理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

航空エンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今航空エンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい航空エンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

航空エンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの航空エンジニア適性診断結果

あなたの適性度は57%で、航空エンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。航空エンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

航空エンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.航空工学の知識がある
2.CADやCATIAを使いこなせる
3.コミュニケーション能力がある
4.語学力がある
5.根気がある
6.責任感がある
7.向上心がある
8.分析力がある
9.協調性がある
10.リーダーシップがある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
航空エンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 航空工学の知識がある 』

兼ね備えていない

航空エンジニアになるには国家資格など特別な資格は必要ありませんが、航空工学の知識が求められます。航空機はハイテクを駆使して作られている乗り物なので、飛行機を開発するためには専門的な知識が必要になります。航空エンジニアになるには、航空機メーカーや航空機パーツ製造メーカーに就職するのが近道となりますが、航空工学の基礎知識がないと就職するのは難しいでしょう。

『 CADやCATIAを使いこなせる 』

あまり兼ね備えていない

航空機の設計をするには、CADやCATIAなどのソフトウェアを使いこなさねばなりません。ほとんどの仕事を、CADやCATIAを使って行うといっても過言ではありません。そのため、航空エンジニアはCADやCATIAを使いこなせる人に向いている仕事です。航空エンジニアになってから使い方を学ぶことはできますが、事前に知っておくことで即戦力として就職に有利になったり、より大きな仕事を任せてもらえたりします。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

航空機は一人で作るのではなく、チームで協力して作っていきます。1つの航空機は300万点にも及ぶパーツから構成されており、それぞれのパーツは専門の航空エンジニアによって研究・開発されています。自分が受け持つパーツを作れば良いというわけではなく、パーツを組み合わせ、テストを繰り返し品質は改良されていくため、他のパーツを担当する航空エンジニアとコミュニケーションを取り進めていかなければなりません。そのため、航空エンジニアにはコミュニケーション能力が求められます。

『 語学力がある 』

だいぶ兼ね備えている

航空機の製造会社は海外企業であるため、海外の航空エンジニアと協力して航空機の制作にあたることになります。そのため、航空エンジニアは外国人のエンジニアと連携して作業が行えるよう、語学力が必要になります。日本人が多い職場であっても、航空機に関する文書や資料は英語で書かれているものがほとんどであるため、内容を理解できるほどの語学力は求められます。専門用語も多いため、日常会話以上の語学力が必要になる仕事です。

『 根気がある 』

そこそこ兼ね備えている

航空エンジニアの仕事は、設計したパーツをテストして改良するという地道な作業の繰り返しです。自信を持って設計したパーツのテストが上手くいかず、何度も設計し直さなければならないこともあります。そのため、航空エンジニアは根気がある人に向いている仕事です。何度失敗してもへこたれず、根気よく改良を続けられる人が有能な航空エンジニアとして育っていきます。すぐにやる気を失くしたり、仕事を放り投げてしまう人には向いていません。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

航空機は何百万個ものパーツから成り立っており、そのどれか1つでも不良品であれば安全に飛行することはできません。そのため、航空エンジニアは責任を持って自分の仕事をやり遂げられる人に向いている仕事です。航空機は何百人もの人を一度に移動させられる便利な乗り物である故、多くの人の命を預かる乗り物でもあります。責任感のある人のみが関わるべき仕事です。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

航空エンジニアは、就職してから10年ほどしてやっと一人前になれると言われています。学ぶべき知識や身につけるべき技術・スキルがたくさんあるため、向上心がある人に向いている仕事です。構造解析や空力解析、振動・衝撃解析など専門分野も多岐にわたり、全てを習得するのは難しいですが、積極的に学ぶ姿勢を持つことは大切です。

『 分析力がある 』

十分に兼ね備えている

航空エンジニアはテストの結果を見て、より良いパーツにする方法を分析しなければなりません。分析力は努力で身につけることもできますが、天性の分析力を備えている人は、よりスムーズに仕事を進めることができます。また、分析力だけでなく、データを正しく読み解くスキルも求められるでしょう。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

航空エンジニアの仕事は、多くの人と連携して行わねばなりません。一人で行う作業もありますが、それぞれの専門領域の航空エンジニアと共同作業を行うことがほとんどです。どれだけ能力が高い航空エンジニアであっても、協調性がなければ作業を円滑に進めることはできません。誰とでも気さくに話すことができ、連携の和を乱さない人に向いている仕事です。

『 リーダーシップがある 』

十分に兼ね備えている

航空エンジニアとして働き続けると、プロジェクトチームをまとめる立場になっていきます。大勢のスタッフが関わっている仕事であるため、航空エンジニアとして出世を目指していくのであれば、リーダーシップも必要になります。会議も頻繁に行われるため、その中でイニシアチブが取れる存在にならなければいけません。リーダーシップがある人は、航空エンジニアとして長期的に活躍する資質を備えています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの航空エンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
航空エンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 航空エンジニアに向いているか向いていないか
  • 航空エンジニアの職業適性度
  • 航空エンジニアに必要な10の資質
  • 解説で航空エンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

航空エンジニアとは?

航空エンジニアは文字通り、航空機やロケットの本体などの開発、設計を行う職業になります。

電子機器を始めとした部品の製造も仕事の一つです。

航空機の開発は、エンジニアが一人で全て行うわけではありません。

各分野の専門の技術者がそれぞれの工程を担当して完成させていきます。

航空エンジニアを目指す人は、各工程ごとの仕事内容や求められる技術を理解した上で、自分の進むべき道を見つけなくてはいけません。

利用者が快適な空の旅を楽しめるように、安全で機能性に優れた航空機を作り上げることがエンジニアの使命です。

人々の幸せを裏で支えるやりがいのある仕事と言えます。

航空エンジニアになるには?

航空エンジニアの仕事に就くために必須となる資格はありませんが、業務に携わるための専門知識や技術は身につけておかなくてはいけません。

特に重要なものとして、機械や電気工学、航空力学などが挙げられます。

特定の分野の知識を学ぶことができる専門学校、理系の大学や短大に進学をした後、卒業後に企業へ就職する流れが一般的です。

就職の面接では知識の深さだけでなく、スキルの有無なども重要な判断材料となります。

在学中に航空機の設計業務に活かせるCAD利用技術者試験、プラント製図技能士などの資格を習得しておくことが就職活動を有利に進めるコツです。

航空エンジニアの給料・年収

航空エンジニアの平均年収は、複数のサイトからの調査結果で600万円前後であると判明しています。

航空エンジニアは技術職に分類されるので、企業での在籍年数はもちろん、保有しているスキルなども年収に関わる重要な資質の一つです。

新卒20代の平均年収は400万円弱ですが、業務に必要なスキルを取得することで500万円前後からスタートになるケースも少なくありません。

部署を統括するプロジェクトマネージャー、管理部長などの役職に就くと別途手当てが支給されます。

転職をせずに同じ企業に勤めて40代で管理職になると、700万円を超える年収を稼ぐことも可能です。

航空エンジニアの就職・転職先(求人)

就職先は航空機の運航、開発を手掛けている航空会社、宇宙ロケットの研究を行っている企業が中心となります。

需要の増加に伴って航空会社の数も増えていますが、航空エンジニアの数自体は足りていないのが実情です。

人材の確保が急務とされていることから、新卒の就職先も選択肢が豊富に揃っています。

航空力学を始めとした専門知識、スキルを持ち合わせていれば、希望する条件で働ける所を選びやすいのが強みです。

プロジェクトマネージャーなど管理職経験がある人は、転職で別の会社へ移る時に同じ役職からスタートできることもあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0