円です。

60代以降は定年の影響もあり約360万円と下がります。

ただこれらのデータはあくまで平均であり、花屋は法人経営と個人運営の店等、事業規模で年収は大きく変わってくるので、あくまで大体の目安として見ておくと良いです。

花屋の就職・転職先(求人)

花屋の就職先は、基本的に生花店が多いです。

しかし一言で花屋と言っても全国展開する法人経営のお店から個人経営でやっているお店まで規模は様々です。

中には社員が10人以下の所も少なくありません。

その為自分はどういうお店が向いているかをよく考えてから就職すると良いです。

転職先はどういう所があるかというと、まずイベント企画会社です。

花屋で培ったスキルを活かしてイベント会場で花を飾る担当に就く事が出来ます。

またブライダル業界へ進む人も少なくありません。

結婚式会場やドレスに合わせた花束やフラワーアレンジメント、さらにはブーケを予算に合わせて用意したりします。

他にも接客や販売スキルを活かせるアパレル関係で働くという選択肢も悪くありません。

もちろん独立開業して自分のお店を持つという人もいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0