理想の就活/転職のための
自己分析サイト

フィットネスインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今フィットネスインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフィットネスインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのフィットネスインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は48%で、フィットネスインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。フィットネスインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

フィットネスインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力がある
2.身体を動かす事を楽しめる
3.相手を励ますのが上手
4.健康や美容に関心がある
5.コミュニケーション能力がある
6.明るく元気
7.的確で理論的な説明ができる
8.粘り強さがある
9.サービス精神がある
10.謙虚な姿勢を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

フィットネスインストラクターは所属するジムや職場にもよりますが、長時間体を動かし続けなければならない業務も多いです。ダンスカリキュラムなどは見本としてずっと踊り続ける必要があります。マンツーマン指導をするインストラクターも、自らの体を使ってコーチングすることになります。またジムによっては24時間営業のところもあるので夜勤になる可能性もあるでしょう。やはり体力があることは基本です。そして見本になるだけの鍛えられた肉体であることも重要です。

『 身体を動かす事を楽しめる 』

あまり兼ね備えていない

フィットネスに通う会員は、スポーツに関する趣味や仕事に携わる人がほとんどです。パフォーマンス向上や体力アップ、引き締めなど目的はそれぞれですが、みんな体を動かすことがある程度好きと言えます。そんな会員を相手に指導するのがフィットネスインストラクターです。インストラクター自身が運動が好きで、体を動かす楽しさを知っていることは欠かせません。練習をしてより良い効果につなげることの達成感や喜びを知っているからこそ、人にコーチできるわけです。運動する楽しさを知っている人が向いている仕事です。

『 相手を励ますのが上手 』

だいぶ兼ね備えている

フィットネスに通う人は、ダイエットやパフォーマンス向上などの目標に向かって一生懸命です。トレーニングによってはきついものもありますし、なかなか効果が出ず弱気になっている人もいるでしょう。そんな会員を上手に励まし、モチベーションアップにつなげるのがフィットネスインストラクターの役目です。相手を励ますのが上手な人や褒め上手なタイプは、フィットネスインストラクターに適しています。

『 健康や美容に関心がある 』

だいぶ兼ね備えている

美ボディを目指したり痩身したかったり、もっと体力アップしたいなど、会員は美容や健康に対して理想を持っています。そんな人たちを教えるのですから、フィットネスインストラクター自身も健康や美容に関心がなければ務まりません。それでなければ説得力に欠けてしまいます。フィットネスインストラクターの適性として、美容や健康に意識が高いことが挙げられます。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

体を鍛えるのは自己流でもできます。自分で家で筋トレをしたりランニングをしたりすれば良いわけです。しかし自己流とフィットネスやジムの大きな違いとして、指導者とコミュニケーションを取りながら必要な事項を教えてもらえる点が挙げられます。コーチと楽しく世間話をしたり教えてもらったりと、そうした会話を期待している会員もたくさんいるはずです。フィットネスインストラクターは、人と接する仕事でもあります。会員とのコミュニケーションを上手に取れるかどうかは重要ポイントです。人が好きでコミュニケーション能力に長けている人は、人気のフィットネスインストラクターになれるでしょう。

スポンサーリンク

『 明るく元気 』

兼ね備えていない

フィットネスは市民が健康になるための場でもあり、ポジティブになれる空間作りが大切です。そんな場所で、暗い顔つきで働くわけにはいきません。どんなときでも明るく元気な姿勢でいることが大切です。挨拶をはじめ、笑顔でハキハキと接してくれるインストラクターがいるフィットネスであれば、みんな楽しく通い続けることができます。フィットネスインストラクターの適性として、明るくて元気な性格であることは重要です。

『 的確で理論的な説明ができる 』

そこそこ兼ね備えている

フィットネスインストラクターは、会員に対して的を射たアドバイスをする必要があります。曖昧なことを言われても、会員は困ります。目的を達成するために効果的なトレーニングを求めているわけであり、そのためにはコーチとしての理論的な説明をしなければなりません。ある程度の説明能力は必要と言えます。相手の悩みを捉えて、それを解決するための方法を分かりやすくロジカルに説明する力がある人はフィットネスインストラクター向きです。

『 粘り強さがある 』

だいぶ兼ね備えている

会員はみんな、指導通りに動けるとは限りません。あまり運動が得意でない人の場合、指導通りにできないこともあるでしょう。何回言っても、同じところで失敗してしまう人も見られます。そのような場合に、同じことを繰り返し指導しなければならないわけです。なぜできないのかを考えて、できるように工夫して、何度も何度も見本を見せないといけないケースもあります。ここで必要となってくるのが、粘り強さです。諦めず飽きず粘る力のある人は、フィットネスインストラクターとして活躍できます。

『 サービス精神がある 』

十分に兼ね備えている

フィットネスには初心者が多い所も見られます。そうした所は特に、ニコニコして近寄りやすくてサービス精神のあるインストラクターが人気です。専門的な指導力だけでは、初心者はやや躊躇してしまいます。フィットネスインストラクターもサービス業の面があり、会員に対するおもてなしの気持ちは重要です。気遣いができてサービス精神も長けている人は、どんなフィットネスでも好かれてうまくやっていけるでしょう。困っている会員に対して、何とかしてあげたいという親切な気持ちも大切です。

『 謙虚な姿勢を持っている 』

兼ね備えていない

フィットネスインストラクターは指導者ですが、会員に対して上から目線では会員はついてきません。勿論、専門分野での自信や威厳のようなものは必要です。しかし偉そうな口調で説明しても、会員は良い気にはならないでしょう。常に謙虚な姿勢でいられるかどうかは非常に重要です。謙虚さを持っている人材は、フィットネスインストラクターに適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフィットネスインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る